「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ケープタウン

(Cape Town)

場所

南アフリカ共和国

(Republic of South Africa)

時差

-7時間

サマータイム:無し

時期

11月~4月

(乾季)

 

ケープタウンは、アフリカ大陸の最南端に位置する街の1つで、テーブルマウンテンや喜望峰などの雄大な自然が魅力です。こちらのページは「ケープタウン④郊外の見どころ」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ケープタウンの見どころ一覧

 

ケープタウンには多くの見どころがありますが、ここは外せないという7ヶ所を厳選しました。こちらのページでは緑のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■ボルダーズ・ビーチ

 

 

ナミビア南部から南アフリカにかけての沿岸部に生息する「ケープペンギン(アフリカペンギン)のコロニーで、都市部から簡単にペンギンに会いに行ける珍しい場所です。サイモンズタウンという町にあり、アクセスは、電車、ウーバー、レンタカー、ツアーの4種類です。電車は治安上の不安があるので、現地在住の人など以外は残り3つの中から選択するのがオススメです。

 

一緒に行動する人数が多ければレンタカー、一人旅であればウーバー、ネットが使えなかったり全部おまかせにしたければツアー、という感じです。

 

■ケープタウン→サイモンズタウン
・所要時間:約40分
・ウーバー:片道3000円ほど

 

設置された遊歩道から観察するのが基本ですが、ペンギンの方から遊歩道に入ってきたり、観光客が入れる場所の岩場やビーチにもペンギンが来るので、一緒に写真を撮ったり泳いだりできます。日中は暑いからかノンビリしていて、午前中や夕方の方が活発に動きます。

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

海は、ペンギンが生息しているので当然といえば当然ですが、寒流が流れているので非常に冷たいです。この寒流が流れているため一帯は雲が発生しづらい環境にあり、沿岸部には世界最古の砂漠と言われる「ナミブ砂漠」が形成されています。

 

ナミブ砂漠の南部には、同じくケープペンギンがコロニーをつくっているハリファックス島があり、そちらもツアーで訪れることができます。

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

■営業時間
・12~1月:7時~19時
・2~3月:8時~18時半
・4~9月:8時~17時
・10~11月:8時~18時半

 

■料金:160ランド(大人)/80ランド(子供)

 

 

■ドイカー島

 

 

ミナミアフリカオットセイのコロニーになっている島で、上陸は出来ませんが、船から無数のオットセイを見ることができます。ツアー以外だと、レンタカーやウーバーで「ハウトベイ」の港へ行き、クルーズ船に乗ります。

■ケープタウン→ハウトベイ
・所要時間:約30分
・ウーバー:約2000円

 

クルーズ船はいくつかありますが「Circe Launches社」が1番有名です。予約は公式HPからメールで行います。悪天候の場合は催行されません。

 

■Circe Launches社
 

■ドイカー島クルーズ
・所要時間:約40分
・料金:90ランド(約550円)
公式HP

 

「Drumbeat Charters South Africa社」もよく聞きます。詳細は公式HPをご覧ください。ちなみに、港にはすでにオットセイがいます(^^)

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

出港すると、まずはハウトベイの絶景を堪能できます。

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

そして10分ほど進むとドイカー島の登場です。

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウジャウジャと…すごい数です(^^;) 海の中にもたくさんいるので、全体では5000~8000にのぼるそうです。

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

周辺にはオットセイの他に20種類以上の海鳥も生息していて、カモメが優雅に舞う様子を見られます。ぜひ行ってみてください(^^) ちなみにケープタウン周辺には、もう1ヶ所「シール島」というオットセイのコロニーがあります。

 

■シール島
 

 

こちらは上記のサイモンズタウンからクルーズに参加します。ボルダーズビーチと合わせて訪れるのもオススメです。現地ツアーも出ています。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■喜望峰

 

 

アフリカ大陸の南西端として有名な喜望峰は、1488年にポルトガル人航海者のバルトロメウ・ディアスが史上初めて到達しました。非常に激しい海域だったことで「嵐の岬」と名付けられましたが、この航路の発見により、インドへの航海が可能になったため「希望の岬」と改められ、現在につながっています。

 

ケープタウンからのアクセス方法は下記になります。

①レンタカー
②ツアー
③サイモンズタウンからタクシー
④サイモンズタウンからツアー参加
⑤サイモンズタウンから自転車

 

オススメ①か②です。③④は上記のボルダーズビーチやシール・アイランドを別日に訪れる人が選択する方法です。ただ、ボルダーズビーチやドイカー島を含む喜望峰ツアーもありますので、やはりレンタカーやツアーの方が良いかとは思います。

 

⑤ですが、バッグパッカーの人に一定の人気がある方法です。喜望峰までの道はとにかく絶景なので、ドライブでもサイクリングでも最高の体験になります。ただ、サイモンズタウンからでも約25km離れているので、自分の体力や体調と相談し、天候の良い日に行ってください。サイクリングは風が強いと地獄ですので(^^;)

 

・青:喜望峰(ケープ・オブ・グッド・ホープ)
・紫:展望台(旧灯台)
・赤:ケープポイント
・緑:入り口

 

一帯は「ケープポイント国立公園」に指定されています。入り口でチケットを購入したら、まずは展望台(紫)を目指します。徒歩だと約20分で、ケーブルカーもあります。

■営業時間
・4~9月:7時~17時
・10~3月:6時~18時

 

■入場料:303ランド

 

■ケーブルカー
・所要時間:約5分
・料金:80ランド(往復)/65ランド(片道)

 

そして、展望台から見る喜望峰(左奥)がこちらです。画面をグルっと回して周囲を見てみてください。

 

 

絶景ですね(^^) 世界的観光地なだけあります。ここから喜望峰、ケープポイント、新しい灯台など、それぞれ行きたい場所に歩いていきます。ツアーで行く人は、戻りの時間をしっかり確認するようにしてください。また、周辺にはバブーンというヒヒが生息しています。日本の観光地にいるサルと同じで、持ち物などを取られることがあるので、不用意に近づかないよう注意してください。

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。4ページに渡りケープタウンをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まだ見ていないページがありましたら下記からご覧ください。

 

ケープタウン全体のツアーはこちらです。

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-イスタンブール空港(約12時間)

 

イスタンブール空港-ケープタウン空港(約10時間半)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ケープタウン④郊外の見どころ」徹底ガイド:旅の大辞典
南アフリカ共和国の設定です。

備考

 

⇒南アフリカのガイドブック

 

ケープタウン
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆