「シンガポール動物園」(シンガポール)

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

 

名称

シンガポール動物園

(Singapore Zoo)

場所

マンダイ地区

(Mandai area)

時差

1時間

時期

3月~9月

(乾季)

 

シンガポール動物園は、世界三大動物園の1つに数えられる世界的に有名な動物園で、ホワイトタイガーや80頭のマントヒヒなど貴重な動物を数多く見ることができます。エサやり体験や、オランウータンとの朝食など面白いプログラムがたくさんあります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆行き方まとめ
☆MRTと路線バスで行く
☆直行バス(サファリゲート)で行く
☆シャトルバスで行く
☆MRTとマンダイエクスプレスで行く
☆タクシーかGrabで行く
☆現地ツアーで行く
☆シンガポール動物園の概要
☆各エリアの見どころ
☆4つのショー
☆エサやりタイム
☆オランウータンと食事
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 

 

拠点の街はシンガポール。国の面積は東京23区と同じくらいですが、近年めざましい発展を遂げていて、日本人にも大人気の旅行先です。人口は約560万人。

 

最寄りの空港はシンガポール空港(SIN)。国外の155都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

シンガポール空港は、それ自体がスゴい観光スポットですので、ぜひ1日時間を取って遊んで見てください。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

■シンガポール空港
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

また、空港から市内への移動は6種類の方法があります。全てまとめてご紹介していますので、初めて行く方はこちらの特集ページをご覧ください。

 

旅行者が宿泊するエリアは2つに集中しています。1つは「シティホール周辺」の「シティ地区」、もう1つは「マリーナ・ベイ・サンズ」などがある「マリーナ地区」です。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

シンガポール中心部

Booking.com

 

クアラルンプールからシンガポールへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■行き方まとめ

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 

 

シンガポール動物園は、シンガポール北部のマンダイレイクの中にあり、周辺には「ナイトサファリ」「リバーサファリ」「ジュロン・バードパーク」など、シンガポール屈指の見どころが集中しています。

 

行き方は「MRT+路線バス」「直行バス(サファリゲート)」「シャトルバス」「MRT+Mandai Express」「タクシー or Grab」「現地ツアー」の6種類です。それぞれ長所短所がありますので、日程やご予算に合わせて検討してください。

 

手段 価格 所要時間
MRT+路線バス 約2S$(バス・片道) 約1時間半(合計)
直行バス(サファリゲート) 片道:7S$、往復:12S$ 約40分
シャトルバス 6S$(大人)、3S$(子供)

(片道)

40分~1時間

(乗車する駅によります)

MRT+マンダイエクスプレス 1S$(片道) 約1時間
タクシー、Grab タクシー:20~30S$

Grab:15~25S$

約30分
現地ツアー 内容次第 約30分

 

 

■MRTと路線バスで行く

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

まず、MRT(地下鉄)での行き方からご紹介します。MRTの乗り方は、こちらのページで特集しておりますので、初めての方はご覧ください。

 

アンモキオ駅からバス

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「南北線(North South Line)」の「アンモキオ駅(Ang Mo Kio)」から「138番」の路線バスに乗ります。アンモキオ駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中上くらいです)

 

チョア・チュー・カン駅からバス

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「南北線(North South Line)」の「チョア・チュー・カン駅(Choa Chu Kang)」から「927番」の路線バスに乗ります。チョア・チュー・カン駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(左上です)

 

ウッドランズ駅からバス

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

日曜・祝日のみですが、MRTの「南北線(North South Line)」の「ウッドランズ駅(Woodlands)」から「926番」の路線バスで行けます。ウッドランズ駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中上くらいです)

 

マーシリング駅からバス

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

こちらも日曜・祝日のみですが、MRTの「南北線(North South Line)」の「マーシリング駅(Marsiling)」から、同じ「926番」の路線バスで行けます。マーシリング駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分で、「ウッドランズ駅」の隣りです。

 

・バス料金:約2S$
・所要時間:約1時間半

 

 

■直行バス(サファリゲート)で行く

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 

 

シンガポール中心部の「サンテックシティ」という大型ショッピングモールから「サファリゲート」という直行バスが出ています。チケット売り場・乗り場は1Fの道路側で「DUCK tours」と同じ場所にあります。サンテックシティはMRTの「エスプラネード駅」で降車してすぐです。

・片道:7S$、往復:12S$
・所要時間:約40分

 

 

■シャトルバスで行く

 

市内の様々な場所からシャトルバスが出ていて、「ブルーライン」と「オレンジライン」があります。時刻表はこちらです。

・片道料金:6S$(大人)、3S$(子供)
・所要時間:約40分

 

 

■MRTとマンダイエクスプレスで行く

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

マンダイパークと4箇所の駅を結ぶシャトルバスが「マンダイエクスプレス(Mandai Express)」です。

 

■マンダイパーク
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 

 

カーティブ駅(Khatib)

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「南北線(North South Line)」の「カーティブ駅(Khatib)」から出ています。ここからの乗車が一番多いようです。カーティブ駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です(真ん中上くらい)。時刻表はこちらです。

 

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

・現金はダメでEz-linkのみ
・料金:1S$
・所要時間:約1時間
・平日は40分おき、土日は20分おきに運行

 

ベドク駅(Bedok)

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「東西線(East West Line)」の「ベドク駅(Bedok)」から出ています。ベドク駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中右くらいです)

 

センカン駅(Sengkang)

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「北東線(North East Line)」の「センカン駅(Sengkang)」から出ています。センカン駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(右上です)

 

タンピネス駅(Tampines)

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTの「東西線(East West Line)」「ダウンタウン線(Down town Line)」の「タンピネス駅(Tampines)」から出ています。タンピネス駅は上の路線図の黒い四角で囲った部分です。(真ん中右くらいです)

 

 

■タクシーかGrabで行く

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

タクシーだと中心部から約30分で、20~30S$です。Grabだと15~25S$です。それほど高くないので、特に複数人数の場合はオススメです。

 

 

■現地ツアーで行く

 

「ナイトサファリ」「リバーサファリ動物園」「ジュロン・バードパーク」などと合わせて現地ツアーがたくさん出ています。こちらからチェックしてみてください。


 

 

■シンガポール動物園の概要

園内のつくり

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

1973年に開園した動物園で、世界三大動物園の1つに数えられています。上野動物園の2倍にあたる26ヘクタールの広大な敷地に、300種類・3000頭以上の動物が飼育されています。

 

日本では「旭山動物園」で一気に有名になった「行動展示」のパイオニアで、堀や川などを利用して、明確な柵を見せることなく客と動物たちと触れ合える空間を作り上げています。

 

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

園内は11のエリアに分かれていて、広大な敷地をトラムが巡回しています。トラムストップが4箇所で、運行時間は8時半~18時15分です。園全体での必要時間は約4時間です。

 

料金・営業時間

 

料金は、「リバーサファリ」「ナイトサファリ」「シンガポール動物園」「ジュロン・バードパーク」のどれに行くかで変わります。

 

チケット 大人(13歳以上) 子供(12歳以下)
シングルパーク 34S$ 23S$
2パーク(ナイトサファリ以外) 58S$ 38S$
2パーク(ナイトサファリ込) 68S$ 48S$
4パーク 78S$ 58S$

・年中無休
・営業時間:8時半~18時
・最終入場:17時半
・ドラム:5S$(大人)、3S$(子供)

 

 

■各エリアの見どころ

ツリー・トップ・トレイル

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

最初のエリアで、木のボードウォークを歩くと、樹上にはフクロテナガザルやキツネザルがいて、下の川には5mのガビアルモドキが歩いています。他にも「マレーバク」「バビルーサ」などの貴重な動物を見ることができます。

 

ホワイトタイガー
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

次のエリアでハイライトの1つであるホワイトタイガーが現れます。現在3頭が飼育されていて迫力の姿を見せてくれます。

 

エチオピアの峡谷
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

エチオピアの峡谷が再現されていて、80頭を超えるマントヒヒや、見事な角のアイベックス、コブラの天敵と言われるマングースなどを見ることができます。

 

ワイルド・アフリカ
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

アフリカのサバンナを再現していて、ライオン、チーター、リカオンなどの肉食動物、シロサイ、キリン、シマウマ、イボイノシシなどの草食動物、ミーアキャットやハダカデバネズミなどの小動物、そして世界四大珍獣と言われるボンゴを見ることができます。

 

キャットカントリー
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

ライオン、ジャガー、ヒョウなど、ネコ科の動物たちを見ることができます。

 

ラジャイル・フォレスト
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

パプア・ニューギニア熱帯雨林が再現されていて、ワオキツネザル、キノボリカンガルー、オオコウモリ、コアリクイ、ナマケモノなどの動物や、カンムリバトなどの鳥、珍しいチョウなどが放し飼いにされています。また、淡水エイや昆虫なども見ることができます。

 

爬虫類の庭
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

巨大なイリエワニ、ガビアルモドキ、コモドオオトカゲ、アルダブラゾウガメなど、大迫力の動物たちを見ることが出来ます。また多数の蛇を飼育している「蛇の館」では、アミメニシキヘビ、キングコブラ、オオアナコンダ、ガラガラヘビなどを見ることが出来ます。

 

フローズン・ツンドラ

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

2013年に完成したエリアで、ホッキョクグマのほか、旭山動物園から送られたホンドタヌキや、クズリなどを見ることができます。

 

オーストラリアの荒野
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

コアラ、オオカンガルー、エミュー、ヒクイドリなどのオーストラリア固有種の動物たちを見ることができます。

 

オランウータン・エリア
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

オランウータンの自由移動スペースがあり、何頭ものオランウータンが樹上をスイスイと渡っていく様子を見ることができます。

 

トータス・シェルター
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

11個目のエリアです。絶滅危惧種のゾウガメを見ることができます。
(pooint11のテンプレートが無く、10のままになっています(^^;))

 

 

■4つのショー

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

スプラッシュサファリショー

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

いわゆるアシカショーです。

 

アニマルフレンドショー
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

小動物によるショーで、子供向けです。

 

エレファント・アット・ワーク・プレイ・ショー
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

4頭のゾウによるショーで、水の中から取り出した丸太を運んだり、ポーズを取ったり、調教師とコントをしたりと盛りだくさんで、一番人気のショーになっています。

 

レインフォレストファイトバックショー
「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

「森を開発しようとする外国人に対し、原住民と動物が協力して森を守る」というストーリーのショーです。ワオキツネザル、クモザル、カワウソ、オオサイチョウ、オランウータンなどが参加するショーで見応え充分です。ただ、英語が分からないと流れが分からないので、つまらないかもしれません。ショーの公式HPはこちらです。

 

 

■エサやりタイム

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典 「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

ゾウ、キリン、シロサイ、ヤギにエサを与えることができます。エサは5S$で、開始時間はこちらの公式HPをご覧ください。時期により動物は変わる可能性があります。

 

 

■オランウータンと食事

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

シンガポール動物園のイメージキャラクターであるオランウータンと朝食を楽しむことができる「ジャングルブレックファースト」という予約参加型のプログラムがあります。

 

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典

 

園内の「Ah Mengレストラン」が会場で、食事はビュッフェスタイルです。レストランには8時半から入ることができ、プログラムの時間は9時~10時半で、オランウータンがいるのは9時半~10時の30分間です。その間に順番で記念写真を撮ります。オランウータンと近い席が良ければ、早めに行って良い席を確保するのが望ましいです。

・大人:35S$、子供:25S$
・プロが撮影する写真:38S$
(買わなくても大丈夫です)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-シンガポール空港(約8時間、全日空)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「シンガポール動物園」(シンガポール):旅の大辞典
シンガポールの設定です。

備考

 

⇒シンガポールの関連商品

 

シンガポール中心部

Booking.com

 

クアラルンプールからシンガポールへのアクセス

 

Powered by 12Go Asia system

 


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆