「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー)

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

 

名称

シンピューメ・パゴダ

(Hsinbyume Pagoda)

場所

マンダレー

(Mandalay)

時差

2時間半

時期

11月~2月

(乾季・冬季)

 

シンピューメ・パゴダは、古代インドの世界観で「世界の中心にそびえる山」である「須弥山」を模して作られたパゴタです。非常に強いパワースポットであると共に、有名なインスタ映えスポットでもあります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆マンダレー空港からマンダレー市内
☆ヤンゴンからマンダレーへバスで行く
☆ヤンゴンからマンダレーへ鉄道で行く
☆マンダレー市内からシンピューメ・パゴダ
☆シンピューメ・パゴダ
☆ミングォンの見どころ
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

拠点の街はマンダレー。ヤンゴンから北に約700km離れていて、ミャンマーの中央に位置します。ヤンゴンに次ぐミャンマー第2の都市で、イギリスに植民地とされるまでの首都でもありました。人口は約90万人です。

 

正方形の「旧王宮」を中心に、碁盤の目状に道が整備されていて、王宮の北に位置するマンダレーヒルでは素晴らしい夕日を見ることができます。

 

最寄りの空港はマンダレー空港 (MDL)。国内外合わせて27都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

マンダレー中心部

Booking.com

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレー空港からマンダレー市内

■マンダレー国際空港
「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴンからは飛行機で約1時間20分。1日10便以上が運行しています。

 

マンダレーには、もう1つ「マンダレー・チャンミャタジー空港」という空港があります。これは昔使われていた空港で、現在はほとんどマンダレー国際空港に就航便が移っていますので注意してください。

 

マンダレー国際空港から市内の中心部へは約40km離れていて、空港バスかタクシーを使います。

 

エアポートミニバス

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

空港の1階に「エアコン・ミニバスサービス」というカウンターがあります。ツーリストインフォメーションの隣です。そこでチケットを購入して、建物の外に出ると青い乗り合いワゴンがありますので、それに乗車します。料金は4000チャット(約280円)です。

 

タクシー

タクシーだと、約15000チャット(約1050円)です。所要時間はどちらも約1時間です。

 

 

■ヤンゴンからマンダレーへバスで行く

■アウンミンガラー
「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

「アウンミンガラー・ハイウェイバスストップ」というターミナルから出発します。

・「JJエクスプレス」が「VIP」と「エクスプレス」という2つのクラスで運行。
・所要時間:約9時間
・料金(エクスプレス):
 1万5千~2万チャット(約1050円~1400円)
 VIPクラスは約2倍になります。
・1日4便で、朝と夕方に「VIP」と「エクスプレス」がそれぞれ1本ずつ運行。
 出発時刻はほぼ同じです。
・朝:9時発-18時着
・夕方:21時発-朝6時着

 

チケットはターミナルでも買えますし、ヤンゴン駅の近くにあるチケットオフィスでも購入できます。

 

■チケットオフィス

 

ダウンタウンからターミナルは、タクシーかバスになりまして、タクシーだと約1万チャット(約700円)。バスであれば、スーレー・パゴダの北にあるバス停から「YBSの36番」のバスに乗ってください。黄色い車体です。料金は200チャットです(約15円)。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

■マンダレーのバスターミナル
「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

マンダレーのバスターミナルは「チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション」といって、市内の中心から少し離れています。

 

市内まではタクシーで約5千チャット(約350円)、バイクタクシーで約2千チャット(約140円)です。

 

 

 

■ヤンゴンからマンダレーへ鉄道で行く

■ヤンゴン中央駅
「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴン中央駅から、マンダレー駅まで列車で行きます。アッパークラス、ミドルクラス、オーディナリークラスがあり、夕方発は寝台列車になります。

・6時発-21時着
・15時発-5時10分着
・17時発-7時45分着
・所要時間:約15時間

 

■マンダレー駅
「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレー市内からシンピューメ・パゴダ

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

シンピューメ・パゴタは、マンダレーの北西約12km地点に位置する「ミングォン(Mingun)」という地域にあります。エーヤワディー川を挟みますので、1日1往復するツーリストボートを使います。

 

■ボート乗り場
「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ボート乗り場はマンダレーの時計台から西にまっすぐ進むとありまして、約2km離れていますのでタクシーやバイクタクシーで行くと良いです。時計台からだと料金は約1000チャット(約70円)です。

 

 

■ツーリストボート
・マンダレー発:9時
・ミングォン発:12時半
・片道約50分
・料金:往復5000チャット(約350円)
・チケットはザガインでも有効です

 

ツーリストボートは1日1往復しかしませんので、ミングォンの滞在可能時間は日帰りの場合は約2時間となります。もっと長くいたい場合は、ミングォンで一泊するか、マンダレーからタクシーをチャーターして行く方法になります。ただ、ミングォンはそれほど広い場所ではありませんし、見どころも限られていますので2時間あれば充分です。

 

 

■シンピューメ・パゴダ

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

入り口には屋台や土産物屋がたくさんあります。そして少し歩くとひらかれた土地に真っ白の仏塔がそびえ立ちます。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

このパゴタは、1816年にバーヂードー王が亡くなった王妃シンピューメのために建てられました。別名を「ミャティンダンパゴダ(Mya Thein Tan Pagoda)」と言います。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

モチーフとされているのは「須弥山(しゅみせん)」。古代インドの世界観の中で、世界の中心にそびえる山のことです。ウィキペディアに分かりやすい画像がありましたので引用させていただきました。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典
出典:ウィキペディア「須弥山」

 

須弥山の周囲は7つの輪に囲まれているのが分かりますが、シンピューメ・パゴタも、まず7段の見事な回廊が作られています。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

そして、回廊を登ると広い空間になります。

 

 

そして、中央の仏塔こそが須弥山、世界の中心です。すごいパワースポットということですね。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

たくさんの仏像も彫られています。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

登ることが出来まして、ここからの景色は絶景です。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

中には仏像が安置されています。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

ミャンマー屈指のインスタ映えスポットなので、女性にも人気です。

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典

 

美しすぎる「世界の中心」にぜひ行ってみてください♪

 

 

■ミングォンの見どころ

ミングォン・パトドージー・パゴダ

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

高さ約50mの巨大パゴタなのですが、正しくは「建設が途中で断念された巨大パゴタの台座部分」になります。

 

1790年から建造が開始されたものの、資金不足などの理由から建造が止まってしまい、そのままの状態になっています。現在の高さは、当初の予定の3分の1でしかないそうで、完成していれば高さ約150mの超巨大パゴタになっていたそうです。

 

ミングォン・ベル

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

世界で3番目に大きな鐘だそうです。重さは約90トンとのこと。一応、ミングォンの見どころの1つとして有名です。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヤンゴン空港(約8時間、全日空)

 

ヤンゴン-マンダレー空港(約1時間20分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「シンピューメ・パゴダ」(ミャンマー):旅の大辞典
ミャンマーの設定です。

備考

 

⇒ミャンマーの関連商品

 

マンダレー中心部

Booking.com

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセス

Powered by 12Go Asia system

 


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆