「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

名称

ナイトサファリ

(night safari)

場所

マンダイ地区

(Mandai area)

時差

1時間

時期

3月~9月

(乾季)

 

ナイトサファリは、世界初の「夜行性動物サファリパーク」でシンガポール動物園に隣接しています。お昼にシンガポール動物園、夕方にリバーサファリを周って、夜に訪れるというのが一般的です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典 

 

拠点の街はシンガポール。国の面積は東京23区と同じくらいですが、近年めざましい発展を遂げていて、日本人にも大人気の旅行先です。人口は約560万人。

 

最寄りの空港はシンガポール空港(SIN)。国外の155都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

シンガポール空港は、それ自体がスゴい観光スポットですので、ぜひ1日時間を取って遊んで見てください。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

■シンガポール空港
「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典 

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

また、空港から市内への移動は6種類の方法があります。全てまとめてご紹介していますので、初めて行く方はこちらの特集ページをご覧ください。

 

旅行者が宿泊するエリアは2つに集中しています。1つは「シティホール周辺」の「シティ地区」、もう1つは「マリーナ・ベイ・サンズ」などがある「マリーナ地区」です。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

シンガポール中心部
Booking.com

 

クアラルンプールからシンガポールへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■行き方まとめ

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典 

 

ナイトサファリは、シンガポール北部のマンダイレイクの中にあり、周辺には「シンガポール動物園」「リバーサファリ」「ジュロン・バードパーク」など、シンガポール屈指の見どころが集中しています。

 

行き方は「MRT+路線バス」「直行バス(サファリゲート)」「シャトルバス」「MRT+Mandai Express」「タクシー or Grab」「現地ツアー」の6種類です。それぞれ長所短所がありますので、日程やご予算に合わせて検討してください。

 

手段 価格 所要時間
MRT+路線バス 約2S$(バス・片道) 約1時間半(合計)
直行バス(サファリゲート) 片道:7S$、往復:12S$ 約40分
シャトルバス 6S$(大人)、3S$(子供)

(片道)

40分~1時間

(乗車する駅によります)

MRT+マンダイエクスプレス 1S$(片道) 約1時間
タクシー、Grab タクシー:20~30S$

Grab:15~25S$

約30分
現地ツアー 内容次第 約30分

 

 

■MRTと路線バスで行く

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典 「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

まず、MRT(地下鉄)での行き方からご紹介します。MRTの乗り方は、こちらのページで特集しておりますので、初めての方はご覧ください。

 

アンモキオ駅からバス

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「南北線(North South Line)」の「アンモキオ駅(Ang Mo Kio)」から「138番」の路線バスに乗ります。アンモキオ駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中上くらいです)

 

チョア・チュー・カン駅からバス

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「南北線(North South Line)」の「チョア・チュー・カン駅(Choa Chu Kang)」から「927番」の路線バスに乗ります。チョア・チュー・カン駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(左上です)

 

ウッドランズ駅からバス

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

日曜・祝日のみですが、MRTの「南北線(North South Line)」の「ウッドランズ駅(Woodlands)」から「926番」の路線バスで行けます。ウッドランズ駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中上くらいです)

 

マーシリング駅からバス

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

こちらも日曜・祝日のみですが、MRTの「南北線(North South Line)」の「マーシリング駅(Marsiling)」から、同じ「926番」の路線バスで行けます。マーシリング駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分で「ウッドランズ駅」の隣りです。

 

・バス料金:約2S$
・所要時間:約1時間半

 

 

■直行バス(サファリゲート)で行く

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典 

 

シンガポール中心部の「サンテックシティ」という大型ショッピングモールから「サファリゲート」という直行バスが出ています。チケット売り場・乗り場は1Fの道路側で「DUCK tours」と同じ場所にあります。サンテックシティはMRTの「エスプラネード駅」で降車してすぐです。

・片道:7S$、往復:12S$
・所要時間:約40分

 

 

■シャトルバスで行く

 

市内の様々な場所からシャトルバスが出ていて「ブルーライン」と「オレンジライン」があります。時刻表はこちらです。

・片道料金:6S$(大人)、3S$(子供)
・所要時間:約40分

 

 

■MRTとマンダイエクスプレスで行く

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

マンダイパークと4箇所の駅を結ぶシャトルバスが「マンダイエクスプレス(Mandai Express)」です。

 

■マンダイパーク
「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典 

 

カーティブ駅(Khatib)

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「南北線(North South Line)」の「カーティブ駅(Khatib)」から出ています。ここからの乗車が一番多いようです。カーティブ駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です(真ん中上くらい)。時刻表はこちらです。

 

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

・現金はダメでEz-linkのみ
・料金:1S$
・所要時間:約1時間
・平日は40分おき、土日は20分おきに運行

 

ベドク駅(Bedok)

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「東西線(East West Line)」の「ベドク駅(Bedok)」から出ています。ベドク駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中右くらいです)

 

センカン駅(Sengkang)

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「北東線(North East Line)」の「センカン駅(Sengkang)」から出ています。センカン駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(右上です)

 

タンピネス駅(Tampines)

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「東西線(East West Line)」「ダウンタウン線(Down town Line)」の「タンピネス駅(Tampines)」から出ています。タンピネス駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中右くらいです)

 

 

■タクシーかGrabで行く

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

タクシーだと中心部から約30分で、20~30S$です。Grabだと15~25S$です。それほど高くないので、特に複数人数の場合はオススメです。

 

 

■ナイトサファリの概要

園内のつくり

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

1994年にオープンした、世界初の「夜行性動物サファリパーク」でシンガポール動物園に隣接しています。マレーバクやマレートラなどの絶滅危惧種を含めた130種類・2500頭を超える動物が、夜の闇の中を生き生きと動き回る様子は大迫力です。

 

35ヘクタールという広大な敷地内には「岩だらけのヒマラヤ」から「赤道直下のアフリカ」まで、世界の7つの地域が再現されています。草食動物は園内を自由に動き回り、ヒョウなどの猛獣は柵で囲まれています。

 

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

園内はトラムで周るコースが1つ(マップの薄いピンク)、徒歩で周るコース(赤・ピンク・黄色・オレンジ)が4つあり、10S$で日本語の音声ガイドイヤホンをレンタルできます。日本語トラムは2019年に廃止されました。

 

料金・営業時間

 

料金は「リバーサファリ」「ナイトサファリ」「シンガポール動物園」「ジュロン・バードパーク」のどれに行くかで変わります。

 

チケット 大人(13歳以上) 子供(12歳以下)
シングルパーク 34S$ 23S$
2パーク(ナイトサファリ以外) 58S$ 38S$
2パーク(ナイトサファリ込) 68S$ 48S$
4パーク 78S$ 58S$

・年中無休
・19時半~24時
・最終入場:23時15分
・飲食店と売店は17時半から

 

 

■トラムサファリ

 

トラムは「英語」のみで、10S$で日本語の音声ガイドイヤホンをレンタルできます。以前は日本語トラムがありましたが廃止されました。約30人が乗車できて、所要時間は約35分です。

 

 

■ウォーキングサファリ

 

ウォーキングサファリは4つあります。全部回って1時間~1時間半です。

①フィッシングキャットトレイル(黄色)
②レオパードトレイル(赤)
③ワラビートレイル(ピンク)
④イーストロッジトレイル(オレンジ)

 

フィッシングキャットトレイル(黄色)

 

直訳すると「魚を捕らえる猫のトレイル」ということで、スナドリネコ、ジャコウネコ、オウゴンネコなど、猫が主役のエリアです。運が良ければスナドリネコが魚を捕る様子を見られます。またマメジカというチワワのようなシカや、ワニ、ペリカンなどもいます。

 

レオパードトレイル

 

ライオンやヒョウなどが動いている様子を見られる一番人気のトレイルです。運が良いとムササビが飛ぶ姿を見られるそうです。

 

イーストロッジトレイル

 

マレートラのほか、ハイエナ、サーバルキャット、キリン、カバなどを見られるトレイルです。夜のハイエナはただならぬ雰囲気を漂わせています。

 

ワラビートレイル

 

オーストラリアのワラビーの可愛らしい姿を見られるトレイルです。そのほか、モモンガやヘビなども見ることができます。

 

 

■ファイヤーダンスショー

 

「トゥンブアカ・トライバルダンス(Thumbuakar Performance)」というショーで、口から火を吐く大迫力のパフォーマンスを見ることができます。19時、20時、21時、22時の4回あります。

 

 

■ナイトアニマルショー

 

「クリーチャー・オブ・ザ・ナイト・ショー(Creatures of the Night Show)」というショーで、トラムトレイルの後に見る動物ショーです。大蛇が出てきたり、カワウソがゴミを仕分けたり、観客が参加出来たりと、充実した内容のショーになっています。メインゲートの右方向にある「アンフィ・シアター」で開催されます。

 

900人入れる野外劇場ですが混み合いますので早めに席を確保した方が、よく見えて楽しめると思います。19時15分、20時半、21時半、22時半(土日のみ)の4回あります。

 

 

以上になります。入場チケットは「ベルトラ」「get your guide」など色々なサイトで購入できますが、シンガポールに関しては「voyagin」が今のところ一番安くなります。ただ、他に含まれているものでも値段は変わってきますので、詳細は下記からご覧ください。

 

■voyagin

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

■get your guide

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

■ベルトラ

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-シンガポール空港(約8時間、全日空)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ナイトサファリ」(シンガポール):旅の大辞典
シンガポールの設定です。

備考

 

⇒シンガポールの関連商品

 

シンガポール中心部
Booking.com

 

クアラルンプールからシンガポールへのアクセス

 

Powered by 12Go Asia system
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆