「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

峨嵋山

場所

四川省

(Shanxi)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

春~夏

 

峨嵋山は、日本ではあまり知られていませんが中国の観光地等級で最高の「全国AAAAAレベル(5Aレベル)」に指定されている絶景で、楽山大仏と合わせて訪れるのが一般的です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は成都。四川省の省都であり「副省級市」という「省」と同ランクの重要な市で、大きな自治権が与えられています。あまり中華の戦乱の影響を受けなかったため豊かに発展し「天府の国」と称されます。人口は約1600万人。

 

最寄りの空港は成都空港(CTU)。国内外合わせて約170都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスなどは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

成都
Booking.com

 

 

■峨嵋山へのアクセス

・赤:峨眉山旅游バスターミナル(観光の起点)
・青:峨眉山城北バスターミナル
・紫:楽山肖壩バスターミナル
・黒:楽山バスセンター

 

峨嵋山には2つのバスターミナルがあり、それぞれが成都のバスターミナルや、楽山の2つのバスターミナルとつながっています。

 

成都から行く

■成都バスターミナル
 

 

成都には複数のバスターミナルがありますが、峨嵋山へはここを使います。新南門駅が目の前にあるので「新南門バスターミナル」とも呼びます。6、28、55、301路の路線バスでもアクセスできます。

■料金:45元(片道)
■所要時間:約2時間半
■成都→峨眉山旅游客運中心
・1日5便程度
■成都→峨眉山市城北客運站
・7時半~17時半まで運行
・30分おきに運行
■2つのバスターミナル間
・タクシーで移動
・所要時間:約20分
・料金:20元

 

楽山から行く

■楽山肖壩バスターミナル(紫)-峨眉山旅游バスターミナル(赤)
・7時半~17時半まで運行
・1時間おきに運行

 

■楽山バスセンター(黒)-峨眉山旅游バスターミナル(赤)
・8時~17時まで乗り合いバスが運行
・4人集まったら出発
・料金:15元(1人)

 

■楽山バスセンター(黒)-峨眉山城北バスターミナル(青)
・7時半~17時まで運行
・20分おきに運行

 

ツアーで行く

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

現地ツアーは日本語で申し込めます。後述いたしますが、峨嵋山は楽山大仏と合わせてのツアーがオススメです。

 

 

■峨嵋山の登り方

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:www.sohu.com ※拡大できます

 

観光の起点となる峨嵋山の麓・報国寺村にある「峨眉山旅游バスターミナル(赤)」に着きましたら「雷洞坪」への往復バスチケットを購入します。「雷洞坪」は標高2400m地点にあります。こちらの地図も分かりやすいですね。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://touch.travel.qunar.com

■雷洞坪へのバス
・料金:90元(往復)
・所要時間:約2時間

 

総面積は154平方kmと非常に広く、下のようなコースになるので、かなり時間がかかります。

 

 

雷洞坪に到着したら入場料185元を払います。このルートの場合はということであり、その他のエリアに訪れる場合は、それぞれの入場時に支払います。雷洞坪には宿泊施設・レストラン・土産物屋などがたくさんあります。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしてロープウェー乗り場まで600mほど歩きます。中国の山系観光地でよく見られる「カゴ」もあります。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ロープウェーは所要時間10分で、到着したら3000mを超えますので、呼吸を整えてから歩きだしてください。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

・料金:65元(上り)/55元(下り)

 

そして金頂に到着です。そこはもう雲の上(^^)

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ここにもホテルが色々ありまして、時間があれば1泊するのがオススメです。というのは、峨嵋山は今の日本ではあまり知られていませんが、実は「峨眉天下の秀」という日本語もあるほど、古くから日本にも名前が轟いている絶景なんです。

 

清代の詩人・譚鐘岳は「峨眉十景」として「金頂祥光」「象池月夜」「九老仙府」「洪椿暁雨」「白水秋風」「双橋清音」「大坪霁雪」「霊岩畳翠」「羅峰晴雲」「聖積晩鐘」を挙げました。

 

中でも「金頂祥光」は素晴らしく、サンライズ、サンセット、ブロッケン現象に加え、雲海が高頻度で発生することでも有名です。

 

■ブロッケン現象
「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://ja.wikipedia.org

 

この滅多に見られないブロッケン現象が、峨嵋山では年70日以上も観測されています。雲の上には白象たちがたくさんいて神秘さを増しています(^^)

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そしてハイライトの「四面十方普賢金像」が登場しますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

高さ48m、重さ660トンのブロンズ像で、金メッキが施されています。象に乗っている普賢菩薩は10個の顔を持ち、四海全てを見通せるようになっています。この高さにある像の大きさとしては世界最大ではないでしょうか。

 

峨嵋山は、この普賢菩薩の霊場であり、中国四大仏教名山(峨眉山、五台山、九華山、普陀山)や中国三大霊山(峨眉山、天台山、五台山)に数えられています。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは「華厳寺大雄宝殿」。大きくて立派な寺院です。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

続いて「金頂銅殿」。小ぶりではありますが金色に輝き神々しい雰囲気です。このほか峨嵋山には合計26の寺院があります。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

屋根の上に座っているように見える普賢菩薩様(^^) 金頂の標高は3077mで、最高峰は3099mの「万仏閣」です。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

万仏閣へもケーブルカーが整備されています。ただ、離れた場所にあることは確かなので帰りの時間やツアーの集合時間などはしっかり確認して行くようにしてください。

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

峨嵋山は聖地なので周辺の自然環境は大切に保護されてきました。そのため、絶滅危惧種を含めた2000種以上の動物や、3000種以上の植物が生息しています。特にサルはたくさんいます。全然人に懐いていないので、近づかないようにしてください(^^;)

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典

 

下山時には美しい渓谷を歩きます。夏は非常に暑いのでコマメに水分を摂るようにしてください。

■峨嵋山-成都のバス
・9時~17時からまで運行
・2時間おきに運行
・料金:50元

 

■峨嵋山-楽山のバス
・8時~17時半まで運行
・30分おきに運行
・料金:11元

 

以上になります。時間があったら、ぜひ一泊してサンライズやサンセットも見てみてください(^^)

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:langrenlvyou.com

 

 

■ツアーか個人か

峨嵋山は「金頂」が目的であれば、楽山大仏と合わせて1泊2日の現地ツアーに参加するのがオススメです。理由は様々ありますが一番は費用対効果です。成都から行く場合、ツアーも個人も実は値段がほとんど変わらないんですね。

 

金頂のほか「報国寺」「伏虎寺」「万年寺」などをしっかり見たい場合は、峨嵋山だけで1泊2日必要ですので、楽山大仏と合わせて2泊3日のツアーになります。

 

ツアーについては、楽山大仏のページで詳しく解説していますので、合わせてご覧ください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-成都空港(約5時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「峨嵋山」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

成都
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆