「オスロブ」(フィリピン)

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

オスロブ

(Oslob)

場所

セブ島南部

(Central Visayas)

時差

1時間

時期

12月~5月(乾季)

 

ジンベエザメの餌付けに成功した奇跡の村で、現在、世界中から観光客が押し寄せています。

 

ツアーで手っ取り早く行くことも出来ますが、もちろん個人で行くことも可能ですので、こちらでは個人での行き方を中心にご紹介します。

 

 

■目次

☆拠点の町・最寄り空港・就航路線
☆ジンベエザメスノーケリングの申し込み方
☆セブシティからのアクセス
☆オスロブのメインストリート
☆オスロブの宿と、スノーケリングの申込み
☆ジンベエザメスノーケリング
☆帰りかた
☆備考

 

 

■拠点の町・最寄り空港・就航路線

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の町はセブシティとオスロブ。

 

セブシティは人口は約90万人で、マニラに次ぐフィリピン第2の都市です。近年では語学留学が大ブームになっていて、多くの日本人が訪れています。

 

最寄りの空港はセブ空港 (CEB)。国内外合わせて68都市に就航しています。就航路線を知りたい方はこちらからどうぞ。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらからチェックしてみてください。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

■セブシティ

Booking.com

 

オスロブは、ここ数年で一気に観光地化が進んだ町です。人口は約3万人。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

町にはたくさんの安宿やマーケット、バーベキュー屋台などがあり、伸び盛りの観光地なので、とても活気に満ちています。後ほど、詳しく記載いたします。

 

宿はこちらからチェックしてみてください。オススメの宿は後述いたします。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

■オスロブ

Booking.com

 

 

■ジンベエザメスノーケリングの申し込み方

さて、ここで大人気のジンベエザメスノーケリングの申し込み方をまとめたいと思います。基本的に下にいくほど安くなります。

 

日本からのパッケージツアーに参加

オスロブの場合、客層が若いので、あまりこれを利用する方は少ないですが、高齢の方々が添乗員さん付きのツアーで訪れます。

 

現地ツアーを日本で申し込む

これが最も多いと思います。タビナカやベルトラですよね。値段は、その時々で違いますから、チェックしてみてください。


 

現地ツアーを現地で申し込む

オスロブが初日の目的地でない場合、これで全く問題ありません。ツアー参加の場合、セブシティを朝の4~5時に出ることになります。すると前日の手配では、手配自体が間に合わなくなる可能性があります。

 

手配自体は、どの安宿でもホテルでも出来ますし、手配さえ出来れば「満席で参加できない」ということは、まず無いはずです。会社側からしたら大きな利益ですからね。補助席に載せてでも参加させたいはずです。

 

なので、「特にハイシーズンは、現地での手配は難しいので、日本で申し込むのが無難です」的な売り文句は無視して大丈夫です(^^;)

 

日本で申し込むのに比べれば、中間マージンが一段階減っていますから、その分安くなります。スノーケリングに参加するのは10~11時で、その後昼食をとって、セブシティに戻るのは夕方の5時頃になります。

 

1泊2日で、個人でオスロブまで行き、オスロブの宿で手配する

このページでご紹介する方法になります。旅慣れていない方は、どうしても不安だと思いますが、「セブ島のオスロブにジンベエザメを見に行く」のは、「沖縄の美ら海水族館にジンベエザメを見に行く」のと全く同じだと思ってください。

 

美ら海水族館に行くとしたら、とりあえず那覇に降りたてば、あとは「美ら海水族館に行きたいんですが…」と、その場その場で聞いていけば辿り着けますよね。オスロブも同じことで、「I want to go to Oslob.」さえ言っていれば間違いなく辿り着けます。

 

もちろん、ただの通行人に聞いてもダメですが、空港で、タクシー乗り場で、バスターミナルで、オスロブの町で、そういう場所で聞いていけば必ず辿り着けます。

 

個人で行くメリットは別格に安くなるということ。ツアーと同じく日帰りも可能ですが、日帰りだとすれば昼食を含めても2000ペソで大丈夫です。

 

ただ、時間が無い場合は仕方ないですが、時間があるのであれば1泊2日もオススメです。

 

ツアーの場合、上記のように、まだ暗い4時5時に出発して、ジンベエスノーケリングと昼食のみの弾丸ツアーになります。例えば交通渋滞で時間が余計にかかっている場合など、お土産を買う時間も満足になかったりします。

 

1泊2日であればノンビリとオスロブの町を楽しむ事もできますので、ぜひ選択肢に入れてみてください。

 

個人でオスロブまで行き、スノーケリングの申込みも現地まで行って自分で行う

完全に自分でやるパターンです。特に、1泊2日にしないで日帰りで訪れる場合はこうなります。もちろん1泊2日にしても全部自分でやることは可能です。旅慣れている方は、これで良いと思います。

 

ただ、完全に自分で行く場合、後述するオリエンテーションを現地で受ける必要があります。

 

 

■セブシティからのアクセス

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

出発地点は、セブシティの「サウスバス」です。セブシティには長距離バスターミナルが2つあって、1つが北部へ向かうバスが出発する「ノースバスターミナル」。もう1つが、南部へ向かうバスが出発する「サウスバスターミナル」です。

 

ハパルハパル(バイクタクシー)でもタクシーでも「サウスバス」といえば通じますから、迷うこと無くたどり着けます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

入り口はこちら。中に入るとほぼ素通りの検査機を通過します。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

通過したら、少し右奥に受付テーブルがあります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

その時々なのかもしれませんが、この時の場合、一番右側がオスロブ行きの受付になります。上のオレンジのボードに「BATO VIA OSLOB」と書いてあると思います。これが「オスロブ行き」ということです。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

エアコン付きとエアコン無しがあります。安いのでエアコン付きを選んでください。「ウィズ エアーコンディション」と言って、215ペソ(約430円)支払って、チケットのような紙をもらいます。そこに番号を書かれるのですが、この場合、32番エリアというか、32という表示があるエリアに行き、そこで816のバスに乗る、という事になります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

上に816と書いてありますよね。このような流れです。人は多く、ターミナルもとても広いのですが、システムは簡単なので心配いりません。不安であれば、スタッフらしき人にバスの番号を伝えれば「あっちだよ」と案内してくれますので、そのうちに絶対に着きます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

オスロブでは、町に着いたら自分で降りなくては行けないのですが、あらかじめバスのスタッフに伝えておくと安心です。ドライバーの他にキップを切る係の人が1人必ずいますから、その人に伝えておきましょう。オスロブまでは3~4時間です。

 

注意点として、「オスロブ、ホエールシャーク(ジンベエザメ)」といった伝え方をすると、後述するジンベエスノーケリングの入り口で降ろされる可能性がありますので、「オスロブタウン」と伝えてください。

 

 

■オスロブのメインストリート

 

上がオスロブのメインストリートであり、バスが停まる中心地になります。

 

道沿いには食事する場所が集中していて、とても便利です。バスを降りた場所にある、白いテントが並んでいるところはバーベキュー屋台。下の1枚目が昼で、2枚目が夜の状態です。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

バーベキュー屋台をセブシティ側に進んでいくと、今度は普通の屋台が並びます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

これらの少し奥には、カレンデリアという大衆食堂が並びます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして屋台から、さらにセブシティ側に進むとセブンイレブン。最強です(^^)

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

セブンイレブンの先には、パン屋、レストラン、カフェ、デザート屋と、ここに来れば満腹間違いなしです♪

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

右のgoldilocksというのがデザート屋さんで、美味しそうなケーキが並んでいます(^^) 1泊2日なら、こういうのもゆっくり楽しむことができます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

 

■オスロブの宿と、スノーケリングの申込み

 

スノーケリングする場所は、「Oslob Whale Shark Watching」という場所で、オスロブの町からは約10km離れています。

 

どの宿でも必ず手配は出来ます。料金は「スノーケリング:1000ソル(約2000円)」「ダイビング:3500ソル(約7000円)」。料金に含まれているのは下記になります。

 

  • 宿とスノーケリングエリアの往復
  • チケット購入など、現場での案内
  • チケット代

 

この場合、運転手が客のガイドという形になりまして、すでにスノーケリングについての説明はガイドからされているということになり、後述するオリエンテーションがなくなります。

 

オスロブの町のオススメの宿を1つご紹介します。安い、清潔、スタッフが良い、中心地から近い、看板があって迷わない、周辺環境が抜群、という非常に良い宿です。

 

GT Lodge-Oslob

 

まず、先程のメインストリートの、バスから降りてすぐの場所に、大きな看板が出ています。赤い四角のですね。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

表示通り小道に進むと、すぐにまた看板が出てきます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

逆から見るとこうなっていまして、この小道を入ります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして小道に入るとすぐに出てくる緑の建物が宿になります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

この近さもさることながら周辺環境が抜群です。まず、上記のメインストリートからすぐなので、食事に困ることはありませんし、「バス~宿」の移動が徒歩で大丈夫です。

 

そして、宿の前が「オスロブ公共市場」になっていて、完全に住民のための市場なので、食料から服、日用品まで何でも売っていますし、カレンデリア(大衆食堂)も入っています。非常に広いマーケットです。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、フィリピンを旅行していると、ホテルの部屋などで、とてもカラフルな「ホウキ」が置いてあることがあります。

 

女性に人気なのですが、これは完全に現地で使われるもので、「お土産」というカテゴリに属さないので、「どこで売っているのかが分からない」と諦める方もいるのですが、このマーケットで買うことができます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

小さいサイズがそもそも無いので荷物としてかさばるのですが、元々の荷物が多くない方であれば充分持って帰れますし、セブシティから日本に送ることも可能です。

 

さらに市場の左にはトライシクルのターミナルがあります。なので行きたい場所にすぐに行けます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、市場の向かいはカレンデリア(大衆食堂)になっています。ほんと最強の立地なんです(^^;)

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

加えて、シングル1部屋で700ペソ(1400円)という安さの上、なんと「テレビ」「エアコン」付きで、しかも「お湯シャワー」!!!Σ(゚∀゚ノ)ノ 神です(^^;)

 

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

扉の外側に玄関マットがあり、ドアを開けたところにフロアマットがあり、シャワールームの前にもバスマットがありますよね。これだけでも分かる通り、ホントに清潔な宿です。床もフローリング調のタイルというか。

 

また部屋の前に洗濯物を干すやつが置いてありますよね。長旅をしている人には、非常にありがたい心遣いですよね。ベッドの上にはテレビとエアコンのリモコンまで丁寧に置かれていてΣ(゚∀゚ノ)ノ 中庭もとてもキレイです。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

さらにですね、宿泊を朝食付きにすると、ここではなくて、同じ系列のビーチ沿いのホテルで朝食をとります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

目の前が海なので、とても気持ちの良い朝食を楽しめます。こちらも宿泊は可能ですが、海に面しているので少し高くなります。

 

スタッフもフレンドリーで非常に良い宿なのでオススメです。

 

Booking.com

 

他にも宿はたくさんあります。町にもありますし、スノーケリングエリアの近くにもあります。ただ、やはり町の方が安めです。

■オスロブの町の宿

Booking.com

 

■スノーケリングエリア周辺の宿

Booking.com


黄色いポインターがジンベエポイントです。

 

■ジンベエザメスノーケリング

ジンベエザメスノーケリングの入り口は、オスロブの町からバイクタクシーで10分くらいの場所にあります。入り口はひと目で分かります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

土産物屋が並ぶ小道を進んでいくとビーチに出ます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

上の写真が受付&説明所です。朝6時の段階では、もう山のように人がいます。やはり中国の方が多いですが、フィリピンの方もたくさんいます。

 

エントランス、荷物預かり、トイレ、シャワールームなど、それなりにキレイに作られています。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典
「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典 「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ここでスノーケリングの際のオリエンテーションがなされます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

要は注意事項の説明です。簡潔に言えば、

 

・ジンベエザメに近づきすぎない、触らない
・日焼け止めなど、海を汚すものを体に塗らない

 

ということになります。聞く必要があるのは、完全に個人で訪れている人だけで、ガイドがいる人は説明を聞く必要はありません。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして自分の番が来るまでビーチで待機して、いよいよ出発。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ホントにたくさんの人が来ています。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、ついにジンベエポイントに到着。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

中心で漁師たちがエサを撒いていて、その周囲にジンベエがいて、その周囲を観光客が囲むという形になります。すると、すぐ目の前に…

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

ジンベエです(*^^*) 100%会えます。そしていよいよ海の中へ。船はすでに何度もお客さんが乗っていて濡れていますので、焦って海に入ろうとすると滑ってしまう可能性がありますので、落ち着いて入水してください。

 

そして、待ちに待ったであろう光景が広がります。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

すごいですよね~(^^) スノーケリング時間は約30分。これでもか、というほどジンベエを堪能できます。

 

また、スノーケリングだけでなくダイビングもできますので、ダイバーの方はぜひやってみてください。

 

 

■帰りかた

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

帰りかたも簡単で、オスロブの町のメインストリートの、来るときにバスを降りた場所に行きます。

 

降りた場所とは反対車線の方に行くと、上の写真のバスストップがありますので、そこでバスを待ちます。

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、行きと同じエアコン付きのバスが来たら乗って、「セブ」と言えば「サウスターミナル」に着きます。

 

なぜか分かりませんが、帰りは200ペソで、行きよりも15ペソ安くなります。

 

以上になります。個人で簡単に行けますので、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-セブ空港 (約5時間、セブパシフィック)

 

セブシティ-オスロブ(バスで4時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「オスロブ」(フィリピン)詳細情報:旅の大辞典
フィリピンの設定です。

備考

 

⇒フィリピンの関連商品

 

⇒セブ島留学の関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

Booking.com



☆ページの先頭へ戻る☆

スポンサーリンク