「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

タイガー・キングダム

(tiger kingdom)

場所

チェンマイ

(Chiang Mai/อำเภอเมืองเชียงใหม่)

時差

2時間

時期

11月~2月(乾季)

 

絶滅の危機に貧していたトラの保護と繁殖を目的に2000年に造られました。

 

トラは大型、赤ちゃん、ホワイトタイガーなど様々で、さらにライオンも含めて写真を撮ることができます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆飛行機でのアクセス
☆鉄道でのアクセス
☆バスでのアクセス
☆タイガーキングダム
☆周辺の見どころ
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街はチェンマイ。13世紀から続く古都であり、バンコクに次ぐ「タイ第2の都市」という位置づけで、人口は約27万人です。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

チェンマイ

Booking.com

 

 

■飛行機でのアクセス

最寄りの空港はチェンマイ空港(CNX)。国内外合わせて60以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

バンコクからチェンマイまでは700km離れていまして、東京からだと岡山県くらいまでの距離になりますので、飛行機だと便利です。所要時間は1時間10分で、料金は1000~2000バーツです。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

バンコクには空港が2つあります。

 

スワンナプーム国際空港

2006年に完成した巨大なハブ空港で、JALやANAのようなLCC以外の大手航空会社が乗り入れている空港です。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

国内外合わせて240以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

■スワンナプーム国際空港の概要
・大手航空会社が乗り入れる空港
・市街地から北東に約30km
・市街地まではエアポート・レール・リンク(ARL)という高速鉄道で30分。
・空港の地下1Fから乗車
・トークン(キップ)を購入して乗車
・最低運賃(1駅):15バーツ
・最高運賃(終点まで):45バーツ
・毎時間4~6本
・6:00~24:00まで運行

■エアポート・レール・リンクの駅
1:スワンナプーム国際空港駅
2:ラートクラバン駅(タイ国鉄との乗換駅)
3:バーンタップチャーン駅
4:フアマーク駅
5:ラームカムヘーン駅
6:マッカサン駅(ヘッブリー駅と行き来できる)
7:ラーチャプラーロップ駅
8:パヤタイ駅:(シティラインとの乗換駅)

 

ドンムアン空港
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

1914年に作られた歴史ある空港です。現在では、LCCが乗り入れる空港だと思ってください。近隣諸国への飛行機が数多く飛んでいます。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

■ドンムアン空港の概要
・LCCが乗り入れる空港
・市街地から北に約20km
・市街地まではエアポートバスかタクシーで30分
・エアポートバスはBTS(スカイトレイル)の
 MRTモーチット駅行きが1時間に数本
 料金は30バーツで車内で支払う
・タクシーは300~400バーツ

 

2つの空港間の乗り継ぎ
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

2つの空港はシャトルバスが1時間に1本出ています。ただ航空券の乗り継ぎチケットを持っている人でないと乗ることは出来ません。時刻表はこちらです。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

この場合、トランジットには最低でも4時間はみないと危ないので、ゆとりを持った航空券を購入してください。

 

チェンマイ空港から市内

 

空港から市内まではタクシーで約15分。料金は150バーツです.

 

 

■鉄道でのアクセス


「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

少し出費を抑えたいけど、快適にチェンマイまで行きたい方には「特急列車」での移動がオススメで、フアランポーン駅からチェンマイ駅まで約13~14時間です。

 

バンコクには国鉄の他に「BTS(高架鉄道)」「MRT(地下鉄)」「ARL(エアポートリンク)」という3種類の電車があります。
国鉄のフアランポーン駅の近くにある駅はMRTになります。
バンコクの市内交通については、タイ政府の観光用公式HPで細かく解説されていますので、初めての方はごらんください。

 

タイ国鉄の公式HPはこちらです。

 

特徴は出発してすぐに寝台列車になるため、しっかりとした睡眠を取れるということ。翌日から元気にチェンマイを観光できます。

 

チケット購入にはパスポートが必要です。大人気なので、今日の明日では購入できない可能性があるため、事前に購入しておくと安全です。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

普通列車はエアコンやリクライニングが無い普通のシートでの長時間移動なのでやめた方おが良いです。特急列車の料金などは下記になります。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

内装は、やはり等級によって様々です。こちらはファーストクラス。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらは個室タイプ。動くビジネスホテルですね。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらは2等級。多くの旅行者はこちらに乗ります。なんか、こう見ると、タイタニックの等級格差を思い出します…(^^;)

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

夜はこのようになり、カーテンが敷かれます。アイマスクや耳栓があると、より熟睡できます。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

ポイントは等級よりも下の席を確保すること。下には窓がありますが、上には窓がありません。これは大違いですよね。値段は100バーツほど上が安くなります。

 

また、等級が低いとコンセントの類が無い場合が多く、充電が出来ないと思ってください。

 

トイレはもちろんありまして、一部のデッキには流し台がありますので、コンタクトを付けたりすることもできます。

 

朝食と夕食を購入することもできます。ただ、軽食などを持っていけば充分事足りると思います。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

下の座席の人は、座席の下に荷物を置けますが、上の人は持っていくのも大変なので、最低限のものを持って下に置いてある場合が多いです。

 

日本にも寝台列車はありますが、なかなか体験できないんですよね。ぜひ使ってみてください。

 

■チェンマイ駅
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

チェンマイ駅は、市内中心部から3kmほど離れてますので、トゥクトゥクなどを利用してください。

 

 

■バスでのアクセス

北バスターミナル(モーチット)から普通のバスで行く

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

電車のチケットが購入できていない方、費用を少しでも安くしたい方はバスになります。

 

モーチットから出ているバスは、VIP、1等、2等があります。VIPで約700バーツ。1等で500バーツと思ってください。所要時間は約10時間です。

 

VIPと1等の違いは、途中の休憩所での食事です。VIP専用の食事ルームがあります。

 

モーチットからは1日数便が出ていて、日中に出ているバスもありますので便利です。

 

カオサンから格安バスで行く
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

カオサン通りの色々なツアー会社が取り扱っていまして、約500バーツになります。19時前後に出発して、早朝5時~6時にチェンマイに到着します。

 

カオサンから行くか、モーチットから行くかは、「快適さを取るならモーチット発、安さを取るならカオサン発」と言われます。予算や日程に合わせて検討してください。

 

 

■タイガーキングダム

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

チェンマイの町からは車で約30分です。

 

ソンテウやチャーターを貸し切ったり、レンタルバイクにしたり、ツアーに参加する方法があります。

 

いずれにせよ、他の見どころをどれだけ入れるかで料金は変わってくるので一概に言えません。

 

料金システム
シングルチケット 料金 制限
Giant Tiger 1,300バーツ 18歳以上・160cm以上
Big Tiger 799バーツ 18歳以上・160cm以上
Small Tiger 799バーツ 年齢制限なし・120cm以上
Lion 799バーツ 8歳以上・160cm以上
White Tiger 1,200バーツ 150cm以上

 

パッケージチケット 料金 制限
Big Tiger+Small Tiger 1,500バーツ 18歳以上・160cm以上
Big Tiger+Lion 1,500バーツ 18歳以上・160cm以上
Big Tiger+White Tiger+Lion 2,500バーツ 18歳以上・160cm以上
Giant Tiger+Big Tiger+Lion+Small Tiger+White Tiger 4,000バーツ 18歳以上・160cm以上

 

タイガーキングダムはプーケットにもありますが、チェンマイのタイガーキングダムの特徴は、ホワイトタイガーやライオンとも写真が撮れるとこです。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

写真は300バーツで係の人が撮ってくれます。もちろん同行者ですますこともできます。プロが撮影してくれた写真は、やはりクオリティが高いのでオススメです。最後にUSBに入れてもらいます。入場するだけなら250バーツです。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

大きいトラも大迫力で良いですが、赤ちゃんトラも非常にもかわいくて大人気です。

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

素晴らしい体験になりますので、ぜひ行ってみてください♪

 

プーケットのタイガーキングダムは、こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

■タイガーキングダム(プーケット)
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

また、パタヤのタイガーパークは、こちらのページで特集しております。

 

■タイガーパークパタヤ
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

 

■周辺の見どころ

メーサーエレファントキャンプ

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

アユタヤやホアヒンと比べて、非常に規模の大きいエレファントキャンプです。タイでゾウに乗るのは、ここでOKです(^^) こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

首長族の村

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

ワット・プラタート・ドイ・ステープ
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

チェンマイの代名詞といえる寺院です。黄金に輝く22mの仏塔や、ナーガに見守られた306段の階段は圧巻です。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください

 

非常に有名ですよね。タイガーキングダムから来るまで10分の場所にありますので、ぜひ行ってみてください。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

コムローイ祭り
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典

 

今や世界的イベントとなったチェンマイのお祭りです。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

チェンダオ象訓練センター
「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典 

 

メーサーエレファントキャンプよりも規模が小さいので、ゾウを独り占め出来る施設です。時間があれば行く価値は充分にあります。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、ライオン・エアー)

 

バンコク-チェンマイ(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「タイガー・キングダム(チェンマイ)」(タイ)詳細情報:旅の大辞典
タイの設定です。

備考

 

⇒バンコクの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆
スポンサーリンク