「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

名称

ワット・カオチョンプラン

(Wat Khao Chong Pran)

場所

ラチャブリー

(Ratchaburi)

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

「ワット・カオチョンプラン」の別名は「ワット・カンカオ」。「カンカオ」とは「コウモリ」という意味です。そう、ここは一度はテレビで見たことがあるであろう、300万羽のコウモリが一斉に飛び立つ寺院なんです。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街はバンコク。人口は1600万人を超える、世界有数の大都市です。

 

最寄りの空港は2つあります。1つは「スワンナプーム国際空港(BKK)」。もう1つはドンムアン空港(DMK)です。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

スワンナプーム国際空港

2006年に完成した巨大なハブ空港で、JALやANAのようなLCC以外の大手航空会社が乗り入れている空港です。

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

国内外合わせて240以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

ドンムアン空港
「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

1914年に作られた歴史ある空港です。現在では、LCCが乗り入れる空港だと思ってください。近隣諸国への飛行機が数多く飛んでいます。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

2つの空港間の乗り継ぎ

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

2つの空港はシャトルバスが1時間に1本出ています。ただ航空券の乗り継ぎチケットを持っている人でないと乗ることは出来ません。時刻表はクリックして拡大してください。

 

この場合、トランジットには最低でも4時間はみないと危ないので、ゆとりを持った航空券を購入してください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

バンコク
Booking.com

 

スクンビット周辺のホテル
Booking.com

 

カオサン通りの宿
Booking.com

 

 

■バンコクからのアクセス

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

ワット・カオチョンプランはラチャブリー郡にあり、バンコクからは西に約100km離れてます。バンコクから訪れる場合はタクシーかバスになります。

 

バスで行く

■南バスターミナル
「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

南バスターミナルからラチャブリー行きのバスに乗ります。料金は60バーツ。20~30分に1本の割合で運行しています。

 

降りる場所はラチャブリーの手前にある「ポーターラーム(Photharam)」の町。所要時間は約2時間半です。

 

■ポーターラームの町

 

ポーターラームについたら、降りた場所でトゥクトゥクやバイクタクシーをチャーターします。ここで大事なのが、必ず「往復」で頼むこと。寺院の周辺に流しのトゥクトゥクやタクシーなどは走っておりませんので注意してください。

 

料金は、往復200バーツ、待機時間100バーツで300バーツを目安にしてください。ポーターラームからバンコクへのバスは20時が最終便なので、それまでには戻るようにしてください。

 

タクシーやツアーで行く
観光客向けの交通機関に乏しい場所なので、不安な方はバンコクからタクシーをチャーターするか、ツアーを探して申し込む方が良いと思います。

 

どちらも1500~2000バーツです。日本で考えれば安いものですから、お金を出して安全スムースな旅をするのも良いと思います。

 

 

■ワット・カオチョンプラン(ワット・カンカオ)

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「ワット」は「寺院」「カンカオ」は「コウモリ」の意味。つまりここは「コウモリ寺」。寺院の前には大きいコウモリのモニュメントがあります。もしかすると世界でここだけかもしれないですね(^^;)

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

周辺には、いくつかこんな感じのがあります。ちなみに街灯は全部コウモリ型(^^)

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

コウモリが大量に出てくる寺院というと、廃墟のような建物をイメージしてしまいますが、実際には非常にキレイで立派な寺院です。そして姿は見えなくても「ジーーーー」というコウモリのけたたましい鳴き声が聞こえてきます。

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

そして夕方5時頃。空がだんだんと赤らんできた頃に、300万羽のコウモリが一斉に飛び立ちます。

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

なんと1秒間に約2000羽のコウモリが飛び立っているそうです。そしてそれが30分続きますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

この寺院は1914年に建立されて、ラーマ6世自体にはボーイスカウト達がキャンプ場として利用しました。

 

後ろの山に洞窟があり、コウモリたちはそこに住んでいます。300万羽のコウモリですから、そのフンはスゴイ量で、1週間でバケツ800杯分がたまるそうです。それは肥料として売られ、地域の貴重な財源にされています。ただ、洞窟近くの匂いは凄まじいそうです。

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

コウモリは毎日飛び立つため、寺院前には多くの屋台が出ていて、16時過ぎ頃から見物客が集まります。多いときには数百人にもなるそうです。コウモリたちは夜行性なので、夜にエサを食べに外へ出ていき、朝方になると戻っているようです。

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

形を変えながら、空を舞い続けるコウモリの群れは、まさに「黒き龍」。圧巻の光景をぜひ見てみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、ライオン・エアー)

 

バンコク-ラチャブリー(バスで約2時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ワット カオチョンプラン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
タイの設定です。

備考

 

⇒バンコクの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

バンコク
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆