「ムーカンチャイ」(ベトナム)

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

 

名称

ムーカンチャイ

(Mù Cang Chải)

場所

イエンバイ省

( Tỉnh Yên Bái )

時差

2時間

時期

5月~6月、8月~9月

(田植えと稲刈りの時期)

 

ムーカンチャイは、「ベトナムの隠れた宝石」と呼ばれ、「ベトナムで最も美しい」と言われる棚田があります。周辺のサパの棚田より、一回りも二回りもレベルが高く素晴らしい景色が広がります。訪れるのは5月と9月が最適です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆ハノイ空港からハノイ市内へのアクセス
☆ハノイからバスで行く
☆ハノイからツアーバスで行く
☆ハノイから鉄道とバスで行く
☆サパからバスで行く
☆ムーカンチャイ
☆青モン族のホームステイ
☆周辺のモン族
☆備考

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

ムーカンチャイはベトナム北部の山岳地帯にある町で、ハノイからは車で約9時間です。冷涼な気候のため、フランス植民地時代に避暑地として開発されました。周辺には「青モン族」「ルー族」などの少数民族が住み、「ベトナムで一番美しい」と言われる棚田が広がっています。

 

近くのサパに比べると、かなり田舎町になります。宿泊については、宿もありますが、少数民族の家でホームステイをすることもできます。

 

最寄りの空港はハノイ空港(HAN)。国内外合わせて60以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

ハノイからのムーカンチャイへのアクセスはネットで一括検索できます。(ミーディンバスターミナルからの設定にしてあります)

 

Powered by 12Go Asia system

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ムーカンチャイ

Booking.com

 

サパ

Booking.com

 

ハノイ

Booking.com

 

 

■ハノイ空港からハノイ市内へのアクセス

■ハノイ空港
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

タクシーで行く

市内へはタクシーかバスになります。ベトナムのタクシーは、まだまだメーターの確認や、しっかりとした料金交渉が必要です。事前に相場を調べていかないとぼったくられることもあります。信頼性が高いと言われているタクシーは2社あります。市内までは約30万~40万ドンです。

 

■ビナサンタクシー(VINASUN TAXI) ■マイリンタクシー(MAILINH TAXI)
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

バスで行く
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

バスはいくつかありますが、「86番」のバスが安くて安全で分かりやすいと評判です。時刻表はこちら。クリックで拡大できます。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

ハノイ空港とハノイ駅をつないでいるバスで、左側が「ハノイ駅→空港」、右側が「空港→ハノイ駅」の時刻表です。空港から市内までは約50分、駅までは約70分です。料金は35000ドン(約175円)。

 

ターミナル1(国内線)の場合、外に出るとすぐにオレンジの看板があります。ターミナル2(国際線)の場合は、「02番」のスタンドに進み、1つ道を超えるとバス停があります。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

国内線の方から出発するので、国際線のバス停に来るときには基本的に満員になっていて、そのまま1時間立つことになるので、シャトルバスでターミナル1に行って座る席を確保する方がオススメです。

 

ドライバーさんは高い確率で英語が分かるので、下ろしてほしい場所があれば伝えておけるというのが大きいですね。また、Wi-Fiも飛んでいます。

 

 

■ハノイからバスで行く


ムーカンチャイへのバスは色々な場所から出ています。所要時間は約8時間なので、夜行寝台バスも出ています。料金は30万~40万ドン。バスターミナルはベトナム語で「ベンセー(Ben Xe)」といいます。

 

ミーディン(My Dinh)バスターミナル

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

17:30発、23:30発などがあります。「34番」のバスに乗ると終点がミーディンバスターミナルです。34番のバスの料金は7000ドンです。

 

ザップバット(Giap Bat)バスステーション

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

17:00発があります。

 

サパエクスプレス

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

乗車場所は、ハノイのサパエクスプレスのオフィスになります。チケットは公式HPでも購入できます。また、料金・発着時間・内装なども分かりやすく表示されていますので、ご覧ください。右側の「ベッド」と書かれているのが寝台バスです。

 

ちなみに、寝台バスは2種類あります。

 

通常の寝台バス

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

横に3列で、フラットになるだけです。カーテンなどはありません。

 

デラックス寝台バス

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

横に2列で、カプセルホテルと同じ作りです。カーテンによって完全に個室になり、ライトなどもあります。

 

8時間もかかりますから、ご予算に余裕があればデラックスの方が良いと思います。翌日の体力が違ってくると思います。予約はこちらからどうぞ。

 

また、ムーカンチャイまでの途中に「Nghia Lo(ニアロ)」という町があります。ハノイからニアロ行きは本数が沢山あるので、バスの時間が合わなければ、ひとまずニアロまで行ってしまい、そこからムーカンチャイに行くという手もあります。ただ、旅慣れた人でないとオススメはできません。

 

 

■ハノイからツアーバスで行く

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

「ベトナムローカルバス」というバス会社で、ベトナム全土で走っています。ハノイからも各地にバスが出ていて、「ホテルにピックアップに来てくれる」「必ず英語が話せるスタッフが乗車している」のが大きな特徴です。

 

通常の寝台バスで、食事などは含まれていません。公式HPはこちらです。

 

行程(行き) 迎えの時間 到着時間 価格
ハノイ-ムーカンチャイ 8:00-9:30 18:00 20ドル
同上 16.00-16.30 01:00 20ドル
同上 18.00-18.30 01:00 20ドル

 

行程(帰り) 迎えの時間 到着時間 価格
ムーカンチャイ-ハノイ 21.15-21.50 05:00 20ドル
同上 22.00-22.30 05:30 20ドル

 

ハノイでの停車駅は上記の「ミーディン(My Dinh)バスターミナル」になります。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

 

■ハノイから鉄道とバスで行く

ハノイ駅から「イエンバイ駅」まで列車で行って、バスでムーカンチャイまで行きます。鉄道が約4時間、バスは約6時間かかる上に、イエンバイに着くのは基本的に深夜になり、かつ、ムーカンチャイへのバスは朝の5:30に出ます。なのでこれは、イエンバイに1日以上滞在する人向けの方法になります。バスは約10万ドン(約500円)です。

 

■イエンバイ駅からムーカンチャイ

 

ハノイでの注意点は2つあります。1つは、ハノイには駅が2つあること。もう1つは、ハノイからイエンバイ(ラオカイ)行きの列車も数種類あって、列車により駅が違うことです。

 

2つあると言っても建物は同じです。言わば「表の入り口から入るのがA駅」で「裏の入り口から入るのがB駅」になります。通りの名前でいうと「Le Duan通り」に面しているのが「A駅」で、「Tran Quy Cap通り」に面しているのが「B駅」です。通常A駅が「ハノイ駅」と呼ばれ、B駅は通りの名前から「チャンクイカップ駅」とも呼ばれます。

 

■ハノイ駅(A駅)           ■チャンクイカップ駅(B駅)
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

 

■寝台列車
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

チケットは駅で簡単に買えます。国鉄の公式HPはこちらです。 また、こちらからもネット予約ができます。

・21:35 発/1:25着(SP1)
・22:00発/2:13着(SP3)
・寝台:約22万5千ドン(約1100円)
・座席:約8万ドン(約400円)
・ホームには出発の45分前から入ることができます。

 

 

■サパからバスで行く

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 

 

サパのバスターミナルから、ムーカンチャイへの直行便が出ています。

 

・出発時刻:8時半、10時
・料金:25万ドン(約1250円)
・約6時間

 

ハノイからのムーカンチャイへのアクセスはネットで一括検索できます。(ミーディンバスターミナルからの設定にしてあります)

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■ムーカンチャイ

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典
photo by Lee Nguyen

 

ムーカンチャイは、「ベトナムで最も美しい」と言われる棚田が広がり「ベトナムの隠れた宝石」と呼ばれています。棚田が最も美しくなるのは「田植えで水がはられる5月」と「黄金色の稲穂が実る9月」です。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

中でも、ムーカンチャイの象徴ともいえる棚田がこちら。頂上が円形になっていて、なんともフォトジェニックです。「Mam Xoi」と呼ばれていて「お盆にのったおこわ」を意味します。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典
photo by Nguyen Anh Tuan

 

田植えの時期は、水が貼られることで表面がオレンジになります。そして太陽の光が反射して様々な色に美しく変化します。加えて、田植えが進んでいるところでは緑になり、さらなるグラデーションが生まれます。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典
photo by Cuong Art

 

この時期は観光客も多いので、パラグライダーフェスティバルが開かれて、観光客もインストラクターと一緒にパラグライダーを楽しむことが出来ます。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

ムーカンチャイの棚田は範囲が広いので、バイクタクシーかレンタルバイクが一般的です。ただ結構悪路もあるので、レンタルバイクにする方は慎重に運転してください。

 

展望台は何箇所かありまして、1つの展望台まで行くのに往復15万ドン(約750円)位を目安にしてください。歩くとかなり時間がかかるのと、途中で雨が降ったりすることもありますのでオススメできません。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

そしてムーカンチャイのハイライトが夕日です。特に9月は一面の稲穂が、さらに黄金色に輝くので必見です。ぜひ見てみてください。

 

 

■青モン族のホームステイ


ムーカンチャイで外せないのが、少数民族とのふれあいです。周辺には様々な少数民族の村があります。

 

特にムーカンチャイではホテルに宿泊するのではなく、「青モン族」の村でホームステイをするのがオススメです。山の上にあるので朝日や夕日が最高です。

 

少数民族の家というと、少し不安になってしまうかも知れませんが、実際にはWi-Fiがバッチリ使える環境です(^^) それではご紹介していきます。

 

■青モン族
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典 「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

モン族は綿花や麻などを栽培し、糸を紡いで布を織り、それを藍染めして自分たちの衣装を作ります。民族ごとに基調となる色が違っていて、「青モン族」は、その名のとおり「青」を基調とした衣装に身をまとっています。非常に格好良いですよね。

 

ホームステイはムーカンチャイには5軒あります。日本人でする人はほとんどいませんが、欧米人バッグパッカーにはポピュラーで、中でも大人気のホームステイがこちらです。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

すごいロケーションですよね。「Hello Mu Cang Chai Homestay」と言います。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

モン族伝統の家の2階で泊まります。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

こんな感じで、カーテンで仕切られます。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

完全な個室になるわけではありませんが、一応自分たちの空間ができます。眺めは絶景の一言。

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

食事も雰囲気バッチリ。質素でありながら豪勢です(^^)

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

そしてホームステイをすると、民族衣装を着せてもらえます。これが良いですよね♪

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

こちらのホームステイは予約できますので、ご希望の方はチェックしてみてください。また、ムーカンチャイの中心部には宿の他に「タイ族」のホームステイもたくさんあります。

 

Booking.com

 

 

■周辺のモン族

花モン族
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

ひときわ華やかな衣装に身を包むのが「花モン族」です。バックハーやコックリー周辺に暮らしています。花モン族の地域は洗濯物ですら華やかなので、すぐに分かります。最近では同じデザインのお土産も多く販売されるようになっていて、女性の旅行者に人気があります。

 

黒モン族
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

実際には「黒」では無く「濃紺」なのですが、一見すると黒ですよね。サパ周辺に多く暮らしていて、男性でも民族衣装を着ている珍しい民族です。濃紺の衣装は虫よけの効果もあるそうです。

 

白モン族
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

こちらは「白」を基調とした民族です。「黒モン族」の衣装をちゃんとわかっていないと、こちらが「黒モン族」だと勘違いしてしまいそうですが、分かった上で見ると「白」にとても品が感じられます。

 

赤モン族
「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典

 

一口に赤モン族といっても衣装は様々だそうで、こちらはシンホーという地域周辺の赤モン族です。頭に大きく毛糸を巻いています。とてもカワイイですね。

 

以上になります。東南アジアと中国の国境地域には魅力的な少数民族が多数いますので、ぜひ足を運んでみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ハノイ空港(約6時間半、ベトジェット・エア)

 

ハノイ-ムーカンチャイ(バスで約9時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ムーカンチャイ」(ベトナム):旅の大辞典
ベトナムの設定です。

備考

 

⇒ベトナムの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

ムーカンチャイ

Booking.com

ハノイからムーカンチャイへのアクセス

Powered by 12Go Asia system

スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆