「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

アシガバート

(Ashgabat)

場所

トルクメニスタン

(Turkmenistan)

時差

-4時間

(サマータイム無し)

時期

春と秋

 

アシガバートは、独裁的な力を持つ大統領が造り上げた白亜の街で、潤沢な資源マネーを投入した面白いデザインの建物や、大理石のビルが立ち並びます。世界でも唯一無二の街並みなのでオススメです。

 

こちらのページでは観光の見どころについてご紹介します。ダルヴァザやイランからのアクセスについては「アシガバート①各地からのアクセス」をご覧ください。

 

また、トルクメニスタンは鎖国体制の特殊な国なので、入国や観光の方法が他の国とは異なります。そこを知りたい方は「入国とビザ取得の方法」というページをご覧ください。

 

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■アシガバートの見どころ一覧

 

アシガバートには多くの見どころがありますが、ここは外せないという8ヶ所を厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アシガバートの街並みは世界のどの都市とも異なります。真っ白な建物が整然と立ち並んでいて、これはなんと全て大理石で造られていますΣ(゚∀゚ノ)ノ さすが世界4位の資源大国&独裁国家という感じです。

 

これだけでも一見の価値がありますが、市内には環状交差点の中心に必ずモニュメントが建っていて、車で周るだけでも楽しい街になっています。

 

 

■独立記念塔

 

 

1991年10月27日にソ連から独立したトルクメニスタン。記念塔はトルクメニスタンの伝統的な住居であるユルタと、トルクメニスタンの民族衣装の女性の髪飾りなどがデザインモチーフになっています。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.pinterest.at

 

周辺には黒ベースに装飾品だけ黄金という像が立ち並び、独特な雰囲気を演出しています。像は全てトルクメニスタンの歴史上の偉人たちです。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

タワーの高さは91m。周辺は広々としていて、広大な土地に多大なお金を投下した様子を見て取ることができます。

 

 

 

■ニュートラリティ・アーチ

 

 

ロケットのような形をした建物で、トルクメニスタンが独立時に永世中立国を宣言したことを記念して造られました。高さは75mで、脚の部分がエレベーターになっていて、上部の展望台へ行くことができます。かつては太陽の動きに合わせて360度回転していたそうです。

 

 

 

■トルクメニスタン憲法記念塔

 

 

トルクメニスタン憲法の20周年を記念して、2011年に建設されました。高さは185mで、これはトルクメニスタンで2番目の高さです。アシガバートらしく大理石で装飾されていて、中には博物館、会議室、カフェ、土産物屋などがあります。夜にはカラフルにライトアップされます。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■アレム中央文化センター

 

 

2012年に造られた文化センターで、高さは95m。独特なデザインですが、実は建物の上部の円形空間には観覧車が設置されていますΣ(゚∀゚ノ)ノ これは屋内の観覧車としては世界最大のものです。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

料金は3マナトと激安です。内部も大理石仕様の超豪華観覧車なんですけどね…(^^;)

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アシガバートの街並みを一望できるのでオススメです。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

なんか都市伝説に出てきそうなデザインですね(^^;)

 

 

■トルクメニスタン放送センター

 

 

2011年に建てられた高さ211mのタワーで、トルクメニスタンで最も高い建造物です。観光にも使われているので入ることが出来て、高さ145mの29階に回転レストランが、高さ150mの30階に展望台があります。

 

世界最大の「星がモチーフの建物」としてギネスブックに登録されています。

 

 

■トルクメンバシュ・ルーフ・モスク

 

 

2004年に完成したモスクで、ドームの高さは63m。ミナレットは91mにもなり、これは独立した1991年にちなんでいます。「トルクメンバシュ」には「トルクメニスタン人の父」という意味があり、トルクメニスタンの初代大統領サパルムラト・ニヤゾフを表しています。

 

 

■バグト・コシュギ

 

 

2011年に建設された11階建ての結婚式場で、上部には直径32mもの地球が設置され、それをトルクメニスタンの国章にも使われている八芒星が囲んでいます。

 

 

 

■ハルク・ハキダシュ祈念公園

 

 

戦争や地震で亡くなった人々を弔うために造られた公園で、3つのモニュメントが設置されています。中でも目を引くのが、戦後25周年を記念して建てられた「永遠の栄光(Monument Bakyşöhrat)」という記念碑で、高さ27mの八芒星の柱が5本密集しています。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは1948年の大地震の死者を弔う記念碑です。青銅のアーチは高さ約10m。

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは同じ地震の際に、子供たちを守ろうとして亡くなった女性たちに捧げられた記念碑です。牛の上に地球があり、その上に金色の男の子を抱いた女性が座っています。公園は2014年に完成しました。

 

 

以上になります。アシガバートは写真を撮ってはいけない場所も多いので、ガイドの指示を聞いて適切に行動してください。トランジットビザで入っている方は、タクシーチャーターして、一気に回ってしまうのがオススメです(^^;)

 

ダルヴァザやイランからのアクセスは「アシガバート①各地からのアクセス」をご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-北京空港(約4時間)

 

北京空港-アシガバート空港(約7時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「アシガバート②市内の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
トルクメニスタンの設定です。

備考

 

⇒中央アジアのガイドブック

 

アシガバート
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆