「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

雨岔大峡谷と龍洲波浪谷

場所

陝西省

(Shaanxi)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

春~秋

 

雨岔大峡谷と龍洲波浪谷は、2017年に発見されたばかりの場所で、その光景は「中国のグランドサークル」と称されます。特に「中国のアンテロープキャニオン」と呼ばれる「雨岔大峡谷」は必見です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は西安市と延安市です。

 

西安市は陝西省の省都で、歴史の授業で必ず出てくる「唐の都・長安」だった場所です。「副省級市」という「省」と同ランクの重要な市で、大きな自治権が与えられています。人口は約1000万人。

 

最寄りの空港は西安咸陽国際空港(XIY)。国内外合わせて約150都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスなどは、こちらのページからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

西安市
Booking.com

 

延安市は、1937年から1947年まで共産党の中央委員会が置かれた場所で、その間に毛沢東政権が樹立したことで「共産革命の聖地」と呼ばれています。人口は約210万人。

 

 

 

最寄りの空港は延安空港(ENY)。国内の6都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

延安市
Booking.com

 

 

■延安空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から北東に約12km離れています。移動方法はタクシーで、所要時間は約10分、料金は約20元です。

 

 

■雨岔大峡谷

 

 

「中国のアンテロープキャニオン」こと雨岔(うた/うちゃ)大峡谷は、延安市の甘泉県にあります。まだまだ観光地としては整備されていない場所で、現地ツアーに申し込むか、タクシーチャーターになります。

 

 

ただ、高速を使って片道約2時間かかりますし、大自然が相手なのでタクシーよりはツアーの方がオススメです。

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

未舗装の道を通って峡谷に到着です。

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

峡谷の底は水が溜まっていることが多いので長靴を履いていきます。

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典 「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アメリカのアンテロープキャニオンに行ったことがある方は「いやいや、あんな場所が他にあるわけが無い」と思うと思います。しかし、見てのとおり非常にレベルが高く、かなりアメリカのそれに近いですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典 「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アメリカと比べると、峡谷の深さが浅いので差し込む光が広範囲になっている感じがあります。アメリカは深いので一点に集中します。

 

■アンテロープキャニオン
「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ただ、アメリカは上から砂が降ってくることがあり最悪カメラが壊れてしまうこともありますが、ここではそれはありません。そして波打つ曲線は同じレベルです。

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「樺樹溝」「龍巴溝」「牡丹溝」「花豹盆」という4つのエリアに分かれていて、ツアーガイドが行き先を決めます。というのは、アンテロープキャニオンも同様ですが、この渓谷は水が造り上げたものです。数億年前に地震で大地に亀裂が入り、そこに水が流れ込んで流線型の岩壁になっていきました。

 

すなわち今でも天候と状況によっては水が流れてくることがあるわけで、ときにそれは「鉄砲水」となって観光客を襲います。ですので、この意味でも雨岔大峡谷はツアー参加が望ましいと思います。

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典 「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■龍洲波浪谷

 

 

雨岔大峡谷からは結構離れた場所にあるのですが、この辺りは全体が秘境なのでツアーで合わせて訪れるのが一般的です。こちらは「中国のザ・ウェーブ(THE WAVE)」と称される場所です。

 

■THE WAVE(アメリカ)
「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

実際はどんな感じなのか。まずは、この動画をご覧ください。

 

 

スゴいですよねΣ(゚∀゚ノ)ノ ただ「THE WAVE」とまではいかないかなと思います。あそこは別格ですので(^^;) でも、アメリカのグランドサークルや、オーストラリアのノーザンテリトリーの岩系大自然と比較して遜色ないレベルであることは確かです。

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ここは陝西省最大規模の「丹霞地貌」になります。「丹霞地貌」というのは中国南部の特徴的な地形で、「丹」は「赤・朱色」を、「霞」は「夕焼けで空が赤く染まる状態」を意味します。赤い堆積岩が隆起してできた切り立った崖などが特徴です。景観はカルスト地形と似ていますが、石灰岩ではないため「カルスト地形もどき」とも呼ばれるそうです。

 

最も有名なものに甘粛省の「張掖丹霞地貌」があります。詳細は写真のリンクからご覧ください。

 

■張掖丹霞地貌
「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。2017年に発見されたばかりの「中国のグランドサークル」。ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-西安空港(約5時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「雨岔大峡谷と龍洲波浪谷」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

西安市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆