「ビクトリアの滝①アクセスと2つの国の移動」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ビクトリアの滝

(Victoria Waterfall)

場所

ザンビア・ジンバブエ

(Zambia・Zimbabwe)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

9月~12月

 

ビクトリアの滝は、世界三大瀑布に数えられる巨大な滝で、ザンビアとジンバブエにまたがっています。こちらのページでは、両国の拠点の街、空港から市内への移動、そして両国間の移動について詳しくご紹介します。滝の見どころやシーズンについては「ビクトリアの滝②」をご覧ください。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

リビングストン

 

 

リビングストンはザンビア側の拠点で、ザンビア南部の中心的な都市です。1850年代に一帯を旅した探検家デイヴィッド・リビングストンにちなんで名付けられました。ビクトリアの滝は市内中心部から南に約10km離れています。人口は約16万人。

 

最寄りの空港はリビングストン空港(LVI)。国内外合わせて5都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

リビングストン
Booking.com

 

ビクトリア・フォールズ

 

 

ビクトリア・フォールズはジンバブエ側の拠点で、滝まで徒歩20分というアクセスの良さが魅力です。また、ボツワナのチョベ国立公園への拠点にもなります。人口は約33000人。

 

最寄りの空港はビクトリア・フォールズ空港(VFA)。国内外合わせて8都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちららからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ビクトリア・フォールズ
Booking.com

 

 

■リビングストン空港からリビングストン市内

 

 

空港はリビングストンの中心部から北西に約6km離れています。市内への移動方法はタクシーか空港送迎です。

■タクシー
・所要時間:15~20分
・料金:5.5US$/100クワチャ

 

空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はリンクからご覧ください。

「ビクトリアの滝①アクセスと2つの国の移動」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ビクトリアフォールズ空港からビクトリアフォールズの町

 

 

空港はビクトリアフォールズの町から南に約20km離れています。町への移動方法はタクシーか空港送迎です。

 

注意点として、ジンバブエは経済状況が不安定なので、ATMで現地通貨の引き出しが出来ないことがあります。「ATMが設置されていても中に現金が入っていない」ということです。カードは使えますが手数料が取られてしまうので、アメリカドルを持っていくのが1番確実です。

・所要時間:15~20分
・乗り合いタクシー:15US$
・タクシー:20~30US$

 

空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はリンクからご覧ください。

「ビクトリアの滝①アクセスと2つの国の移動」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■リビングストン~ビクトリアフォールズ間の移動

 

2つの町は10kmほど離れていて、その間にはビクトリアの滝から続くザンベジ川が流れています。川にはビクトリア橋がかかっていて、その前後に両国の出入国管理所があります。

 

・赤:ザンビア側のイミグレーション
・青:ジンバブエ側のイミグレーション
・紫:ビクトリア橋

 

流れとしては、まずそれぞれの町からイミグレーションに行き出国手続きをします。リビングストン側は市内から距離があるので、タクシーや宿の無料送迎サービスを使います。日本人に有名なとこでは「FAWLTY TOWERS」という宿で無料送迎を行っています。

 

■Fawlty Towers Backpackers
 

 

とても清潔・快適なのにリーズナブルなことで知られています。詳細はこちらからご覧ください。

 

出国手続きを終えたら橋を渡って対岸へ向かいます。両国のイミグレ間は1.6km離れていますが、大きな荷物を持っていなければ歩いて橋を渡るのがオススメです。

 

■ビクトリア橋

 

橋からはビクトリアの滝も見ることができて、中央にはバンジージャンプも設置されています。料金は160US$。なかなか迫力があるので画面をグルッと回して周囲を見てみてください。

 

 

荷物が多い場合、イミグレ間のタクシーを利用できます。入国については両国ともビザが必要で、アライバルビザを取得できます。現在は「KAZA VISA」という両国共通ビザが発行されていて、これはボツワナへの日帰りツアーでも再入国時に使えます。

【KAZA VISA】
・空港やビクトリアの滝のイミグレで取得可能
・料金:50US$
・有効期間30日

 

ジンバブエ側は入国後歩いて町まで行けますが、ザンビア側はタクシーになり、料金は10US$を目安にしてください。

 

以上になります。続きまして「ビクトリアの滝②シーズンと見どころ」をご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ビクトリアの滝①アクセスと2つの国の移動」徹底ガイド:旅の大辞典

「ビクトリアの滝①アクセスと2つの国の移動」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ドバイ空港(約11時間)

 

ドバイ空港-ナイロビ空港(約5時間)

 

ナイロビ空港-ビクトリアフォールズ空港(約3時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

 

・ザンビアの安全情報

 

・ジンバブエの安全情報

備考

 

・ザンビア、ジンバブエのガイドブック

 

リビングストン(ザンビア)
Booking.com
ビクトリア・フォールズ(ジンバブエ)
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆