「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム)

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

 

名称

フォンニャ・ケバン国立公園

(Phong Nha-Ke Bang National Park)

場所

クアンビン省

( Tỉnh Quảng Bình)

時差

2時間

時期

2月~8月(乾季)

 

フォンニャ・ケバン国立公園は、世界トップクラスの洞窟がいくつも存在する国立公園で、2009年には「世界最大の洞窟」と言われる「ソンドン洞窟」も発見されました。年々観光客が増えているスポットです。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆フォンニャ・ケバン国立公園の概要
☆ソンドン洞窟
☆天国の洞窟
☆フォンニャ洞窟
☆ダークケーブ
☆Mooc spring
☆各地からのアクセス
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典 

 

拠点の街は「ドンホイ」か「フォンニャ」です。ドンホイはクアンビン省の省都で、人口は約10万人。フォンニャ・ケバン国立公園の拠点となり、近年ではビーチリゾートが開発されて、目まぐるしい発展を見せています。最寄りの空港はドンホイ空港 (VDH)。ハノイとホーチミンの2都市に就航しています。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ドンホイ

Booking.com

 

フォンニャは、フォンニャ・ケバン国立公園の入り口にある町です。こちらにも宿はたくさんありますので、時間がある方は、こちらに滞在する方が色々な場所に行けて便利です。

 

フォンニャ

Booking.com

 

また、少し遠いですが、世界遺産の都市「フエ」からもツアーなどが出ています。

 

フエ

Booking.com

 

フエからのドンホイへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■フォンニャ・ケバン国立公園の概要

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典 

 

2003年に世界遺産に登録された国立公園で、なんと4億年以上前に出来たというアジア最古のカルスト地帯です。カルスト地帯とは桂林やハロン湾などに見られる石灰質の大地のことです。

 

ラオスとの国境にほど近く、秘境ともいえるエリアには、植物が約570種、獣類が約110種、爬虫類と両生類が約80種、魚類が約70種、鳥類が約260種が生息しています。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

中でも特徴的なのが大小300を超える洞窟。その中には、世界レベルの洞窟がいくつもあります。主なものを上げると「ソンドン洞窟」「フォンニャ洞窟」「天国の洞窟」「ダークケーブ」の4つです。「ソンドン洞窟」は後述しますが、すぐに行けるツアーではないため、一般のツアーでは残りの3つから選ぶ形になります。

 

こちらも後述しますが、ツアーの拠点は様々で、フォンニャで滞在すれば全て訪れることが出来ますし、国立公園内の洞窟以外の見どころにも行くことが出来ます。ドンホイからだと2つの洞窟に訪れる事ができます。フエからだと1つの洞窟になります。またハノイからもツアーが出ていまして、スリーピングバスにはなるものの、実質「0泊3日」の強行軍になります。また、レタルバイクなどを使えば個人で行くことも可能です。

 

 

■ソンドン洞窟

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

2009年に発見された世界最大の洞窟で、全長は9km。内部空間での最大の高さはなんと200mで40階建てのビルが収まる大きさです。横幅も最大で150mあり、地下河川も流れていて、2013年からはツアーが催行されています。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

石灰質の土壌は雨に弱いため、2か所で大きく天井が陥没し、光が差し込んで絶景を演出しています。さらに、陥没するときに、地上にあった森林が洞窟の中に落ちてきて、洞窟内で森林が広がるという奇跡が起きました。こちらは「アダムの庭」と呼ばれています。圧倒的な大自然のスケールにため息が出るばかりです。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典 「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

1991年に地元の人によって発見されましたが、入り口すぐに80m落下する崖があったため、内部に入ることは出来ませんでした。しかし、2009年になってイギリスの探検隊が調査を行って、世界最大ということが確定しました。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典 「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

こちらの洞窟ですが、ツアーは催行されているものの、6泊7日で3000ドルという難易度の高いツアーになっています(^^;) 洞窟の中が4泊5日で、町での前後1泊ずつを含めて6泊7日になります。

 

ツアーはベトナム政府公認の旅行会社「オサリス(Oxalis)社」が催行しています。確かに高額なツアーではありますが、2013年から2018年までの5年間で2900人もの観光客が実際に洞窟を訪れています。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

以前は通年でツアーが催行されていたようですが、2018年の9月~12月は、雨季による河川の水位の上昇によって、ツアーが一時停止となりました。それ以降、ツアーは2月から8月の乾季に催行されています。

 

トリップアドバイザーで日本人の方が詳細にレポートを書いてくださっています。また、洞窟探検家の吉田勝次さんという方が、ブログでツアーの様子を公開してらっしゃいます。どちらも非常に参考になりますので、興味のある方はご覧ください。

 

また、申込みはこちらの公式HPから可能です。グーグルクロームであれば自動翻訳がされて、ツアーの内容や必要な持ち物などが全部分かります。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

本当にスゴいですよね…。もしかすると世界の絶景トップ30くらいは、実は全てここにあるのではないでしょうか…(^^;) ぜひ行ってみましょう♪

 

 

■天国の洞窟

正式名称は「ティエンドン洞窟」で「天国の洞窟」「パラダイスケーブ」とも呼ばれています。その名のとおり「天国のように美しい」ことから名付けられたそうです。

 

全長は31kmで、2010年に1km地点までが初めて一般公開され、2012年に7km地点まで公開されました。入場料は25万ドン。料金表はこちらです。クリックで拡大できます。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

エリアの入り口を進み、専用のカートか徒歩で洞窟近くまで移動します。カートに乗る場合、往復で10万ドンです。最後600mは徒歩での登り道になるので結構体力がいります。洞窟入り口に着くと、今度は階段で地下に降りていきます。ここから1時間10分~20分の自由行動です。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

洞窟内はひんやりとしていて気持ちが良いです。木で作られた遊歩道は、ときにすべるので注意してください。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

洞窟の幅は最大で60m、高さは最大で80mと、非常に広い空間で見応えは抜群です。ぜひ行ってみてください。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

 

■フォンニャ洞窟

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

ツーリストセンターの裏にある船着き場から約30分ボートで移動します。入場料は15万ドンで、ボート代が一隻32万ドンで、人数で割ります。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

洞窟の全長は45km。ボートで行けるのは1.5kmまでで、そこから先へ行きたい場合、カヤックに乗ります。カヤックに乗るか乗らないかはツアー申し込み時に決めます。料金も少し高くなりますので。

 

 

■ダークケーブ

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

こちらは、最もアドベンチャーな洞窟で、まず10mの高さからのジップラインを使って入り口に行きます。この段階でワクワクしますよね(^^)

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

そして、ダークケーブの名のとおり漆黒の洞窟の中を、ヘッドライトを付けて進んでいきます。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

ゴールは泥の池。なぜか体が浮く不思議な池で、非常に楽しい場所です。所要時間は約1時間です。

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典 「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

 

■Mooc spring

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

ダークケーブから2kmほど奥へ行ったところにあります。青く澄み切った水が流れ、周辺にはランなどの花が咲き、気持ちの良い森林浴になります。特に人気なのが、川の上に設置されたアトラクション。

 

サスケのように、川に落ちること無く対岸へたどり着くことを目指してください。ブランコやネットなどもあり、インスタ映えスポットになっています。

 

 

■各地からのアクセス

ドンホイから行く

 

ドンホイから行く場合、2つの洞窟に行くことが出来ます。料金は1,050,000ドン(約5千円)です。

・「天国の洞窟」+「ダークケーブ」(一番人気です。オススメ。)
・「天国の洞窟」+「フォンニャ洞窟」
・「フォンニャ洞窟」+「ダークケーブ」

料金には下記の内容が含まれます。

・洞窟の入場料
・車での移動
・ランチ
・フォンニャのボート料

なので、基本的にはオールインクルーシブと思ってください。また、ツアー以外で行くとすると、費用は下記のようになります。

・タクシーチャーター:120~130万ドン
 →複数で行く場合はこちらが最適です。
・バイクレンタル:約30万ドン
・レンタカー:約70万ドン

また「フォンニャ洞窟」だけであればバスで船着き場まで行けます。料金は片道5万ドン。なので、ツアーで「天国の洞窟」+「ダークケーブ」に行き、バスで「フォンニャ洞窟」に行くというのもありですね(^^)

 

フエから行く

 

フエから行く場合は、片道4時間になるので、1つの洞窟だけになります。その場合は「天国の洞窟」で良いと思います。

 

フエからの「天国の洞窟」ツアーは約40ドル。遠い割に安い感じがしますが「天国の洞窟」だけだとボートも無いので、そこまで高くなりません。タクシーチャーターだと120ドルくらいになります。

 

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典

 

いかがでしたでしょうか。ツアーでは昼食でサトウキビジュースを飲むことが出来ますので、ぜひ飲んでみてください♪

 

ソンドン洞窟がもう少し敷居が低くなると嬉しいですが、「天国の洞窟」なども本当に素晴らしいので、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ハノイ空港(約6時間半、ベトジェット・エア)

 

ハノイ空港-ドンホイ空港(約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「フォンニャ・ケバン国立公園」(ベトナム):旅の大辞典
ベトナムの設定です。

備考

 

⇒ベトナムの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

ドンホイ

Booking.com

 

フエからドンホイへのアクセス

Powered by 12Go Asia system

 


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆