「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園

(Parc National Tsingy de Bemaraha)

場所

マダガスカル

(Madagascar)

時差

-6時間

サマータイム:無し

時期

5月~10月

(乾季)

 

ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園はマダガスカル観光のハイライトで、アクセスが非常に大変な秘境なので上級者向けではありますが、それだけの価値があるスゴイ場所です。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はアンタナナリボとムルンダヴァです。

 

アンタナナリボは、島のほぼ中央に位置するマダガスカルの首都で「千の町」という意味があります。標高1200mに位置するため過ごしやすい気温が特徴です。人口は約210万人。

 

最寄りの空港はアンタナナリボ空港(TNR)。国内外合わせて20都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。空港から市内への移動は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

アンタナナリボ
Booking.com

 

ムルンダヴァは島の中部西岸に位置する町で、港や空港もある交通の要衝です。バオバブ街道、ツィンギ・ベラハマ国立公園、キリンディーミテア国立公園などの拠点になります。人口は約38000人。アンタナナリボからムルンダヴァへの移動は、こちらからご覧ください。

 

 

 

最寄りの空港はムルンダヴァ空港(MOQ)。アンタナナリボとのみ就航しています。宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ムルンダヴァ
Booking.com

 

 

■ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園

 

 

ツィンギは、カルスト台地を風雨が浸食して出来た奇岩群で、マダガスカル語で「先端」「山頂」といった意味があります。実は北部にも存在するのですが、ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園の規模は圧倒的に大きいので、訪れるならここがベストです。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

アクセスはムルンダヴァからツアー参加になります。4WDでないと通れない道をひた走り、車ごと船に乗って川を進み、約9時間かけて入り口となる「ベコパカ」という町に行きます。ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園の面積は約1500平方kmに及び、その南端にベコパカがあります。

 

・赤:大ツィンギ
・青:小ツィンギ(ベコパカ)
・緑:ムルンダヴァ
・紫:アンタナナリボ

 

ベコパカまで個人で行くことも出来ますが、公園内は結局ガイドが必要になるので、ムルンダヴァからツアー参加で良いと思います。公園内に観光エリアは2つ整備されていて、ベコパカの近くにある「小ツィンギ」(青)と、そこから約17km北にある「大ツィンギ」(赤)です。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらは「小ツィンギ」。約3時間のトレッキングコースで、トゲトゲの下から岩の隙間を登っていき上部を目指します。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらが上部です。規模は大きくありませんが、かわいらしい奇岩群という感じです。そして「大ツィンギ」はハーネスをつけて約6時間のトレッキングになります。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

上部には絶景が広がっています。画面をグルッと回して周囲を見てみてください。

 

 

「ツィンギ=先端」とはよく言ったもので、本当に見事に尖っています。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

雨風が数億年かけて創り上げた自然の神秘です。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

1日で両方周れますが、片方だけにしたい人は大ツィンギに行ってください。小ツィンギとは規模が違います。周辺には10種類以上のキツネザルを始めとした固有の動物や、150種類を超える鳥類が生息していて、バオバブも見ることが出来ます。

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。マダガスカルのハイライトなので、ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本語で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■マダガスカルの他のツィンギエリア

ナモロカ国立公園

 

 

島の北西部に位置する国立公園で、こちらも大規模なツィンギを見ることができます。31種の固有種を含める81種類の鳥類や、30種類の爬虫類、8種類のキツネザルなどが生息しています。アクセスが大変なので訪れる旅行者は少ないです。

 

 

アンカラナ特別保護区

 

 

こちらも大規模なツィンギを見られます。島の北端に位置するアンツィラナナ(旧ディエゴスアレス)が拠点になり、空港があるのでアクセスも簡単です。こちらでもキツネザルやバオバブなどを見ることができます。

 

 

レッドツィンギ

 

 

レッドツィンギは、その名の通り「赤いツィンギ」です。規模は小さいですが、こちらも島の北部にありますので、アンカラナ特別保護区に行くのであれば足を伸ばしても良いと思います。

 

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-イスタンブール空港(約12時間)

 

イスタンブール空港-アンタナナリボ空港(約13時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ツィンギ・デ・ベマラハ国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典
マダガスカルの設定です。

備考

 

⇒マダガスカルのガイドブック

 

ムルンダヴァ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆