「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

名称

空港から市内への移動

(singapore airport)

場所

シンガポール

(singapore)

時差

1時間

時期

3月~9月

(乾季)

 

こちらのページでは、シンガポール空港から市内への移動を徹底解説しています。全部で6種類の移動方法がありますので、旅程に合わせて選択してください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典 

 

拠点の街はシンガポール。国の面積は東京23区と同じくらいですが、近年めざましい発展を遂げていて、日本人にも大人気の旅行先です。人口は約560万人。

 

最寄りの空港はシンガポール空港(SIN)。国外の155都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

旅行者が宿泊するエリアは2つに集中しています。1つは「シティホール周辺」の「シティ地区」、もう1つは「マリーナ・ベイ・サンズ」などがある「マリーナ地区」です。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

シンガポール中心部
Booking.com

 

クアラルンプールからシンガポールへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■空港からの行き方まとめ

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典 

 

シンガポール空港は、市内から約18km離れています。行き方は「MRT(地下鉄)」「タクシー」「Grab」「空港シャトルバス」「路線バス」「リムジンタクシー」の6種類です。

 

手段 料金(片道) 所要時間 備考
MRT 約140円 約50分 5:30~24:00頃運行
空港バス 大人:9S$

子供:6S$

約30分 24時間運行

ホテルへ送迎

タクシー 2000~3500円 20~30分 時間帯で料金は変動
Grab 1500~3000円 20~30分 アプリとネットが必要
路線バス 約140円 約50分 6:00~24:00運行
リムジンタクシー 55~60S$ 20~30分 4人乗りと7人乗り

 

 

■MRT(地下鉄)で行く

市内への行き方

①空港駅の「チャンギ・エアポート駅」で乗車。

ターミナル2・3とは直結していて、ターミナル1からはスカイトレインで行きます。スカイトレインは無料で、約2分毎に運行しています。

 

②2駅目の「タナ・メラ駅」で「ジュー・クーン駅行」に乗換え。

「タナ・メラ駅」までは約8分で、市内までは20~30分で到着します。24時間運行では無いので注意してください。「タナ・メラ駅」発の市内行き最終列車は23時31分です。

 

また、マリーナ・ベイ・サンズへ行く場合は「Bugis駅」で「DownTown Line」に乗り換えて「Bayfront駅」で下車します。

 

オーチャードロードへ行く場合は「City Hall駅」で「NorthSouth Line」に乗り換えて 「Somerset駅」か「Orchard」で下車します。

 

路線

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

路線図はクリックで拡大できます。主な路線は5つあります。

①North South Line(赤)
 マリーナエリア~オーチャード

 

②East West Line(緑)
 マリーナエリア~チャンギ国際空港、アラブストリート

 

③North East Line(紫)
 マリーナエリア~セントーサ島、リトル・インディア

 

④Circle Line(オレンジ)
 マリーナ・ベイ・サンズ~ドービーゴート

 

⑤Downtown Line(青)
 マリーナ・ベイ・サンズ~チャイナタウン

 

⑥Thomson East Coast Line(茶色)
 2019年に一部開通し、2024年に完成します。詳細はこちら。

 

主な観光地がある駅
ラッフルズプレイス駅(Raffles Place)

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

「North South Line(赤)」「East West Line(緑)」の駅です。「マーライオン公園」「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ」「フラトン・ホテル」などに近いです。

 

ベイフロント駅(Bayfront)

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

「Circle Line(オレンジ)」「Downtown Line(青)」の駅です。「マリーナ・ベイ・サンズ」「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」「サンズ・スカイパーク」などに近いです。

 

リトルインディア駅(Little India)

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

「North East Line(紫)」「Downtown Line(青)」の駅です。「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」に近いです。

 

プロムナード駅(Promenade)

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

「Circle Line(オレンジ)」「Downtown Line(青)」の駅です。「シンガポール・フライヤー」に近いです。

 

MRTの概要

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典 「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

MRTは5:30~24:00頃まで運行しています。朝のラッシュ時は東京メトロと同じように、2・3分おきに列車が来まして、それ以外の時間帯も5~10分に1本は運行しています。

 

右の写真がMRTのマークです。ときに分かりづらい場所にありますので、あらかじめ大体の場所を調べておくとスムースです。

 

MRTには「スタンダードチケット」「ez-link Card」「ツーリストパス」3つのチケットがありまして、まずはスタンダードチケットからご説明します。

 

スタンダードチケット
「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典 「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

スタンダードチケットは6回までチャージできるチケットです。自動券売機で購入できます。

・1回目の利用時に10セントのデポジットがかかる
・2回目の利用時にデポジットが返却される
・6回目の利用時に10セントの割引がある
・7回目にはエラーメッセージが出る。

まず初めてチケットを購入する時の流れです。

①画面右側の「English」を選択
②画面左側の「Buy standard ticket」の「MAP」か「STATION NAME」から
 行きたい駅を選択
③駅名と金額を確認したら片道なら「Single Trip」、往復なら「Return Trip」を
 選択して料金を投入します。
 ※10ドル札は6ドル以上のチケットを購入する場合以外は使えません。
④チケットが出てくる。

 

2回目以降は、写真のカードリーダーにチケットを乗せて、上記の流れで駅名を選択して料金を入れればOKです。

 

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

ez-link Card

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

こちらは、日本で言う「Suica」です。お金をチャージしておいて、残高があるまでMRTとバスの両方で使えます。

 

ただ、初回購入が12S$なのですが、5S$はカード本体の代金なので、最初のチャージ額は7S$になります。カード代の5S$は返金されないのと、2回目からのチャージは10S$からなので、短期旅行者向けではなく、現地に滞在している方向けのチケットと言えます。

 

チケットオフィスで購入するのですが、全ての駅にあるわけではありませんので、こちらの公式HPからご覧ください。「Listing」を選択すると購入できる駅がリストになっています。

 

ツーリストパス

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

こちらは有効期間内での乗り放題チケットです。購入場所は「ez-link Card」と同じなので、こちらの公式HPからご覧ください。

 

有効期間 料金 デポジット 合計金額
1日 10S$ 10S$ 20S$
2日間 16S$ 10S$ 26S$
3日間 20S$ 10S$ 30S$

 

そして結局どれを買えば良いのかですが、MRTもバスも安いので「1日10回以内の乗車」なら「スタンダードチケット」で大丈夫です。もし、それを超えるようであれば「ツーリストパス」が安くなります。

 

ただ、もちろんツーリストパスは1回1回チャージするという煩わしさがないので、それなりに多く乗るのであればツーリストパスを購入してしまっても良いと思います。

 

 

■空港シャトルバスで行く

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

全てのターミナルから15~30分おきに運行していて24時間営業です。大人は9S$で子供は6S$。受付カウンターは各ターミナルにある「グランド・トランスポート・デスク(Grand Transport Desk)」です。

 

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

■各ターミナルのカウンターの場所
・ターミナル1:地下1階
・ターミナル2:到着ゲートの前
・ターミナル3:到着ゲートの前
・ターミナル4:到着ゲートの前

 

基本的にホテルまで送迎してくれるのですが、さすがに全てというわけではありません。その場合は近くまで連れて行ってくれます。

 

 

■タクシーかGrabで行く

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

タクシーでは約20S$~35S$です。空港タクシーは、曜日や時間帯によって3~5%加算されます。

 

また、シンガポールのタクシー自体が「0時~6時」は「深夜チャージで50%加算」。「月~金の6時~9時半」「月~日の18時~0時」は「ピークアワーチャージ」で25%加算されます。

 

Grabだとタクシーよりも約5S$安くなると思ってください。

 

 

■リムジンタクシーで行く

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典 「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

左の4シートが「リムジンタクシー」で、右の7シートが「ラージタクシー」になります。それぞれ、前記した「グランド・トランスポート・デスク(Grand Transport Desk)」で申し込みます。

 

リムジンタクシーが55S$、ラージタクシーが60S$です。また、大人数の場合は

 

 

■路線バスで行く

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

ターミナル1・2の地下に発着所があります。路線は5系統ありまして、旅行者にオススメなのは「SBS」の「36」というバスです。主要なホテル、オーチャードロード、マリーナ地区などへアクセス出来ます。

 

15分おきくらいで運行していて料金も安いです。現金だと2.5S$からで、前記の「ez-link Card」だと1.8S$からです。現金だとお釣りが出ないので面倒ですから「ez-link Card」か「ツーリストパス」を使った方が良いです。

 

路線バスは、市内で乗車する場合は手を上げて停めないといけないのでハードルが高いです(^^;) 乗り方ですが、前のドアから乗って、最初に料金を払い、降りるときは後ろのドアからです。

 

 

■空港送迎を利用する


日本語で予約出来る空港送迎もあります。現地ツアーは「ベルトラ」「get your guide」など色々ありますが、シンガポールに関しては「voyagin」が今のところ一番安くなります。詳細はこちらからご覧ください。

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

ちなみに「get your guide」だと、こちらですね。

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

こちらはベルトラです。

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

 

■マリーナベイサンズ

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典 

 

シンガポールに行ったら、やはり一度は宿泊したいのがマリーナベイサンズ。

 

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典

 

屋上のインフィニティプールは、シンガポールの絶景の1つです。また、噴水とレーザーが融合したショー「スペクトラ」は、基本的に毎日20時、21時の2回ですが金土は22時にも行われます。ぜひ行ってみてください。

 

Booking.com

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-シンガポール空港(約8時間、全日空)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「空港から市内への移動」(シンガポール):旅の大辞典
シンガポールの設定です。

備考

 

⇒シンガポールの関連商品

 

シンガポール中心部
Booking.com

クアラルンプールからシンガポールへのアクセス
Powered by 12Go Asia system
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆