「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

エローラ石窟群

(Ellora caves)

場所

インド

(India)

時差

-3時間半

(サマータイム無し)

時期

11月~5月

(乾季)

 

エローラ石窟群は、世界で唯一の「3宗教が混在する石窟寺院」で、アジャンター石窟群、エレファンタ石窟群と共にインド三大石窟の一つに数えられています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はオーランガバード(アウランガバード)。デカン高原にある都市で、1610年頃に成立しました。ムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブが自分の名前を与えた街です。人口は約140万人。

 

最寄りの空港はオーランガバード空港(IXU)。国内の5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

オーランガバード
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から西に約10km離れています。市内への移動方法はタクシーになりまして、所要時間は約20分、料金は400ルピーです。

 

 

■ムンバイからエローラ石窟群へのアクセス

■ダダ―駅
 

 

ムンバイのダダー駅からオーランガバード駅への直通列車が出ています。直通バスも頻繁にあるのですが、10時間以上かかるので電車で良いと思います。

・1日4本程度
・所要時間:約6時間半
・料金:630~915ルピー

 

■オーランガバード駅
 

 

オーランガバードに着いたら、駅やバススタンドから「8番」のバスでエローラ石窟群へ行けます。

 

■セントラル・バス・スタンド
 

・5時~22時
・1時間に1本程度
・所要時間:約1時間

 

 

■エローラ石窟群の概要

 

 

3宗教が混在するエローラ石窟群は、西ガーツ山脈の南西の岩盤に造営されています。この一帯は火山活動で形成された玄武岩が広がっていて石窟に適した場所でした。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

東の石窟が最も古く、西に行くほどに新しくなります。同時に東から西に向かって、仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教という順番になっています。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:http://www.themeadowsresort.com ※拡大できます

 

この地図は上が南で下が北になっています。拡大するとかなり大きくなりまして、各石窟に番号がふられているので分かりやすいです。約2kmに渡り100以上の石窟が確認されていますが、観光客に公開されているのは34窟。

 

1~12窟が仏教、13~29窟がヒンドゥー教、30~34窟がジャイナ教です。ただ、石窟の切れ目で見ると1~16窟、17~28窟、川を挟んで29窟、30~34窟というまとまりになっています。

・日の出~日没まで
・料金:500ルピー

 

 

■1~12窟(仏教石窟)

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

仏教石窟は5世紀から8世紀の間に造営されました。大きく2つの石窟形式があり、1つ目は僧院として使われていた「ヴィハーラ窟」です。

 

■ヴィハーラ窟
「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

第10窟以外は全てヴィハーラ窟で、中には礼拝堂・寝室・台所など僧たちが修行し暮らすための設備がありました。そして2つ目は仏様の聖なる空間である「チャイティヤ窟」です。

 

■チャイティヤ窟
「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

写真はエローラ石窟群を代表する「第10窟」で「ヴィシュヴァカルマ窟」と呼ばれています。日本語にすると「大工の石窟」だそうです。650年頃に造られた礼拝堂で、奥には約4.5mの仏塔が建てられています。

 

 

 

■13~29窟(ヒンドゥー教石窟)

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ヒンドゥー教の石窟は7~8世紀にかけて造られました。最大の見どころは、エローラ石窟群の象徴でもある第16窟「カイラーサナータ寺院(Kailasanatha Temple)」です。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

奥行き81m、幅46m、高さ33mという巨大な石窟で、756年から100年以上かけて造られました。アンコール・ワット(カンボジア)やボロブドゥール(インドネシア)と同じで、シヴァ神が棲むとされるチベットのカイラス山(須弥山)をイメージしているとされています。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

マハーバーラタとラーマーヤナを題材にしたレリーフも必見です。

 

 

第15窟の「ダシャヴァタラ窟(The Dashavatara)」も有名です。

 

 

中央の四角い神殿を2階建ての石窟が囲んでいて、その2階には素晴らしい彫刻が刻まれています。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

第29窟の「デゥマル・レーナ窟(Dhumar Lena)」はとても大規模な石窟です。

 

 

これが日本の平安時代に造られたものだと思うと驚きです。中には様々な像・彫刻・リンガなどが残されています。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■30~34窟(ジャイナ教石窟)

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ジャイナ教の石窟は9~10世紀にかけて造られました。他の石窟から距離があるので、専用のシャトルバスが出ています。3つの宗教の中では最も小規模な石窟群ですが、ジャイナ教特有の美しい彫刻を見ることができます。

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

第32窟は第16窟と似た構造になっているので「チョーター・カイラーサナータ(小カイラーサナータ)」と呼ばれています。中にある「獅子に乗る女神」が有名です。第33窟と第34窟はつながっていて、天上の鮮やかな壁画などを見ることができます。

 

 

以上になります。周辺には「ダウラターバード要塞」という名所もありますので、時間がある人にはオススメです。

 

■ダウラターバード要塞

 

エローラ石窟群は日本語で予約出来る現地ツアーもあり、1日でアジャンター石窟群とセットで周るのが定番です。ムンバイ発とオーランガバード発があって、オーランガバード発の方が安いですが、そこまでの往復を考えると同じかなとも思います。詳細は下記からご覧ください。

 

■ムンバイ発

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

■オーランガバード発

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-デリー空港(約9時間半)

 

デリー空港-オーランガバード空港(約2時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「エローラ石窟群」徹底ガイド:旅の大辞典
インドの設定です。

備考

 

⇒インドのガイドブック

 

⇒ヒンディー語関連書籍

 

⇒インド料理

 

オーランガバード
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆