「ヒナトゥアン川」(フィリピン)

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ヒナトゥアン川

(Enchanted River)

場所

ミンダナオ島

(Mindanao)

時差

1時間

時期

12月~5月(乾季)

 

近年話題になってきた場所で、現地では「エンチャンテッド・リバー」=「魔法の川」と呼ばれています。

 

行く、行かないは、少し判断が必要な場所なので、検討されてる方は、ぜひ読んでみてください。

 

それではご紹介していきます。多分、日本で一番詳しいページですよ♪

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆アクセス
☆現地での食事
☆エンチャンテッドリバー
☆餌付けショー
☆帰り方
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街はセブシティと、ミンダナオ島のブトゥアンです。

 

セブシティは人口は約90万人で、マニラに次ぐフィリピン第2の都市です。近年では語学留学が大ブームになっていて、多くの日本人が訪れています。

 

最寄りの空港はセブ空港 (CEB)。国内外合わせて68都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらからチェックしてみてください。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

■セブシティ

Booking.com

 

ブトゥアンは、ミンダナオ島のカラガ地方にある街です。人口は約30万人。歴史のある街で、10世紀にはフィリピンの各島々と盛んに交易を行っていたそうです。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

最寄りの空港はブトゥアン空港 (BXU)。セブ、マニラ、ダバオの3都市に就航しています。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらからチェックしてみてください。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

■ブトゥアン

Booking.com

 

 

■アクセス

 

ブトゥアン空港に着きましたら、まずはタクシーを捕まえて街に向かいます。料金は300ペソ。大体15分で着きます。

 

空港や飛行機は小ぢんまりとしていて、カワイイ感じです(^^) 日差しが強いときは、短い距離なのに日傘を貸してくれます。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ヒナトゥアン川は、ミンダナオ島のフィリピン人の方達は、ツアーのようなものでたくさん訪れているのですが、現状、外国人向けのツアーなどはありません。

 

なので、自力で行くことになります。ただ幸い、現地では有名な観光地なので、聞けば必ず辿り着けます。しかし、聞くこと自体に不安がある方もいるかと思いますので、こちらで詳細に記していきますので、ご安心ください。

 

モデルプラン
セブから行くにせよ、マニラから行くにせよ、基本的に2泊3日になります。

 

1日目:セブ(マニラ)→ブトゥアンの宿。
2日目:ブトゥアン→ヒナトゥアン川→ブトゥアン
    バスだと片道4~5時間なので丸1日になります。
3日目:ブトゥアンの宿→セブ(マニラ)

 

この時間が取れない場合、お金を出せば空港や街からワゴンをチャーターすることも可能です。どの旅行会社ということではなく、タクシーのドライバーに「エンチャンテッドリバー(ヒナトゥアン川)に行きたいから、明日1日チャーターしたい」と言います。

 

喜んで応じてくれるはずです。ただ、肝心なのは値段ですよね。ドライバーの言い値は6000ペソくらいになります。あとは交渉次第ですが、おそらく5000ペソは切らないと思います。遠いので。

 

ブトゥアンからヒナトゥアンまでは約140km。東京からだと、山梨県の甲府、茨城県の宇都宮、または栃木県の那須塩原くらいの距離になります。しかも往復の上、ドライバーは現地で待機しないといけないので。

 

ただ、これで行けば、上のマップで示されているように、3時間弱で行くことが出来るので、早朝出発にすれば1泊2日も可能です。

 

また、事前に手配できればですが、ブトゥアン~セブは早朝から夜まで航空便がありますので、超弾丸にはなりますが、理論上はセブから日帰りで行くことも可能です。

 

 

治安
「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ミンダナオ島は現在、西部にレベル3の「渡航中止勧告」が出ています。ヒナトゥアンはレベル2「不要不急の渡航中止」となっています。(画像から外務省HPに飛びますので、最新の状況を確認してください)。

 

理由は、数年前に「イスラム国」の過激派組織が入り込んでしまい、テロなどが起こりだしたためです。実際、ヒナトゥアン川に行くまでの幹線道路には、何回か検問ポイントや、テロリストを示した看板が立っています。

 

ただ、2019年末の段階では西部も落ち着いていて、ヒナトゥアンがある北部は何も問題の無い状況になっています。現地の人達も、「西や南は危ないけど北部は大丈夫」とのことでした。

 

もちろん、旅の安全をここで保証するものではありませんが、情報の1つとして参考にしてください。

 

 

ブトゥアンからヒナトゥアンへのアクセス

 

バスで行く場合、途中で6箇所のバスターミナルに寄るので片道4~5時間ほどかかります。なので、早朝5時には宿を出て5:30から6:00のバスに乗ると良いです。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらがターミナルの入り口。6時前だとまだ暗いので、写真で見ると少し不安な感じがすると思いますが、人も多いので大丈夫です。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

この建物の中に入ります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

中は非常に広く、たくさんの売店、カレンデリア(大衆食堂)、ドーナツ屋さんなどがあるので、軽食の準備はここで大丈夫です。おばちゃんたちが、朝からみんな働いていますので、女性の旅人の方でも安心できると思います。

 

また、後述しますが、現地には食堂や屋台が乏しいので、パンやプリングスのようなお菓子を持ってくと良いです。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ターミナルも広く、たくさんのバスがあります。ヒナトゥアンに向かうバスは「ビスリグ行き」のバスなので、「ビスリグ、ヒナトゥアン」と聞いてみてください。右側のエリアにあります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

これですね。上にビスリグの表示があります。中は非常に快適で、全てのシートにUSBポートもあり、トイレもあります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

多少、お客の集まりを待つ感じもありますが、基本的に1時間に1本と思って大丈夫です。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

お金は中で払います。特に席は決められていません。料金は217ペソ(約440円)。出発すると、セブ島やルソン島、パラワン島とは全く違った景色が広がります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ミンダナオ島はルソン島に次いでフィリピンで2番目に大きな島です。しかし、マニラのような大都市があるわけでもなく、セブ島のような観光地になるものもないため、「だだっ広い土地が、だだっ広く使われている」感じなんですね。

 

片側2車線の大きな幹線道路がどこまでも続きます。しかし渋滞は無く、周囲には開けた土地、木々、山々が広がります。マニラやセブは、道路は大きくても大渋滞。パラワンやボホールは、周辺は山や木々だけど道が狭い。フィリピンにある程度滞在している人には、逆に新鮮に感じられると思います。

 

そして、ここからがポイントです。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ヒナトゥアン川はヒナトゥアン村にあるのですが、バスはヒナトゥアン村に行くわけではなく、近くの幹線道路を通るだけなんです。なので、ドライバーやキップを切るスタッフに、「エンチャンテッドリバーに行きたいから、近くで下ろしてくれ」と伝えます。

 

すると、上の写真の場所で降ろされまして、真ん中の道がヒナトゥアン村に行く道になります。左側にバイクタクシーが待機しています。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

こちらですね。ここからバイクタクシーで約15分ほど。かなりのスピードを出すのですが、この周囲は、もう誰もヘルメットを付けていないので、多分渡されないと思います(^^;) もし不安であれば聞いてみてください。1つくらいあると思います。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

料金は往復で400ペソと言われます。現地にどれくらい滞在するかですが、現地は狭いので2時間あれば正直充分です。ただ、12時に餌付けショーがありまして、それを見たい場合は、それ込みの時間で考えないといけません。

 

ただ、後述しますが、これがホントに微妙で(^^;) まぁその微妙さが逆にシュール過ぎて面白いといったレベルなんですが。ショーとしては、あの「奇界遺産」に載せて良いレベルのシュールさです。 なので、餌付けショーにはこだわらなくて大丈夫です。

 

そしてこちらがヒナトゥアン川の駐車場。着いたときは、自力でたどりついた達成感があると思いますよ♪

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

 

■現地での食事

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

駐車場の付近にはお土産屋さんと、少し屋台があります。ただ、カレンデリア(大衆食堂)のようなものは無いんですね。

 

現地では一大観光地なので、フィリピンの人たちはどうしているのでしょうか。答えは、フィリピン特有のバーベキュー文化のヒナトゥアン版ともいえる形でありました。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

駐車場から、川の方向に少し行くと食事スペースがあります。上に「ダイニングホール」と書いてありますが、確かにそのニュアンスどおりで、レストランとかではないんです。そして、横に店が集まっているエリアがあります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ここで何が売られているかというと…

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

こういった「食材」や「料理」が並んでいて、お客さんたちは、それを購入し、ときに調理してもらい、それを食事スペースで食べるんですね。

 

ただ、セブやマニラのバーベキューと違って、海産物がメインになりまして、見ての通り、1人前というよりも、完全にファミリー向け、グループ向けの量なんですね(^^;)

 

食事している人たちのテーブルには、私物と思われるタッパや鍋釜が並んでいます。どうやら現地の人たちにとって、ここはハイキングやピクニック感覚で訪れる場所で「米だけは自分たちで持っていって、おかずだけ購入する」といった形のようです。なのでホントに「ダイニングホール」なんですね。

 

もちろん、写真のようにイカや魚は1匹から買えますし、ライスを頼めばあると思いますので食事することは可能なんですが、セブやフィリピンのような串物中心のバーベキューではありません。

 

 

■エンチャンテッドリバー

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

駐車場からエンチャンテッドリバーまでは5分くらい歩きます。写真のように分かりづらい案内がありますので、その道に行きます(^^;)

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

こういう道をテクテク歩きまして、入り口に着きます。入場料は50ペソ。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

中には、トイレ、シャワールーム、荷物預かり所がありまして、全部無料です。ライフジャケットを借りるスペースもありますが、現在は子供でなければ不要です。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、少し進むと、ついにその姿が現れます。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ビューポイントは2つあり、ここからの景色がこちら。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、少し右側に行くと、もう1つのビューポイントがあって、そこから景色が、いわゆるエンチャンテッドリバーの景色になります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ちなみに、この色は確かに本当なのですが、つまりは加工などがなされたものでは無いのですが、あくまでもベストの状態はということで、天気が悪いとこんな感じになります。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

キレイなんですけどね、やはりベストな状態には遠く及びません。ベストな状態を見るためには、単純に晴れていれば良いので、乾季に行くのが一番良いです。

 

ただ、着いたときには曇っていたり、雨が降っていたとしても、昼くらいになれば晴れてきたりもしますし、いっときでも太陽が出て上から光が差し込めばベストな状態を見られますから、やはり丸1日とって、ゆっくりと時間を使った方が良いと思います。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

奥が遊泳エリアになっていて、しっかりと仕切られています。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

逆から見るとこんな感じです。一番奥はこのようになっています。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ですので、結構エリアが狭いんですよね。おそらく数年前は、こんな状態ではなく、全部泳ぐことが出来たんだと思います。

 

昔の情報を見ると、ライフジャケットの着用が必須になっているのですが、この川は、特にビューポイントから見える深い部分は非常に深くて、なんと最大で100m以上になるそうなんですね。川は海と違って淡水なので、基本的に沈んでしまうので、ライフジャケット必須なのも分かります。

 

しかし現在では、写真のように浅い部分だけしか入れないのでライフジャケットが不要になります。

 

このスケールダウンが、なんとも微妙なところで、正直、訪れたときの感想は、「え?…これで全部?せま…」という感じがすると思います。加えて、ベストな状態を見られれば良いのですが、天気が悪い状態のときだと、そこまでの感動が無いと思います。

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そうなると問題になってくるのが、ここに来るのに2泊3日かかり、飛行機も含まれるということなんですね。

 

これが例えば、セブ島にあってオスロブに行く途中で行けるとか、マニラからトライシクルで20分の距離にあるとかであれば、行く価値はあると思います。

 

しかし、セブ島から飛行機を使っての往復になり、2泊して、バスの往復で約10時間かけてまで行くとなると、少し微妙な感じになっているんですね。

 

おそらく昔は、「ちょっと普通の森の中に入っていったら、信じられない美しさの川がそこにあって、心ゆくまで泳げる」という、「秘境中の秘境」みたいな魅力があったんだと思うのですが、現在は、見ての通りの小さな遊泳プールになってしまいました(^^;)

 

また、ミンダナオ島には、現状他に観光地らしい場所は無いので、ここだけ見て、セブやマニラに戻ることになります。

 

なので、日本からこれだけを求めてやってくると…期待を下回る可能性が大きいです。ですから、行くとすれば、

 

・フィリピンに留学や仕事で長期間滞在していて「国内旅行として」行ける人。
・フィリピンが大好きで、見どころを制覇する!と決めている人。

 

なのかなと思います。決して悪くは無いです。ただ…狭いです。行く際は、そこで判断してください。

 

 

■餌付けショー

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

この餌付けショーがまた…秀逸なシュールさで…(^^;)

 

12時になりますと、ショーを見る見ないに関わらず、全員川から出ないといけません。遊泳エリア側からも魚が来るのだと思います。

 

ショーが始まると、壮大な曲が流れます。「ヒーナーーートゥーーアーーーーン!!」みたいな感じの北朝鮮っぽい曲です(^^;)

 

そして2人の男が乗った小舟がスーッと進んでいき・・・ただエサを撒くとΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

これがホントに普通で、水面がバシャバシャなるくらいスゴイことになるのかと思いきや、公園の池でおじいちゃんがエサをあげているのと変わりません(^^;)

 

そしてそこに壮大な曲が流れるという・・・ある種、一見の価値があるのかもしれません。気になる方は、ぜひご自分で判断してみてください♪

 

 

■帰り方

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

帰るときは、またここに来て、ブトゥアン行きのバスを待ちます。右側から来ます。大きいバスもありますが、小さい乗り合いバスもあります。小さいバスは、ホントに詰め込まれますので、大きいバスを待っても良いのですが、時間が遅い場合、その後に大きなバスが来ないかも知れないので、念の為周囲の人に聞いてみてください。

 

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

いかがでしたでしょうか。

 

1つ、ここを訪れる良さをあげるとしますと、2019年末の段階では完全に自力で来るしか無いため、「旅らしい旅」を味わえる数少ない場所ではあります。ゴールよりも道中が楽しい感じですね。

 

まだまだ日本人で訪れる人は少ないので、気になる方は行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-セブ空港 (約5時間、セブパシフィック)

 

セブ空港-ブトゥアン空港(約1時間、セブパシフィック)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ヒナトゥアン川」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典
フィリピンの設定です。

備考

 

⇒フィリピンの関連商品

 

⇒セブ島留学の関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆

スポンサーリンク