「メークローン市場」(タイ)

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

メークローン市場

(Mae Klong)

場所

サムットソンクラーム

(Samut Songkram)

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

メークローン市場は、市場のど真ん中を電車が走っていくことで有名な市場です。テレビで一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 

別名は「Talat Rom Hoop(タラート・ロム・フープ)」。「傘を閉じる市場」という意味です。なぜ、そのように呼ばれているのでしょうか。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線
☆アクセス
☆ロットゥー(ミニバス)で行く
☆鉄道で行く
☆メークローン市場
☆ダムヌン・サドゥアク水上マーケット
☆備考

 

 

■拠点の街「バンコク」・最寄り空港・就航路線

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街はバンコク。人口は1600万人を超える、世界有数の大都市です。

 

最寄りの空港は2つあります。1つは「スワンナプーム国際空港(BKK)」。もう1つはドンムアン空港(DMK)です。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

スワンナプーム国際空港

2006年に完成した巨大なハブ空港で、JALやANAのようなLCC以外の大手航空会社が乗り入れている空港です。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

国内外合わせて240以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

ドンムアン空港
「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

1914年に作られた歴史ある空港です。現在では、LCCが乗り入れる空港だと思ってください。近隣諸国への飛行機が数多く飛んでいます。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

2つの空港間の乗り継ぎ

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

2つの空港はシャトルバスが1時間に1本出ています。ただ航空券の乗り継ぎチケットを持っている人でないと乗ることは出来ません。時刻表はクリックして拡大してください。

 

この場合、トランジットには最低でも4時間はみないと危ないので、ゆとりを持った航空券を購入してください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

バンコク

Booking.com

 

スクンビット周辺のホテル

Booking.com

 

カオサン通りの宿

Booking.com

 

 

■アクセス

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

メークローン市場は、バンコクの南西約70kmに位置し、メークローン駅から線路沿いに歩いていくとあります。メークローン駅までのアクセス方法は4つあります。

 

①ロットゥーで行く(約1時間半):60~100バーツ 
②鉄道で行く(約2時間半):23バーツ
③タクシーで行く(約1時間半):約1000バーツ
④ツアーで行く:内容次第

 

個人旅行としてオススメの行き方は、行きと帰りのどちらかを「①ロットゥー」にして、残りを「②鉄道」にする方法です。

 

また、東京メトロのように2分おきに列車が通過するわけではありません(^^;)
メークローン市場を通過する電車は「上り:4本」「下り:4本」の計8本です。

 

メークローン駅は終点になるので、やってきた列車が30~40分後に戻っていくという形です。市場を通過する時間は下記になりまして、この時間、市場ではアナウンスがなされます。

 

■メークローン発  ■メークローン着
 6:20      8:30
 9:00      11:10
 11:30     14:30
 15:30     17:40

 

6:20にメークローンには中々いられないですよね。また、17:40には市場がしまっています。よって、8:30~15:30までの中で各自の予定を組み立てていきます。

 

それでは「①ロットゥー」と「②鉄道」でのアクセスについてご説明します。

 

 

ロットゥー(ミニバス)で行く

旧南バスターミナル(サイタイガオ)からロットゥー(ミニバス)を利用する。
「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

料金は60バーツで約1時間半。メークローン行きのロットゥーのチケット売り場は、左の列の手前にあります。

 

チャトゥチャック・ミニバスステーションからロットゥーで行く
「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

北バスターミナル(モーチット)の真向かいにあります。料金は100バーツで約1時間半。メークローン行きのロットゥーのチケット売り場はDの8番カウンターにあります。朝の4時から30~40分間隔で出ています。

 

 

鉄道で行く

行き方は下記になります。

・国鉄「ウォンウィエン・ヤイ駅」で乗車し、終点の「マハチャイ駅」で降車。
・「マハチャイ駅」から渡し船で対岸へ渡り、国鉄の「バーレーン駅」へ行く。
・「バーレーン駅」で乗車し、終点の「メークロン駅」で降車。

 

電車を一度乗り換えますが、どちらも行き先が終点なので安心です。川を渡るというプロセスが入りますが、これも簡単なので心配はいりません。ではご説明します。

 

まずはBTSの「ウォンウィエン・ヤイ駅」へ行きます。

路線図では左下の黄緑色の58番です。クリックすると拡大できます。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
出典:http://thailand-navi.com/bangkok-route-map

 

 

トゥクトゥクなどで、国鉄「ウォンウィエン・ヤイ駅」へ行く。

 

赤いピンが国鉄の「ウォンウィエン・ヤイ駅」です。徒歩でも行けますし、バイクタクシーだと20バーツくらいです。

 

■国鉄「ウォンウィエン・ヤイ駅」

 

終点の「マハチャイ駅」で降車

時刻表は下記になります。料金は10バーツです。

■ウォンウィエン・ヤイ発  ■マハチャイ着
 5:30          6:23
 6:25          7:27
 7:00          7:58
 7:40          8:39
 8:35         10:36
10:40         11:39

 

■マハチャイ駅

 

対岸へ渡り「バーレーン駅へ」

 

マハチャイ駅(赤)を出たら、マハチャイ埠頭(青)に行きまして、頻繁に出ている渡し船に乗って対岸の埠頭(緑)に行きます。料金は3バーツ。周辺はとても気持ちが良い場所です。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

対岸に着いたら「バーレーン駅」まではすぐです。

 

 

終点の「メークローン駅」へ

時刻表は下記になります。料金は10バーツです。

 

■バーレーン 発     ■メークロン 着
 7:30        8:30
10:10       11:10
13:30       14:30
16:40       17:40

 

ロットゥーに比べて時間がかかる鉄道を使って行く理由は「列車からメークローン市場を見る」ためですので、絶対に窓側を確保してください。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

凱旋パレードの主人公にでもならなければ体験できないほどのカメラを向けられるという(^^;)

 

 

メークローン市場

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

なぜこんなところに市場が出来たのでしょうか。それは「鉄道が民営から国鉄になったタイミングで、貧しい人々が勝手に入り込み家を建てていった」からです。

 

発展登場国のスラム街なども同じ理屈なのですが、国有地だと中々追い出したりすることが出来ないため、このようなことが起こります。

 

とはいえ「鉄道沿いに市場」ですから、普通なら強制撤去されるところですが、終点付近なので「列車のスピードが遅くなっている」ことから、そのまま黙認されてきたそうなんですね。

 

そして徐々にメディアに取り上げられるようになり、観光地として定着していきました。

 

市場の別名は「Talat Rom Hoop(タラート・ロム・フープ)」。「傘を閉じる市場」という意味です。そのように名付けられた理由は、列車が来るときに分かります。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

列車が来ないとき、何せここはタイで暑いですから、日よけ傘を店頭にかけています。しかし列車が来るとじゃまになるので、

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

このように、一斉に傘を閉じるんですね。列車が通過する度に傘をたたむようになったのは1984年ころからだそうです。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

もちろん列車が来るときは、観光客の山・山・山です。メークローン駅では、列車が停まっている間に記念写真を撮ることもできます。

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

タイミングが限られているポイントなので、上手に楽しめるか緊張してきてしまいますが、やることはシンプルなので、周囲に合わせていれば大丈夫です(^^)

 

ぜひ行ってみてください♪

 

 

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらも大人気の水上マーケットです。ラチャブリーにありまして、ツアーではセットで訪れることも多いです。

 

ここは8時~10時がベストな時間帯なので、ここを見た後にロットゥーでメークローン市場に行き、帰りは鉄道で帰る、というプランもオススメです。

 

個人でも出来ますので、旅慣れている方は検討してみてください。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

現地ツアーはベルトラやタビナカをチェックしてみてください。


 

 

■備考

 

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、ライオン・エアー)

 

バンコク-メークローン(バスや鉄道で約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「メークローン市場」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
タイの設定です。

備考

 

⇒バンコクの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

バンコク

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆
スポンサーリンク