「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

万年氷洞

場所

山西省

(Shanxi)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

 

万年氷洞は、美しくライトアップされた氷の洞窟で、まるでファンタジーの世界に迷い込んだかのような幻想的な世界が広がっています。太原か大同が拠点になり、電車とタクシーを使って行きます。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は太原市と大同市です。

 

太原市は山西省の省都で、春秋戦国時代からの2500年に及ぶ歴史があります。冬には-20度になり、ダイヤモンド・ダストを見られることもあります。人口は約350万人。

 

最寄りの空港は太原武宿国際空港(TYN)。国内外合わせて46都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

太原市
Booking.com

 

大同市は、太原市に次ぐ山西省第2の都市で、戦国時代には趙の版図だった記録が残っています。秦が中華を統一してからは平城県が設置されました。人口は約290万人です。

 

 

 

最寄りの空港は大同空港(DAT)。国内の10都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内へのアクセスなどは、こちらのページをご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

大同市
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から南東に約13km離れています。市内への移動方法は、シャトルバス、路線バス、タクシーの3つです。

 

シャトルバスで行く

■1号線
・8時半~最終便まで運行
・30分おきに運行
・大営盤、五一広場、三晋国際飯店など経由

 

■2号線
・9時半~21時半まで運行
・1時間おきに運行
・太原理工大学、下元、西客駅、西山大廈など経由

 

■料金:30元
■所要時間:約40分

 

路線バスで行く

・「201路」のバス
・「太原駅」行き
・所要時間:約45分
・料金:2元
・山西新聞社、併西商場、五一広場など経由

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、所要時間は約30分、料金は約50元です。

 

 

■万年氷洞へのアクセス

■寧武駅
 

 

太原市からでも大同市からでも、まずは電車で寧武駅へ行きます。太原駅からは約2時間45分、大同駅からは約2時間半です。下車したら路線バスで「東寨鎮」へ行きます。所要時間は約30分、料金は7元です。

 

 

東寨鎮から万年氷洞はタクシーになりまして、往復で約100元です。ネット情報では寧武駅から直通の車があるようなことも書いてありますが、タクシーのことかもしれません。ソースはこちらです(中国語)。

 

 

 

■万年氷洞

 

 

万年氷洞は日本では全く知られていませんが、中国の観光地等級で「全国AAAAレベル(4Aレベル)」に指定されている絶景です。

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

入場料は120元、営業時間は8時~18時。入口でコートをレンタル出来まして、1着20元です。

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そもそもは中国にたくさんある鍾乳洞の1つでした。しかし、約300万年前の新生代第四紀の氷河期に洞窟内が凍りついて、驚くべきことにそのまま環境が保持されたんですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

氷河期に凍りついた洞窟は多々あるはずなのに、なぜここだけが300万年も溶けなかったのでしょうか。現在有力な説は「入口が狭く、さらに内部が特殊な形状のため、冬の冷たい空気は入り込むが、夏の暖かい空気は入り込まないから」というものです。

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「特殊な形状」と称される内部は、なんと5層構造になっていますΣ(゚∀゚ノ)ノ 東京の地下鉄構内のように、上下にたくさん空間があるということです。

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

深さは最大で約100mになり、無数のつららの他、氷のカーテン、氷の時計、氷の花、氷の男など多数の見どころがあります。

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

常に凍りついているということだけでもスゴいですが、そこに中国の鍾乳洞独特のカラフルなライトアップが加わって、テーマパークのような幻想的な空間になっています。

 

ちなみに、ヨーロッパにも「ドブシンスカ氷穴」という氷の洞窟があります。こちらのページで特集しておりますので、よろしければご覧ください。

 

■ドブシンスカ氷穴
「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。アクセスが大変ですが、行く価値がある場所なので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-北京空港(約4時間)

 

北京空港-大同空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「万年氷洞」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

大同市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆