「彩虹眷村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

彩虹眷村

場所

台湾

(Taiwan)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

10月~3月

 

彩虹眷村(さいこうけんそん)は「レンボー・ビレッジ」の呼称で広く知られていて「台湾の10大インスタ映えスポット」にも選ばれている世界的な観光地です。台中市から簡単に行くことができます。

 

それでは、ご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は台中市。日本統治時代に「台中」という名前が付けられて、美しく静かな街並みから「台湾の京都」とも呼ばれていました。人口は約280万人。

 

最寄りの空港は台中国際空港(RMQ)。国内外合わせて18都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

台中市
Booking.com

 

 

■台中国際空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北西に約15km離れています。市内への移動方法はバスかタクシーです。

 

バスで行く

■料金:50~100元
■所要時間:約1時間
■高鉄台中駅(高速鉄道駅)行き
・「A1」「156」「日月潭線」
■台中駅行き
・「A2」「302」
公式HP
■悠遊カードも使えます
(交通費が20%オフになるSuicaのようなカード)

 

タクシーで行く

■台中駅行き
・所要時間:約45分
・料金:約900元

 

■高鉄台中駅行き
・所要時間:約30分
・料金:約800元

 

 

■台北から台中への移動

高速鉄道で行く

・赤:台北駅
・青:南港駅

台北市には高速鉄道の駅が2つあります。到着駅はどちらも高鉄台中駅です。

・所要時間:約1時間
・料金:約700元

 

■高鉄台中駅
 

 

台湾の高速鉄道については、割引サービスがたくさんあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

電車で行く

 

 

上記の台北駅から台中駅へ直通列車が出ています。台中市には「海線」「山線」「成追線」という3つの路線があって「山線」を経由するのが直通列車になります。

名前 種別 所要時間 料金 1日の本数
區間車 各駅停車 約3時間 約240元 10本
莒光号 急行 約2時間15分 約290元 2本
自強号 特急 約2時間 約370元 15本
普悠瑪号 特急 約1時間半 約370元 5本

 

高速バスで行く

 

 

上記の台北駅に隣接する「台北バスターミナル」から台湾各地への高速バスが出ています。台中市のバスターミナルは「台中駅」と「朝馬」の2つがあります。

 

・赤:朝馬バスターミナル
・青:台中駅バスターミナル

 

「朝馬」の方は、バス会社によって乗り場が分かれていますので、注意してください。

・所要時間:2時間~2時間半
・料金:250~300元

 

 

■彩虹眷村へのアクセス

台中駅から行く

 

台中駅から行く場合、歩いて「緑川東站」というバスターミナルへ行き「70番」のバスで「彩虹眷村」へ行けます。

 

高鉄台中駅から行く

 

高鉄台中駅から行く場合「26」「70」「99」「617」番のバスに乗り、「彩虹眷村」か「南屯同安厝」で下車します。「南屯同安厝」で下車の場合、5分ほど歩きます。

 

タクシーで行く

■台中駅から
・所要時間:約30分
・料金:約350元

 

■高鉄台中駅から
・所要時間:約15分
・料金:約150元

 

 

■彩虹眷村

 

 

彩虹眷村(さいこうけんそん)は「虹のように彩られた眷村」という意味です。では「眷村」とは何かというと話は戦後にさかのぼります。

 

1949年、蒋介石率いる国民党は共産党との内戦に破れ、台湾に逃れて統治を始めました。その際、実に60万人が中国から台湾へ移住しました。まずは何より彼らの住む家が必要なため、台湾各地に集合住宅地が造られて行きました。

 

それが「眷村」なのですが、ほとんどは老朽化や衛生面の問題から徐々に取り壊されていきました。

 

 

そんな中、2008年に黄永阜(こう えいふ/ホアン・ヨンフー)というお爺さんが、自宅の壁に絵を描いていきます。理由は「退屈だったから」とのことなのですが、彼のアートは自宅を超えて周辺の建物や道にまで及び、その面積を広げていきました。

 

 

とはいえ、そのままなら取り壊されてしまっていたかもしれないのですが、2010年頃にはSNSが普及していたので「虹の村を救おう」という運動が起こり、保存されることに決まりました。

 

 

圧倒的にSNS映えする「虹の村」は瞬く間に世界的な名所になり、今では年間で200万人以上が訪れる人気の観光地になっています。

 

 

壁には「百年好合(一生一緒にいよう)」や「天生一対(互いのために生を受けた)」などの言葉があり、特にカップルや新婚夫婦に人気のフォトスポットになっています。

 

 

黄さんは「彩虹爺爺(虹のお爺さん/ツァイホンイェイェ)」と呼ばれ、今でも奥さんと共に居住しています。家の場所はすぐに分かりまして「25号 老兵在」と書いてあるポストが目印です。

 

毎日20時頃に就寝し、3~4時に起床して、誰にも邪魔をされない状態で現在も絵を描き続けています。11時半~13時半頃には家の中で昼休憩をとられてらっしゃいまして、御年96歳と高齢なので、迷惑がかからないように配慮してください。

 

 

こちらは、NBA初の台湾系アメリカ人選手のジェレミー・リン(林書豪)選手です。

 

 

訪れた際には名物の虹色アイスキャンディーを食べましょう。また、土産物も充実しています。マスキングテープやバッグなどカワイイものが多いので予算を確保しておいてください(^^)

 

以上になります。1人のお爺さんが造り上げた世界最高峰のインスタ映えスポット。ぜひ行ってみて下さい。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「彩虹眷村」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-台中空港(約4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「彩虹眷村」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒台湾のガイドブック

 

⇒台湾料理

 

台中市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆