「ワットロンクン」(タイ)

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ワットロンクン

(Wat Rong Khun)

場所

チェンライ

(Nakhon Pathom)

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

ワット・ロンクンは、世界でも類を見ない純白の寺院で、その美しさとは対象的な「地獄」をテーマにした世界観が見どころです。インスタ映えする寺院なので、近年一気に有名になりました。

 

バンコクからのアクセス方法はいくつかありまして、バンコクから直接チェンライへ行くパターンと、チェンマイを経由してチェンライへ行くパターンがあります。ややこしいですね(^^;)

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街「チェンライ」・最寄り空港・就航路線
☆拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線
☆拠点の街「チェンマイ」・最寄り空港・就航路線
☆「バンコク」から「チェンライ」まで飛行機で行く
☆「バンコク」から「チェンライ」までバスで行く
☆「チェンマイ」から「チェンライ」へのアクセス
☆「チェンライ」から「ワット・ロンクン」へのアクセス
☆ワット・ロンクン
☆備考

 

 

■拠点の街「チェンライ」・最寄り空港・就航路線


「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

チェンライはバンコクから北へ約780km、チェンマイから北東に約180km離れていて、ミャンマー、ラオスと国境を接するタイ最北の地です。チェンマイと共に「ランナー文化」と呼ばれるタイ北部独自の文化・伝統が色濃く残っています。人口は約7万人。

 

最寄りの空港はチェンライ空港(CEI)。国内外合わせて23都市へ就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

チェンライ

Booking.com

 

 

■拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

バンコクは人口は1600万人を超える、世界有数の大都市です。バンコクからチェンライは、飛行機とバスの直行便がありますので後述します。

 

最寄りの空港は2つあります。1つは「スワンナプーム国際空港(BKK)」。もう1つはドンムアン空港(DMK)です。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

バンコク

Booking.com

 

 

■拠点の街「チェンマイ」・最寄り空港・就航路線

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

チェンマイ県はチェンライ県の隣にあります。チェンマイは3世紀から続く古都で、バンコクに次ぐ「タイ第2の都市」という位置づけでです。人口は約27万人。

 

「タイガーキングダム」「首長族の村」「エレファントキャンプ」など見どころが豊富なので、チェンマイの後にチェンライを訪れる人も多いです。

 

最寄りの空港はチェンマイ空港(CNX)。国内外合わせて60以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

チェンマイ

Booking.com

 

 

■「バンコク」から「チェンライ」まで飛行機で行く

 

バンコクからチェンライまでは、スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の両方から直行便が就航しています。所要時間は約1時間20分。

 

スワンナプーム国際空港

2006年に完成した巨大なハブ空港で、JALやANAのようなLCC以外の大手航空会社が乗り入れている空港です。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

国内外合わせて240以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

ドンムアン空港
「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

1914年に作られた歴史ある空港です。現在では、LCCが乗り入れる空港だと思ってください。近隣諸国への飛行機が数多く飛んでいます。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

2つの空港間の乗り継ぎ

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

2つの空港はシャトルバスが1時間に1本出ています。ただ航空券の乗り継ぎチケットを持っている人でないと乗ることは出来ません。時刻表はクリックして拡大してください。

 

この場合、トランジットには最低でも4時間はみないと危ないので、ゆとりを持った航空券を購入してください。

 

チェンライ空港

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

空港から市内までは、空港バスかタクシーを使います。空港バスは市内の「第1バスターミナル」を経由して、終点の「第2バスターミナルへ」行きます。6時から23時20分までの間で約40分おきに運行しています。料金は20バーツ。

 

■チェンライ第2バスターミナル
「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

 

■「バンコク」から「チェンライ」までバスで行く

■北バスターミナル(モーチット)
「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

バンコクの北バスターミナル(モーチット)から、チェンライの第2バスターミナルまで長距離バスが出ています。所要時間は約12時間半。料金は等級により変わりますが、700~1300バーツになります。こちらからチェックしてみてください。

 

第2ターミナルは市内から約7km離れていまして、市内中心部の第1ターミナルまではトゥクトゥク(約20バーツ)やソンテウ(約10バーツ)で移動します。第1と第2の違いは、近距離バスが第1で、長距離バスが第2になります。

 

 

■「チェンマイ」から「チェンライ」へのアクセス

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

チェンマイからチェンライは約180km離れていまして、両者間はグリーンバスというバス会社が毎日運行してくれています。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

出発場所は「チェンマイ第3バスターミナル」で、第2ターミナルの向かいにあります。市内からスマートバスで来る場合は「第2ターミナル」で降りて徒歩で移動します。市内からはタクシーで約100バーツです。

 

グリーンバスのチケットは、ネット予約、グリーンバスのアプリ、市内のチケット販売所、と色々な場所で購入できますが、第3バスターミナルでももちろん購入可能です。営業時間は朝の5時半から22時まで。

 

チェンライまでの所要時間は3時間40分。料金は220バーツです。バンコクからチェンマイまでの移動については、こちらのページで詳細に解説しておりますので、よろしければご覧ください。

 

 

■「チェンライ」から「ワット・ロンクン」へのアクセス

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

ワット・ロンクンはチェンライから北西に約13km離れた場所にあります。チェンライの第1バスターミナルからワット・ロンクン行きのバスが出ていまして、「ホワイトテンプル」と言ったほうが伝わりが良いです。所要時間は約20分で20バーツです。

 

■チェンライ第1バスターミナル
「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

この青いバスです。時刻表の下に「White temple 20B」と書いてあります。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

この他、トゥクトゥクやソンテウでも行くことができますが、分かりやすいのでバスが一番良いと思います。

 

 

■ワット・ロンクン

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

1997年に建てられた寺院で、現代アートの要素が最初から織り交ぜられて造られました。デザインしたのは仏教画家のチャルムチャイ・コーシッピパット氏。全てが雪のような純白なことから「ホワイト・テンプル(白龍寺)と呼ばれています。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

この白は「ブッダの清浄さ」を表すとともに、仏の光が宇宙をくまなく照らす様子を表現しています。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

しかし、その輝かしい純白さとは対象的に、おどろおどろしい彫刻の数々が見るものを圧倒します。まず最初に現れるのは「輪廻転生の橋」と「血の池地獄」。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

無数に伸びる手は、成仏できず彷徨い続ける魂や、地獄に落ちた人々の苦しみが具現化されたもので、悟りを開く前のブッダの苦悩が表現されています。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

橋の上まで行くと少し景観が落ち着いてきます(^^;) そして立派な本堂へ。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

本堂の中は撮影禁止になっていますが、ここも普通の寺院とは違って面白い内装になっています。ぜひ見てみてください。そして見逃せないものが2つあります。1つはこちら。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

これはトイレなんですね(^^;) 世界トップクラスに豪華なトイレ…。そしてもう1つは夜のライトアップです。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

現代アートの要素が入っていますから、普通の寺院のライトアップとは一線を画したクオリティになっています。

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

いかがでしたでしょうか。チェンライの「純白の地獄寺」。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

 

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、ライオン・エアー)

 

バンコク-チェンライ(飛行機で約1時間20分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ワットロンクン」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
タイの設定です。

備考

 

⇒バンコクの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

チェンライ

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆
スポンサーリンク