「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

名称

ブッダパーク

(Buddha park)

場所

ヴィエンチャン

(Vientiane)

時差

2時間

時期

11月~2月

 

ブッダパークは、ビエンチャン郊外にあり、仏教とヒンドゥー教の宗教観が混在したカオスな空間です。200体もの彫像は全てコンクリートで造られていて、独特の廃墟感も人気です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

最寄りの街はヴィエンチャン。メコン川沿いに広がるラオスの首都で、対岸はタイになります。仏教寺院が多く集まるほか、外国人観光客用のゲストハウスも多いです。人口は約70万人。

 

最寄りの空港はヴィエンチャン空港(VTE)。国内外合わせて24都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ヴィエンチャン
Booking.com

 

バンコクからヴィエンチャンへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■ノーンカーイからヴィエンチャンへのアクセス

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

タイの国境沿いの町であるノーンカーイからラオスへは「タイ-ラオス友好橋」を通って国境超えをします。方法は3種類ありまして、それぞれご説明します。ノーンカーイまでの行き方は、こちらからご覧ください。

 

国際バスに乗る

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ノーンカーイのバスターミナルからヴィエンチャンまでの国際バスが出ています。一番ポピュラーな方法になります。料金は55バーツです。

 

 

こちらがイミグレーションオフィスで、非常にスムースに通関できます。

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

メコン川は雄大な大河なので一見の価値があります。そしてラオス側に到着しましたら入国手続きをします。

 

■ラオス側の税関
「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ここで電子カードを購入するのですが、平日の通常時間帯とそれ以外では10倍以上値段が変わりますので注意してください。

・月~金の8時~16時:5バーツ
・月~金の6時~8時、16時~22時:50バーツ
・土日祝の全時間帯:50バーツ

 

入国手続を終えたら自分が乗ってきたバスに乗車し、そのままヴィエンチャンの「タラートサオ・バスターミナル」まで行ってくれます。「中央バスターミナル」ともいい「Central Bus Station」で「CBS」とも呼ばれます。

 

■タラートサオ・バスターミナル
「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ターミナルの周辺にはたくさんの安宿がありますので、歩いて行ける場所の宿を予約しておくと便利です。

 

国境シャトルバスに乗る

 

ピンが少しずれているのですが、この交差点にバス停がありまして、チケットオフィスもありますので行けば分かります。料金は通常時間帯であれば15バーツ、時間外は20バーツです。

 

国境シャトルバスは、橋を超えてラオス側の税関に行くまでのバスですので、ラオスの税関からヴィエンチャン市内まではバス、タクシー、トゥクトゥクのどれかを使います。路線バスはベルを押せば、どこでも降りることができます。

1. タクシー:約300バーツ
2. トゥクトゥク:約200バーツ
3. バス(中央バスターミナルまで):25バーツ

 

■ラオス側の税関から中央バスターミナル

 

鉄道で行く
■ノーンカーイ駅

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ノーンカーイ駅からラオス側のタナレーン駅へ、国境直通列車が1日2往復しています。所要時間は約15分。料金は20バーツです。

 

■タナレーン駅
「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ノーンカーイからビエンチャンへのアクセスはネットで一括検索できます。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

■ブッダパークへのアクセス

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ブッダパークは、ヴィエンチャン中心部から南東に約25km離れた場所にあります。タイとラオスをつなぐ友好橋からは、タイから見て東に約7kmです。

 

上記の「中央バスターミナル」から「14番」のバスに乗るのが一般的で、所要時間は約1時間、料金は8000キープ(約100円)です。

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

タクシーだと約30分で、料金は約15万キープ(約1800円)。トゥクトゥクだと約10万キープ(約1200円)です。

 

 

また、友好橋からだとタクシーで約15分です。

 

 

 

■ブッダパーク

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

正式名称は「ワット・シェンクアン(Wat Xieng Khuan)」。1958年にタイのブンルア・スリーラット氏によって造られました。「シェンクアン」とは「スピリットシティ」という意味で、仏教とヒンドゥー教を融合した宗教観がベースとなっています。

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

園内には大小200体の彫像があり全てコンクリートで造られています。そのため、わずか数十年しかたっていないにも関わらず独特の廃墟感が漂っており見る人を惹きつけます。

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

一番の見どころとされているのが、こちらの「パンプキンツリー」。高さ3mの鬼の頭が入り口となっている3階構造の建物で、内部は「地下:地獄界」「1階:地上界」「2階:天上界」というテーマで造られています。

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

屋上まで登ることができ、公園を一望できます。園内は一応66箇所のビューポイントが設定されていますが、特に何か表示があるわけでもないので、各自が思い思いに楽しむ空間になっています。

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

2番目の見どころが、こちらの涅槃仏。全長40mと巨大ですが、横から見ると薄くて何とも微妙なバランスです(^^;)

 

涅槃仏といえばミャンマーがスゴいです。世界最大の183mの寝釈迦仏を始め巨大な寝仏がたくさんありますので必見です。こちらのページから見てみてください。

 

■世界最大の寝釈迦仏(183m)
「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

ブンルア・スリーラット氏はラオスからタイに逃げたことがあり、ノーンカーイの町でも「ワット・ケーク(サラケオク)」という同じ雰囲気の公園を造っています。

 

■ワット・ケーク(Wat khaek)
「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

ブッダパークの営業時間は8時~17時。料金は15000キープ(約180円)です。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■ビエンチャン周辺の見どころ

パトゥーサイ(凱旋門)

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

「パトゥ」は「門」「サイ」は「勝利」という意味で、1960年代に戦没者の慰霊碑として建設されました。パリの凱旋門を模して造られていて、8時から17時であれば内部から上に上がることができ、ビエンチャン市内を一望できます。

ワット・シーサケット

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

1818年に建造された寺院で、建立当初の様式を保っている寺院としてはヴィエンチャン最古になります。本堂と回廊を合わせると6840体もの仏像が安置されています。

 

ワット・シームアン

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

14世紀に建造された寺院で、ヴィエンチャンでは最も参拝客が多いそうです。人身御供となった妊婦の伝説が残されていて、願いが叶う寺として女性から特に人気があります。

 

タート・ルアン
「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

ラオスの国章にも描かれている寺院で、ラオスのシンボルです。 こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

バンビエン

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典 

 

中国の桂林や、ベトナムのタムコックのようなカルスト地帯です。ノンビリしたラオスの真骨頂という雰囲気です。

 

バンファイ・パヤナーク

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

ノーンカーイのメコン川沿いで見られる神秘の「火の玉現象」です。こちらのページで特集しておりますので、ご覧ください。タイの見どころとして特集しておりますが、もちろんラオス側からでも見ることができます。

 

 

ヴィエンチャンには日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-バンコク空港(約7時間、エアアジア)

 

バンコク空港-ヴィエンチャン空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ブッダパーク」(ラオス):旅の大辞典
ラオスの設定です。

備考

 

⇒ラオスの関連商品

 

ヴィエンチャン
Booking.com

バンコクからビエンチャンへのアクセス
Powered by 12Go Asia system
ノーンカーイからビエンチャンへのアクセス
Powered by 12Go Asia system
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆