「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

名称

ワット・サマーン・ラッタナーラーム

(Wat Saman Rattanaram)

場所

チャチュンサオ

(Chachoengsao)

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

ワット・サマーン・ラッタナーラームは「3倍速で願いを兼ねてくれる寺院」ということで近年一気に有名になりました。有名になった大きな要因の1つが、圧倒的な迫力、SNS映えの「ピンクガネーシャ」。行きたい方も多いのではないでしょうか。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街はバンコク。人口は1600万人を超える、世界有数の大都市です。

 

最寄りの空港は2つあります。1つは「スワンナプーム国際空港(BKK)」。もう1つはドンムアン空港(DMK)です。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

スワンナプーム国際空港

2006年に完成した巨大なハブ空港で、JALやANAのようなLCC以外の大手航空会社が乗り入れている空港です。

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

国内外合わせて240以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

ドンムアン空港
「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

1914年に作られた歴史ある空港です。現在では、LCCが乗り入れる空港だと思ってください。近隣諸国への飛行機が数多く飛んでいます。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

2つの空港間の乗り継ぎ

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

2つの空港はシャトルバスが1時間に1本出ています。ただ航空券の乗り継ぎチケットを持っている人でないと乗ることは出来ません。時刻表はクリックして拡大してください。

 

この場合、トランジットには最低でも4時間はみないと危ないので、ゆとりを持った航空券を購入してください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

バンコク
Booking.com

 

スクンビット周辺のホテル
Booking.com

 

カオサン通りの宿
Booking.com

 

 

■アクセス

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

ワット・サマーン・ラッタナーラームは、バンコクの東隣のチャチュンサオ県にありまして、バンコクから約90km離れています。行き方はツアーに参加するかロットゥーを利用します。

 

東バスターミナルからロットゥーで行く
「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

東バスターミナルは、BTS(高架鉄道)の「エカマイ駅」からすぐの場所にあります。2番出口を降りてください。

 

バンコクには国鉄の他に「BTS(高架鉄道)」「MRT(地下鉄)」「ARL(エアポートリンク)」という3種類の電車があります。
国鉄のフアランポーン駅の近くにある駅はMRTになります。
バンコクの市内交通については、タイ政府の観光用公式HPで細かく解説されていますので、初めての方はごらんください。

 

チケットは18番カウンターで購入します。「ピンクガネーシャ」と書いてくれているので、すぐに分かります。

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

料金は99バーツ。30分に1本くらいのペースで運行しています。チャチュンサオまでの所要時間は約1時間です。

 

■チャチュンサオのバスターミナル
「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

チャチュンサオのバスターミナルに行きましたら、ワット・サマーン・ラッタナーラーム行きのソンテウに乗り換えます。料金は30バーツ。約30分で到着します。

 

 

■ワット・サマーン・ラッタナーラーム

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

全体的にはテーマパークのようになっている寺院で、様々なモニュメントがあります。

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

まずはやはりメインのピンクガネーシャ。横16m、高さ22mの巨大なガネーシャです。

 

特に屋根などは無く、青空の下に鎮座しています。後ろに周ると意外な「黒髪の襟足」が見られますので、見てみてください(^^;)

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

台座の下は土産物屋になっていまして、ガネーシャのぬいぐるみや置物などがたくさんあります。

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

そして肝心の「3倍速で願いを叶える方法」ですが、カギになるのが7体のネズミ像です。

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

全体の流れは下記になります。

 

①お供え物のセット(20バーツ)を購入(ガネーシャ像の横で買えます)
②参拝所でお参り(ガネーシャ像の向かいにあります)
③ネズミの像にお願いを言う

 

お供え物セットは4点。「花」「線香」金箔」「ロウソク」です。お参りは作法があります。周囲のタイ人観光客のマネをすれば大丈夫ですが、一応ご説明を。

 

①灯籠の中の火をを使い、自分の線香に火を付ける。
②大きなロウソクがあるので、その火で自分のロウソクにも火をつける。
③火を付けたロウソクは、横にあるロウソク立てに立てる。
③花と線香を持ち、正座でお祈りする。
④花と線香を所定の入れ物に入れる。
⑤参拝所内のガネーシャ像に金箔を貼る。

 

お参りが終わったら、最後にネズミ像にお願いをします。このネズミ像がガネーシャに伝えてくれることにより、普通にお願いするよりも3倍速で願いを叶えてくれるということなんですね(^^)

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

ここでポイントが3つあります。

 

「自分が生まれた曜日の色」のネズミにお願いする。

タイでは曜日ごとに色がつけられています。まず自分が生まれた曜日を、こちらから調べてみてください。各曜日の色は下記になります。

 

日:赤色、月:黄色、火:ピンク、水:緑色、木:オレンジ、金:青色、土:紫色

 

ネズミの片方の耳を塞ぐ

片方の耳からお願いしたことが、もう片方の耳から抜けていってしまわないように、片手で片耳を抑えながらお願いしてください。

 

曜日とは関係ない「金運」のネズミ像もある
「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

ガネーシャの像の前に2体の黄色いネズミ像が立っています。黄色といえば金運ですよね。この2体のネズミ像にお願いすると「金運」「仕事運」などの面について3倍速で叶えてくれるわけなので、圧倒的一番人気となっています。

 

そして、寺院内には他にも様々なモニュメントがあります。

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

1時間もあれば満喫できる寺院です。ちなみに、セブンイレブンも入ってますので、困ったときも安心です(^^)

 

年中無休で24時間空いています。ただ、寺院内のお店関係は9時~17時までです。

 

 

■バンコクへの帰り方

■チャチュンサオのバスターミナル
「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

まずはソンテウでチャチュンサオのバスターミナルに行きます。行きと同じで30バーツ。11:20~16:50の間に30分間隔で運行しています。

 

ここで1つ注意点がありまして、チャチュンサオの「バスターミナル」ではなく、チャチュンサオの「鉄道の駅」に行くソンテウもありますので、ドライバーに確認してください。

 

バスターミナルに行きましたら、15番のカウンターでバンコク行きのチケットを買います。行き先は3箇所ありまして「東バスターミナル」のほか「北バスターミナル(モーチット)」「チャトゥチャック」にも行けます。

 

料金は100バーツ。時間は同じく約1時間です。

 

 

以上が個人での行き方になります。日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

■周辺の見どころ

ワットプローンアーカート

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

ワット・サマーン・ラッタナーラームと比べると倍の高さを誇る巨大なピンクガネーシャがあります。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

クローンクアン ガネーシャ公園
「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

高さ39mのブロンズ製の銅像は圧倒的な迫力です。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、ライオン・エアー)

 

バンコク-チャチュンサオ(バスで約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ワット・サマーン・ラッタナーラーム」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
タイの設定です。

備考

 

⇒バンコクの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

バンコク
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆