「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ヤンギカラ・キャニオン

(Yangykala Canyon)

場所

トルクメニスタン

(Turkmenistan)

時差

-4時間

(サマータイム無し)

時期

春と秋

 

ヤンギカラ・キャニオンは、謎に満ちたトルクメニスタンにおいても秘境中の秘境で、しかし、その素晴らしさはトルクメニスタンの数ある観光地の中でも随一のもので、近年少しずつ知られるようになっています。

 

また、トルクメニスタンは鎖国体制の特殊な国なので、入国や観光の方法が他の国とは異なります。そこを知りたい方は「入国とビザ取得の方法」というページをご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はトルクメンバシ。カスピ海に面する港町で住民はロシア人やアゼルバイジャン人です。駅前広場近くにある宮殿は、第二次世界大戦後に日本によって建てられました。人口は約5万人。

 

最寄りの空港はトルクメンバシ空港(KRW)。国内の2都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

トルクメンバシ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北に約8km離れています。市内への移動方法はタクシーで、所要時間は約15分です。

 

 

■ヤンギカラ・キャニオン

 

 

ヤンギカラ・キャニオンは、場所がトルクメニスタンでなければ世界的観光地になっている場所なのですが、トルクメニスタンにあるために、トルクメニスタン人にも知られていないという秘境です(^^;) 2018年には7000人が訪れていますが、これは観光地としては世界で11番目に少ないそうです。

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アクセスはツアーか四駆をチャーターするしかありません。チャーターは100ドルを目安にしてください。ただ、本当に知名度が低い場所なので、ドライバーが本当に場所を知っているかどうか、写真などを見せて確認する方が良いです。

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

360度何もない道が続きますが、途中で「グリーンキャニオン」が出てきます。雨季になると渓谷全体が苔むして緑になるそうです。それもスゴそうですね。そして、約3時間走ると渓谷が見えてきます。

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

すごい色合いをしていますΣ(゚∀゚ノ)ノ 「ヤンギカラ」は「火色の城砦」を意味していて、その燃えるような色合いから「炎の渓谷(FRAME CANYON)」とも呼ばれています。テーブルマウンテンのようになっていて、目指すはテーブルの上です。

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

頂上に到着です。スゴい形状をしています(^^) 一帯は太古の昔はカスピ海の底でした。貝殻や生物の死骸が堆積し石灰岩の層が形成され、その後、カスピ海の海岸線が後退して地表に露出しました。

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして風雨による浸食が進み、約550万年前に現在の姿になりました。渓谷の高さは約200mですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典

 

湖の底だったので、あちこちでアンモナイトや二枚貝の化石を見つけることができます。アメリカのグランドキャニオンにちなんで「グランドキャニオン・アジア」とも称されているそうです。

 

 

以上になります。トルクメニスタンNo.1の絶景に、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-北京空港(約4時間)

 

北京空港-アシガバート空港(約7時間半)

 

アシガバート空港-トルクメンバシ空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ヤンギカラ・キャニオン」徹底ガイド:旅の大辞典
トルクメニスタンの設定です。

備考

 

⇒中央アジアのガイドブック

 

トルクメンバシ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆