「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム

(Dragon Descendants Museum)

場所

スパンブリー

(Suphan Buri)

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアムは、日本ではほとんど知られていない観光スポットです。巨大な龍の中には寺院もあります。一体どんな施設なのでしょうか。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街「スパンブリー」・最寄り空港・就航路線
☆拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線
☆バンコクからスパンブリーへのアクセス
☆ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアムへのアクセス
☆ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム
☆周辺の見どころ
☆備考

 

 

■拠点の街「スパンブリー」・最寄り空港・就航路線

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

スパンブリーはバンコクから北に約100kmに位置する歴史ある町です。自然も豊かでプー・トゥーイ国立公園があります。また「100年市場」はタイ人の中でも人気があって多くの人が訪れます。人口は約17万人。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

スパンブリー

Booking.com

 

 

■拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

バンコクは人口は1600万人を超える、世界有数の大都市です。最寄りの空港は2つあります。1つは「スワンナプーム国際空港(BKK)」。もう1つはドンムアン空港(DMK)です。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

バンコク

Booking.com

 

 

■バンコクからスパンブリーへのアクセス

北バスターミナルからバスで行く

■北バスターミナル(モーチット)
「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

スパンブリー行きは100バーツで、所要時間は約2時間です。

 

チャトゥチャック・ミニバスステーションから行く
「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

北バスターミナル(モーチット)の真向かいにあります。スパンブリー行きのロットゥーのチケットは「B9」カウンターです。料金は120バーツ。所要時間は約1時間半です。

 

■スパンブリーのバスターミナル
「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

スパンブリーのバスターミナルは市内の中心部にあります。すぐ横にはセブンイレブンがあるので、とても便利です。

 

 

■ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアムへのアクセス

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

スパンブリー市内からは1.5kmほど離れていますが、川を渡るため少し迂回しなければいけません。ただ、ソンテウで10分もあれば着きます。ここでのポイントは、必ず「往復」、または「チャーター」にすることです。ミュージアムの周辺に流しのソンテウなどが走っておりません。往復で約400バーツです。

 

チャーターの場合、かの有名な?「ドラえもん寺」や「スパンブリータワー」を周る一日チャーターがオススメです。

 

 

■ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

とにかく圧倒的なインパクトの建物ですよね。これは一体何かというと、「サーン・ラックムアン(City Pillar Shrine)」という寺院の中にある、中国の歴史をテーマとした博物館なんです。地元では「ドラゴン寺」とも呼ばれています。入り口はこちら。

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

中は全て中国風。なぜ中国かというと、1996年に「タイと中国の国交20周年」を記念して建てられたものだからです。外国人からするとテーマパークのように見えますが、実は非常に神聖な地なんです。

 

というのは、ここには、この「サーンチャオポー・ラックムアン廟」があるからなんです。

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「ラックムアン」というのは、町の中心に立てる柱のことをいいます。古来よりタイでは町を造営するときに、中心にあたる場所に、その地の守護神を祀る意味を込めて「ラックムアン」が立てられたんだそうです。

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

つまり、ここはスパンブリーの人たちの精神的な中心地となっているわけです。龍の周辺は「天龍公園」と呼ばれています。

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

そこに建てられた、このミュージアム。「Dragon Descendants Museum」で「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」と言います。直訳すると「龍の末裔博物館」(^^;)

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

龍の体内が博物館になっています。ここが入り口。入場料は500バーツです(^^;;)

 

中には中国の歴史について豊富な展示物がありますが、本屋や土産物屋など様々な施設が入っています。

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらは少林寺拳法の像。かなりの数が設置されています。天気が良いと非常に気持ちの良い場所です。もちろん、そもそもパワースポットですしね(^^)

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

夜には大迫力のライトアップがなされます。営業時間などは下記になります。

 

・平日:10時~16時(火曜日は休みのようです)
・土日:9時~17時
・料金:大人499バーツ、子供299バーツ
・英語のガイドスピーカー付き

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

大迫力のドラゴンミュージアム。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■周辺のみどころ

ドラえもん寺(ワット サムパシウ)

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

スパンブリータワー(バンハーン ジェームサイ タワー)

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

サームチュク市場

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

 

■備考

 

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、ライオン・エアー)

 

バンコク-スパンブリー(バスで約1時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ドラゴン・ディセンデンツ・ミュージアム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
タイの設定です。

備考

 

⇒バンコクの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

スパンブリー

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆
スポンサーリンク