「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ケニア3大国立公園

場所

ケニア

(Kenya)

時差

-6時間

サマータイム:無し

時期

7月~10月

(乾季)

 

ケニアといえば「野生の王国」ですよね。たくさんの国立公園があるアフリカにおいても、やはり別格な存在であるケニアですが「逆にどこに行けば良いかの分からない」という疑問もあると思います。ここではケニアが誇る3大国立公園を詳しくご紹介します。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

拠点の街はナイロビ。ケニアの首都であり最大の都市で、マサイの言葉で「冷たい水の場所」という意味があります。標高1600m地点にあるので過ごしやすい気候なのですが、残念なことにアフリカでも屈指の危険な都市として知られているので、渡航の際は最新情報を必ず確認してください。人口は約440万人。

 

最寄りの空港はジョモ・ケニアッタ国際空港(NBO)。国内外合わせて70以上の都市に就航しています。就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、少し動かしてみてください)

ナイロビ
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から南東に約18km離れています。市内への移動方法はバスやタクシーもありますが、安全性の面からウーバーか空港送迎を利用してください。空港送迎は日本語で申し込めます。詳細はリンクからご覧ください。

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■ナイロビの治安と宿泊

 

赤のアイコンが「危険」なエリアでスラムなどがあります。緑のアイコンが「比較的安全」なエリアで海外の駐在員などが滞在していたりします。青のアイコンは中心部で、下の図のように治安が分かれます。

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

赤で囲んだ部分が「危険」なエリアで、日本人旅行者に有名な「ニュー・ケニア・ロッジ」などがあります。青の矢印が「モワ・アベニュー(Moi Ave)」という大通りで、その西側の緑で囲んだ部分は「比較的安全」なエリアです。真ん中の矢印あたりにヒルトンホテルがあります。

 

長旅の人はどうしても安い宿に行きたいと思いますが、最新の情報を収集した上で慎重に行動してください。ニュー・ケニア・ロッジではサファリツアーの手配なども行われていて、利便性や清潔感という点では良い評判を聞きます。

 

 

■サファリツアーの概要

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「アフリカのサバンナで動物たちを見てみたいなー」と思ったときに「でも実際どうやって観光するんだろう?」「エリア内バスみたいなものを使って個人で観光できるのかな…?」など様々な疑問が出てくると思います。

 

さすがにサファリ観光は個人では不可能で必ずツアーに参加します。ナイロビ発でマサイマラ国立公園に行くとすれば、最短2泊3日から可能で、料金は300US$くらいからになります。

 

これらはナイロビのホテルで申し込むことも出来ますし、ネットで事前予約することも可能です。料金の違いは、宿泊場所のランク、食事の有無やランク、動物を探しに行く「ゲームドライブ」の回数などで変わりますので、一概に安い方が良いというものではありません。

 

特に重要なのはゲームドライブの回数です。サファリパークに行くわけではないので、回数が少ないと天候に恵まれなかったり、たまたま動物たちが近寄ってくれなかったりで、ただ遠くにいるのを眺めるだけで終わってしまうこともあります。中1日増やすだけで全然違う体験になる可能性がありますので、安さにとらわれず検討してみてください(^^)

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ナイロビ自体には特に観光の見どころが無く、何より治安が悪いので、空港からそのままツアーに出発するプランも多いです。また、有名な国立公園の近くには国内線の空港が設けられているので、ナイロビから飛行機で移動するツアーもあります。その場合は当然値段が高くなっているので、よく内容を確認してください。

 

基本的に1月~3月と6月~10月頃が乾季で、その間が雨季です。一般的な観光シーズンは乾季とされていますが、雨季も四六時中雨が降るわけではないのでサファリは可能で、料金が安くなったり観光客が少なかったりとメリットもあります。

 

 

■①マサイマラ国立公園

 

 

おそらく日本で最も知名度が高いアフリカの国立公園で、野生動物の生息数はケニアで一番です。総面積は香川県とほぼ同じ1812平方km。サファリの目玉であるビッグ5との遭遇率はこのようになります。

アフリカゾウ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

ライオン

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

サイ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

ヒョウ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

バッファロー

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

年間を通して楽しめますが、ベストシーズンは7月~10月です。南に位置するタンザニアのセレンゲティ国立公園からやってきた100万頭のヌーが過ごす季節で、地平線を埋め尽くすほどの大群を見ることができます。

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■②アンボセリ国立公園

 

 

アンボセリ国立公園はキリマンジャロ山の麓に広がる国立公園で、その圧倒的に雄大な景観はアフリカ随一といっても過言ではありません。かの文豪ヘミングウェイが訪れて「キリマンジャロの雪」を執筆した場所としても知られています。

 

■ビッグ5

アフリカゾウ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

ライオン

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

サイ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

ヒョウ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

バッファロー

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

普通

普通

普通

 

ベストシーズンは乾季で、水場に動物が集まりやすくなるので遭遇率が高くなります。また、雨季だと雲が出てキリマンジャロ山が見られなくなる可能性もあります。ただ、雨季のみアンボセリ湖が出現しフラミンゴを見られるようになります。

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.tripadvisor.com

 

 

■③ナクル湖国立公園

 

 

1990年代までは数百万羽のフラミンゴが訪れる湖として世界的に有名でした。しかし2000年に入ってから原因不明の水位上昇が起こり、湖水の成分が変化したことでフラミンゴのエサとなる藻類が育たなくなり、飛来数は激減してしまいました。

 

ただ、そうは言っても1000羽くらいはいますので、日本人からすると見る価値はあると思います。数百万から千なので確かに激減っぷりはスゴイですが(^^;) 国立公園なのでフラミンゴ以外の動物も見られます。

 

■ビッグ5

アフリカゾウ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

ライオン

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

サイ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

ヒョウ

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

バッファロー

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

普通

 

大きな特徴として、ここではサイの保護が行われているので、他の国立公園ではめったに見られないサイをほぼ100%見ることができます。

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

さらに、ここに生息するキリンは「ロスチャイルド・キリン」といって、マサイマラで見られる「マサイキリン」とは異なります。

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

特徴はヒザ下です。マサイキリンはヒザ下まで網目があるのに対し、ロスチャイルド・キリンは真っ白になっていて「ホワイトソックス」の愛称で親しまれています。タイツを履いた女性みたいで上品ですね(^^)

 

フラミンゴですが、ナクル湖の他だと「ボゴリア湖」などでも見ることができます。

 

■ボゴリア湖
 

 

また、国境を挟んですぐの場所にある、タンザニアの「ナトロン湖」も繁殖地として知られています。

 

■ナトロン湖
 

 

「炎の湖」「死の湖」とも呼ばれるナトロン湖は「生物が石化する湖」としても有名です(^^)

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://www.reddit.com

 

ナトロン湖の水は強アルカリ性で、動物の死骸などがあると、まず強い塩分が水分を奪い、さらに表面を塩分が覆って「塩漬け」の状態になります。これがはたから見ると「石化」しているように見えるんですね。

 

上の写真は、あるアーティストが塩漬けになった死骸を用いて、まるで生きているかのように撮影したものです。湖にこの状態で残っているわけではないので注意してください(^^;)

 

 

以上になります。一生に一度は見てみたいアフリカの大草原。ぜひ行ってみてください(^^)

 

これらの3大国立公園を一気に周る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ドバイ空港(約11時間)

 

ドバイ空港-ナイロビ空港(約5時間)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ケニア3大国立公園」徹底ガイド:旅の大辞典
ケニアの設定です。

備考

 

⇒東アフリカのガイドブック

 

ナイロビ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆