「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

重慶

(Chongqing)

場所

中国

(China)

時差

-1時間

(サマータイム無し)

時期

春と秋

 

重慶は、日本ではあまり馴染みが無い場所ですが、特に郊外に途方も無い絶景が点在しています。当サイトでは5ページに渡って特集しておりますので下記からご覧ください。こちらのページは「重慶⑤郊外の見どころ」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■重慶の見どころ一覧

 

重慶には多くの見どころがありますが、ここは外せないという10ヶ所を厳選しました。赤のアイコンが3つ重なってしまっています(^^;) 全部ほとんど知られていない場所ですが、世界的な観光地になり得る途方も無い絶景から、中国ならではの不思議な場所まで様々です。

 

こちらのページでは紫のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■万盛石林風景区

 

 

「石林」というと昆明市の「石林風景名景区」が有名ですが、重慶にも同名の奇岩群があります。典型的なカルスト地形で石灰岩の奇岩のほか、鍾乳洞や地下河川などもあります。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

昆明の石林は2億6千万年前に形成されましたが、こちらはさらに古く4億6千万年前に形成されています。これは中国最古であり、規模も2番目に大きいので「石林の祖」とも呼ばれています。その昔、一帯は海だったので亀の化石なども出土しています。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アクセスは、重慶の「重慶長途汽車站(長距離バスターミナル)」と「南坪汽車站(南平バスターミナル)」から万盛区へのバスが出ています。

 

■重慶長途汽車站

 

■南坪汽車站

■南坪汽車站発
・7時~19時半まで運行
・30分おきに運行
・所要時間:約2時間
・料金:40元

 

「南川车站(南川駅)」という駅に到着するので、そこから「万盛旅游车站(万盛観光駅)」まで、タクシーで約3元です。万森から石林風景区まではシャトルバスが運行しています。

・7時~17時まで運行
・15分おきに運行
・料金:5元
・所要時間:40分

 

 

■龍缸国家地質公園

 

 

「地質公園」は「ジオパーク」のことで、地球科学的な価値を持つ地質遺産を保全しています。日本では全く知られていない場所ではありますが、中国の観光地等級では最高の「全国AAAAAレベル(5Aレベル)」に指定されています。アクセスが不便な場所にありまして、直通バスなどが無いため、ここは現地ツアー参加が無難です。

 

「映月洞」「旗山牧場」「龍洞」など様々な見どころがありますが、特にスゴい場所がこちら。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.tuniu.com

 

「云端廊桥(雲に覆われた橋)」というスカイウォークで、標高1010.5m地点に造られています。谷底までの深さは約700mΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.tuniu.com

 

張り出した部分の長さは26.68m。もちろん下はガラス張りになっていて、700m下を眼下に見ることが出来ます。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.tuniu.com

 

このタイプのスカイウォークは、アメリカの「グランドキャニオン・ウエスト」が有名です。

 

■グランドキャニオン・ウエスト
「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

どちらがスゴいかというと、一勝一敗という感じです。まず「張り出した部分の長さ」では、グランドキャニオンの方は21mなので中国に軍配があがります。しかし、深さだとグランドキャニオンの方は1200mにもなるのでグランドキャニオンに軍配が上がります。

 

ただ、こちらはスカイウォークに至るまでもスゴいです。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

岩壁に張り付くように造られた天空歩道。しかも全てガラス張りですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

これに似た場所だとスイスの「フィルスト・クリフウォーク」があります。リンクから特集ページにとびますので、よろしければご覧ください。

 

■フィルスト・クリフウォーク
「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして、もう1つ「老寨子」というビューポイントがありまして、こちらはうってかわって中国的な雰囲気が溢れます。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

断崖絶壁に造られているのですが、その地質は約2億5千万年前の三畳紀のものだそうです。中国特有の陰陽のマークも刻まれていて、雲海が出るとファンタジーの世界に迷い込んだようです。

【龍缸国家地質公園】
■営業時間
・夏季:7時~15時
・冬季:8時~14時
■料金
・100元(大人)/60元(子供)

 

 

■酉陽桃花源風景区

 

 

こちらも5Aレベルに指定されている場所で、4世紀の東晋王朝の詩人・陶渊明(タオ・ユアン・ミン)が「桃花源」と称しました。風景区全体の面積は50平方kmに及び「桃花園国立森林公園」「桃花園広場」「酉州古城」など6つのエリアに分けられています。

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典 「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アクセスは、まず「重慶駅」から「酉陽」への列車に乗ります。

 

■重慶駅
 

・1日8本
・料金:27~54元

 

「酉陽龍潭駅(酉阳龙潭火车站)」から桃花源までバスが出ています。

・料金:10.5元
・所要時間:約40分

 

 

以上になります。5ページに渡り重慶をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだ見ていないページがありましたら下記からご覧ください。

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-重慶空港(約5時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「重慶⑤郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
中国の設定です。

備考

 

⇒重慶のガイドブック

 

⇒中国語の関連書籍

 

重慶市
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆