「チベット自治区③チベット3大聖湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

チベット3大聖湖

場所

チベット自治区

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

 

チベット自治区は昔から旅行者の憧れの地として知られてきました。2006年にチベット鉄道が開通したことで格段にアクセスが簡単になり、より多くの人が訪れるようになりました。当サイトでは3ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「チベット3大聖湖」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ナムツォ

 

 

「天の湖」という意味で、東西に約70km、南北に約30km、中国で2番目に大きな塩湖であり、チベット自治区で最大の湖です。標高は4718mΣ(゚∀゚ノ)ノ 塩湖としては世界一の標高です。

 

どこまでも続く草原と、後ろにそびえるニェンチェンタンラ山脈、そしてそこで放牧されているヤクや羊が、素晴らしくチベット的な景観になっています。

 

 

湖には五智如来の化身とされる5つの島があります。伝説によれば、未年(ひつじどし)になると仏様や菩薩様がナムツォに集まってくるため、このときに湖を周ってお経を読むと、普段の十万倍以上もご利益があるそうですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

アクセスは、下記も同様ですが、チベットで個人の自由旅行は出来ないので全てツアーを手配して行くことになります。

 

 

■ヤムドク湖

 

 

「トルコ石の湖」という意味で、名前のとおり美しいターコイズブルーに輝く湖です。標高は4441mで、カナディアンロッキーやニュージーランドの湖と雰囲気が似ています。面積は琵琶湖より少し小さいくらいです。

 

 

この湖にも伝説が残っています。

~その昔、毎日湖で体を洗っている娘がいました。すると村の領主の男が娘を気に入って無理やり家に連れ帰ろうとします。それを見ていた天女は男を数珠で打ち付けますが、男が娘を放さなかったため2人とも湖に落ちてしまいます。すると翌日、娘は鳥の姿になって湖から飛び出してきました。以降、この湖には常に鳥が舞って水浴びをしています~

 

 

■マーナサローワル湖

 

 

ラサからは約2000km離れていますので、正直訪れるのは難しい場所です(^^;) とはいえスゴい場所で、ジャイナ教、ヒンドゥー教、仏教、ボン教という4つの宗教の聖地になっています。

 

サンスクリット語で「マーナサ」が「心の」を意味し「サローワラ」が「湖」を意味します。世界で最も高所にある湖の1つです。標高は4590mです。

 

 

 

■パンゴン湖(おまけ)

 

 

アジア最大の汽水湖で、チベット自治区とインドのラダックの中印国境に位置しています。東西は150kmに及んでいますが、南北は2~5kmで、最も狭い場所は5mほどしかありません。

 

 

3分の1がインド側で基本的に塩湖です。3分の2がチベット側で基本的に淡水湖です。インド側はラダックの「レー」という町でツアーを手配することでアクセス出来ます(原則2人から)。

 

所要時間は車で片道約5時間です(^^;) 途中で標高約5300m地点を通過するので高山病に注意してください。ただ、レーには飛行機で行けますから実は行こうと思えばすぐに行ける場所でもあります。

 

 

以上になります。3ページに渡りチベットをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだ見ていないページがありましたら下記からご覧ください。

 

チベット関連のツアーは中国各地から出ています。詳細はこちらからご覧ください。

「チベット自治区③チベット3大聖湖」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-北京空港(約4時間)

 

北京空港-ラサ空港(約4時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「チベット自治区③チベット3大聖湖」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

ラサ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆