「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

懸空寺

場所

山西省

(Shanxi)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

春~秋

 

懸空寺は、断崖絶壁にへばりつくように建てられた寺院で、高さは60m~90mにもなります。楼閣は桟道で結ばれていて渡るときにはヒヤヒヤしてしまいます。近くにある雲崗石窟と合わせて訪れるのが一般的です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街は大同市。太原市に次ぐ山西省第2の都市で、戦国時代には趙の版図だった記録が残っています。秦が中華を統一してからは平城県が設置されました。人口は約290万人です。

 

最寄りの空港は大同空港(DAT)。国内の10都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

大同市
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から東に約17km離れています。市内への移動方法はバスかタクシーです。

 

空港バスで行く

・大同ホテル(大同賓館)行き
・所要時間:約30分
・料金:10元
・迎賓東(民航切符売り場)、五洲大酒店、経由

 

タクシーで行く

タクシーはメーター制で、所要時間は約20分、料金は約45元です。

 

 

■懸空寺へのアクセス

 

大同からは南東に約70km離れていて、公共交通機関で行く場合、まず「渾源」までバスで行って、そこからタクシーを使います。

 

ただ、反対方向になりますが大同近辺には世界遺産の雲崗石窟もありますので、合わせてツアーかタクシーチャーターで行くのが一般的です。ツアーは日本語で申し込めます。詳細はこちらからご覧ください。

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■懸空寺

 

 

入口で入場料を払ったら、そそり立つ断崖絶壁へと進んでいきます。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして登場ですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「空に懸かる寺」。6世紀初頭に建てられた懸空寺は、その名のとおり断崖絶壁の高さ60m地点に、まるで浮かぶように佇んでいます。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

下には唐代の詩人・李白が記したという「壮観」の文字が大きく描かれています。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちら側から入っていきます。元々は「玄空閣」と呼ばれていて、仏教・道教・儒教という3つの宗教を一体化した珍しい寺院なんです。2010年にはアメリカのタイム誌が「世界で最も危険な建物トップ10」の1つに選んでいます。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ただ、確かに遠くから見ると、あたかも崖から飛び出しているように見えますが、実際には、狭いですが「崖の上」に建てられているので、外から見るほど怖い感じはありません。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

壁には「公輸天巧」という文字があります。これは「春秋時代の名工・公輸班の仕事のように素晴らしい建築物」という意味の熟語です。上からは周囲を一望できます。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

中国には「道教」の聖地になっている「五岳」という山々があります。陰陽五行説に基づいていて、中国の東西南北と中央に位置しています。

 

・赤:東岳泰山(世界遺産)
・青:西岳華山
・緑:南岳衡山
・紫:北岳恒山
・黒:中岳嵩山(世界遺産)
※右下の赤い山のアイコンは「五岳よりも素晴らしい」と言われる黄山です

 

実はここは紫の「北岳恒山」で、周辺の景色はそれだけで訪れる価値があるほど素晴らしいです。

 

 

実は元々は、崖下は全て川でした。そこにダムを造って水を止め、新たに川をつくって風情を出し、風光明媚な観光地に生まれ変わらせました。大昔には川の氾濫が多く、それを防ぐために寺院を造って祈りを捧げたとも言われています。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典

 

全景はこのようになっていて、右に行くに連れて高くなります。一番右の建物は「三教殿」といって高さは約90mになります。外の景色もさることながら中の光景が秀逸で、仏教・道教・儒教の開祖である釈迦・老子・孔子の像が一列に並んでいます。

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.sohu.com

【懸空寺】
■4~10月
・8時~18時
・130元

 

■11~3月
・8時~17時
・125元

 

※寺院の入場料が100元で、残りはエリアの入場料です。なので寺院に入らなければ安くあげることもできます。

 

以上になります。1500年もの間、崖にへばりつくように佇んできた奇跡の寺院。ぜひ行ってみてください。

 

 

■中国の懸空寺一覧

黒:山西省・恒山懸空寺(当ページ)
青:河北省・蒼岩山懸空寺
黄:河南省・朝陽山懸空寺
赤:浙江省・大慈岩懸空寺
茶:青海省・西寧懸空寺
緑:雲南省・西山懸空寺

 

中国には他にも「懸空寺」が色々あります。代表的なものを一覧にしました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。近くまで行ったら、ぜひ行ってみてください(^^)

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-北京空港(約4時間)

 

北京空港-大同空港(約1時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「懸空寺」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒中国のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

大同市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆