「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

 

名称

ウーベイン橋

(U Bein Bridge)

場所

マンダレー

(Mandalay)

時差

2時間半

時期

11月~2月

(乾季・冬季)

 

ウーベイン橋は、世界最長の木造橋で、フォトジェニックな姿と美しい夕日が有名です。マンダレーからすぐに行ける場所なので、多くの観光客が訪れます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

☆拠点の街・最寄り空港・就航路線
☆マンダレー空港からマンダレー市内
☆ヤンゴンからマンダレーへバスで行く
☆ヤンゴンからマンダレーへ鉄道で行く
☆マンダレー市内からウーベイン橋
☆ウーベイン橋
☆マンダレーの見どころ
☆備考

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

拠点の街はマンダレー。ヤンゴンから北に約700km離れていて、ミャンマーの中央に位置します。ヤンゴンに次ぐミャンマー第2の都市で、イギリスに植民地とされるまでの首都でもありました。人口は約90万人です。

 

正方形の「旧王宮」を中心に、碁盤の目状に道が整備されていて、王宮の北に位置するマンダレーヒルでは素晴らしい夕日を見ることができます。

 

最寄りの空港はマンダレー空港 (MDL)。国内外合わせて27都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

マンダレー中心部

Booking.com

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレー空港からマンダレー市内

■マンダレー国際空港
「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴンからは飛行機で約1時間20分。1日10便以上が運行しています。

 

マンダレーには、もう1つ「マンダレー・チャンミャタジー空港」という空港があります。これは昔使われていた空港で、現在はほとんどマンダレー国際空港に就航便が移っていますので注意してください。

 

マンダレー国際空港から市内の中心部へは約40km離れていて、空港バスかタクシーを使います。

 

エアポートミニバス

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

空港の1階に「エアコン・ミニバスサービス」というカウンターがあります。ツーリストインフォメーションの隣です。そこでチケットを購入して、建物の外に出ると青い乗り合いワゴンがありますので、それに乗車します。料金は4000チャット(約280円)です。

 

タクシー

タクシーだと、約15000チャット(約1050円)です。所要時間はどちらも約1時間です。

 

 

■ヤンゴンからマンダレーへバスで行く

■アウンミンガラー
「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

「アウンミンガラー・ハイウェイバスストップ」というターミナルから出発します。

・「JJエクスプレス」が「VIP」と「エクスプレス」という2つのクラスで運行。
・所要時間:約9時間
・料金(エクスプレス):
 1万5千~2万チャット(約1050円~1400円)
 VIPクラスは約2倍になります。
・1日4便で、朝と夕方に「VIP」と「エクスプレス」がそれぞれ1本ずつ運行。
 出発時刻はほぼ同じです。
・朝:9時発-18時着
・夕方:21時発-朝6時着

 

チケットはターミナルでも買えますし、ヤンゴン駅の近くにあるチケットオフィスでも購入できます。

 

■チケットオフィス

 

ダウンタウンからターミナルは、タクシーかバスになりまして、タクシーだと約1万チャット(約700円)。バスであれば、スーレー・パゴダの北にあるバス停から「YBSの36番」のバスに乗ってください。黄色い車体です。料金は200チャットです(約15円)。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

■マンダレーのバスターミナル
「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

マンダレーのバスターミナルは「チャンミャシュエピー・ハイウェイ・バスステーション」といって、市内の中心から少し離れています。

 

市内まではタクシーで約5千チャット(約350円)、バイクタクシーで約2千チャット(約140円)です。

 

 

 

■ヤンゴンからマンダレーへ鉄道で行く

■ヤンゴン中央駅
「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴン中央駅から、マンダレー駅まで列車で行きます。アッパークラス、ミドルクラス、オーディナリークラスがあり、夕方発は寝台列車になります。

・6時発-21時着
・15時発-5時10分着
・17時発-7時45分着
・所要時間:約15時間

 

■マンダレー駅
「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセスはネットで一括検索できます。または、こちらの「ミャンマー・トレインチケット」からも可能です。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■マンダレー市内からウーベイン橋

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ウーベイン橋は、マンダレーの中心部から南に約11km離れた「タウンタマン湖」に架かる橋で、アクセスはタクシー、バイクタクシー、乗り合いワゴン、自転車レンタルのどれかです。

 

 

乗り合いワゴン以外の方法

タクシーだと往復で約15000チャット(約1050円)。片道約30分です。バイクタクシーは時間は同じくらいで、料金は半額を目安にしてください。

 

自転車レンタルは安いですが、片道約2時間半になりますので、夕日を見るのであればオススメできません。帰る頃には周囲が真っ暗になるからです。ミャンマーの田舎には野犬も多いので、ぜひ慎重に判断してください。

 

そして、乗り合いワゴンは少々複雑なので、旅慣れた方以外にはオススメできませんが一応ご紹介します。

 

乗り合いワゴンで行く方法

■マンダレーの出発位置

 

「ピックアップ」と呼ばれる乗り合いワゴンが「30番通り」と「84番通り」の交差点から出発します。

 

明確なターミナルなどがあるわけではなく、乗り合いワゴンが並んでいるだけですので、どれがウーベイン橋行きなのか周囲の人に聞いてみてください。写真を見せた方が伝わると思います。

 

■ルートと降車位置

 

降車位置は地図上の「Ya Da Nar Gu」というバス停です。ドライバーには念の為こちらの写真を見せてみてください。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

ここから橋へは徒歩になりますが、バイクタクシーなどがいたら乗っても良いと思います。

 

■降車位置からウーベイン橋

 

また、逆サイドには「ヤダナボン大学」がありまして、こちらに向かう乗り合いワゴンもあるようです。その場合、「ヤダナボン大学」で降車して、ウーベイン橋まで徒歩になります。

 

■ルートと降車位置

 

■降車位置からウーベイン橋

 

 

■ウーベイン橋

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

橋の入口から橋までは、屋台や土産物屋がたくさんならんでいますので食事の心配はありません。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

橋の長さは1200m。木造橋としては世界一の長さになります。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

ミャンマーは日差しが強いですが、100mおきくらいで休憩所が設置されていますので、水分補給をしつつ日射病に気をつけて進んでください。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

木造な上に、遠目には幅が狭く見えるので、すぐに倒れてしまいそうな気がしますが、実際にはかなり頑丈に造られていて安定感があります。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

お坊さんも多く訪れていて、記念写真を撮影したりしています。そして、ハイライトはやはり夕日です。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

この橋は、1849年にパガン王が王都をインワからアマラプラに移す際に造られました。旧王宮の造営の際に使われなかった「チーク材」と呼ばれる高級木材が使用されています。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

橋脚の数は1086本。大体1mおきに橋脚が組まれていることになります。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

橋は片道を歩き終えるのに約30分かかりますので、現地では1時間~1時間半をみておくとノンビリ満喫することができます。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

 

湖はボートツアーが出ていて、ボート1台が15000チャット(約1050円)です。橋の上から見る夕日ももちろん素晴らしいですが、やはりウーベイン橋は、夕日によって浮かび上がる独特で華奢なシルエットが唯一無二なので、ぜひここではボートツアーを検討してみてください。仮に1人で参加することになっても、日本で考えれば安いものですからね(^^)

 

 

いかがでしたでしょうか。世界最長の木造橋。入場料などはありませんので、ぜひ行ってみてください♪

 

 

■マンダレーの見どころ

マンダレー王宮

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ミャンマー最後の王朝である「コンバウン朝」の王宮です。正方形で1辺が2.5kmもあります。そして、入り口は東の橋だけなので注意してください。

 

1857年に建造されたものの、1885年にはミャンマーがイギリスの統治下に入ったため28年間しか使われず、さらに戦争中に日本軍が占領し全焼してしまいました。現在の王宮は1990年に復元されたものです。高さ24mの見張り塔からは王宮の全景を見渡すことが出来ます。

・拝観時間:8時~17時
・入場料:1万チャット(約700円)

 

マンダレーヒル

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

街の北側にある高さ230mほどの丘で、マンダレーの街を一望することができ、美しい夕日が見られる人気スポットです。中心部からは約6kmで、タクシーで頂上まで行くことができます。

・営業時間:6時~21時
・入場料:1000チャット(約70円)

 

マハムニダ・パゴダ

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

ミャンマーではヤンゴンの「シュエダゴン・パゴダ」に次いで2番目に重要で神聖なパゴタとされています。ちなみに、3番目はキンプンにあるゴールデン・ロック(チャイティーヨー・パゴタ)です。

 

「マハムニ仏」と呼ばれる仏像が、この寺院を特別神聖なものにしていて、「マハムニ仏」とは「大賢者」という意味だそうです。

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典

・拝観時間;4時半~21時
・入場料:無料
・写真:1000チャット(約80円)

 

シュエナンドー僧院

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

クトードー・パゴタを造ったミンドン王の居住地です。寺院全体が「チーク材」という高級木材で造られていて、無数の美しい彫刻も相まって、非常に見応えのある建物となっています。

・拝観時間:8時~20時
・入場料:1万チャット(約700円)

 

クトードー・パゴタ
「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

サンダムニ・パヤーに隣接するパゴタで、サンダムニ・パヤーに非常に似ています。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。行き方などの解説は同じです。

 

サンダムニ・パヤー

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

クトードー・パゴタに隣接するパゴタで、クトードー・パゴタを超える1774の白亜の仏塔が建てられています。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。行き方などの解説は同じです。

 

ゼージョー市場

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

完全に地元の人のための市場で、非常に活気があって何でも買えます。最近では観光客が訪れることも増えて、お土産なども売っています。

 

シンピューメ・パゴダ

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典 

 

非常に美しい白亜の仏塔で、マンダレーの北東約15kmに位置します。別名「ミャーテイタン・パゴダ」。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヤンゴン空港(約8時間、全日空)

 

ヤンゴン-マンダレー空港(約1時間20分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ウーベイン橋」(ミャンマー):旅の大辞典
ミャンマーの設定です。

備考

 

⇒ミャンマーの関連商品

 

マンダレー中心部

Booking.com

 

ヤンゴンからマンダレーへのアクセス

Powered by 12Go Asia system

 


スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆