「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ロハガード・フォート

(Lohagad Fort)

場所

インド

(India)

時差

-3時間半

(サマータイム無し)

時期

11月~5月

(乾季)

 

ロハガード・フォートは、日本ではほとんど知られていませんが「天空の城ラピュタ」の世界観が広がる素晴らしい要塞です。ムンバイから電車でアクセスしますが、ツアーも出ています。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はムンバイ。英語ではボンベイと呼ばれます。インド第2の都市で、紀元前からの歴史が残る古都です。インド映画産業の中心地なため、ハリウッドをもじってボリウッドと称されます。人口は約2130万人。

 

最寄りの空港はチャトラパティ・シヴァージー国際空港(BOM)。国内外合わせて約100都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ムンバイ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北に約35km離れています。国内線ターミナルは旧名である「サンタクルズ空港」とも呼ばれていて、国際線ターミナルとは無料のシャトルバスでつながっています。市内への移動方法はタクシーか空港送迎になります。

 

タクシーで行く

・24時間営業
・エリアごとの定額・前払い制
・エアコン付きは100ルピー加算
・所要時間:中心部まで1~2時間
・料金:500ルピーから

 

空港送迎で行く

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はリンクからご覧ください。

 

 

■ロハガード・フォートへのアクセス

■ダダ―駅
 

 

まだまだメジャーな観光地ではないため、ムンバイから行くときはアクセスが大変なのでツアー参加がオススメですが、一応公共交通機関での行き方もご紹介します。

 

ルート全体は下のようになりまして、移動距離は約100kmです。まずはムンバイの「ダダー駅」などから「プネ」行きの急行列車に乗り「ロナバラ駅」で下車します。

 

 

ロナバラ駅は上の地図だと右下に○は表示されているんですが、全体のサイズの関係で名前は出てないみたいです。一度「―」ボタンを押していただくと「Lonavala」と表示されると思います。

 

ロナバラ駅で下車したら「プネ」行きの各駅停車に乗り換えて「マラヴリ駅(Malavli)」で下車します。駅からロハガード・フォートまでは約5kmで、オートリクシャーなどで約10分です。一旦、麓のロハガード村によるのもありです。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■ロハガード・フォート

 

 

「鉄の砦」という意味の要塞で、17世紀にはすでに今の姿になっていました。標高1033m地点にあり、山がまるごと要塞になっているという感じです。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.justdial.com

 

非常に規模が大きいので観光は半日は必要です。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ルートは決まっていて、まずは階段を上り正面入口を目指します。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

結構体力がいりますので、荷物などは極力少なくしていってください。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが入口です。見るからに堅固な門です。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

スゴいトゲ?がついていますΣ(゚∀゚ノ)ノ ちなみに、サルがたくさんいます。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ムンバイの気候だけを考えるとベストシーズンは乾季の11月~5月なんですが、ロハガード・フォートのベストシーズンは雨季明けの10月~11月です。次の2つの写真を見ていただくとよく分かります。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://carefultraveler.blog

 

雨季には青々とした植物が生い茂り、あたかもラピュタのような世界観になります。ところが乾季だと草が枯れてしまって「ラピュタ感」が無くなってしまうんですね。しかし、雨が降ったら旅行自体が大変なので、雨季が明ける頃が最適だと思います。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周辺の景色はどこを見渡しても絶景です。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

南側にはポーナ湖が広がります。標高が高い山岳地帯なので、そもそもインドっぽさが薄い場所なのですが、この湖があることでもはやニュージーランドのような景色になっています。

 

 

インドの山岳地帯といえばラダックが有名ですが、ここは更に違った姿を見せてくれる穴場なのでオススメです。砲台なども野ざらしの状態でそのまま残っているので、本当にラピュタです。

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典 「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。あまり知られていない場所ですが、ムンバイまで行く際にはぜひ足を伸ばしてみてください。

 

ムンバイも見どころが多いです。現地ツアーの詳細はこちらからご覧ください。

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-デリー空港(約9時間半)

 

デリー空港-ヴァドダラ空港(約2時間15分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ロハガード・フォート」徹底ガイド:旅の大辞典
インドの設定です。

備考

 

⇒インドのガイドブック

 

⇒ヒンディー語関連書籍

 

⇒インド料理

 

ムンバイ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆