クスコ(ペルーの絶景)

クスコ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

クスコ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

クスコ

(Cusco)

場所

クスコ

(Región Cusco)

時差

14時間

時期

4月~11月(乾季)

 

クスコはペルーの南東部に位置する古都で、人口は約43万人。「マチュピチュの玄関口」「インカ帝国の首都」として有名な世界的観光地です。

 

「クスコ」とはケチュア語で「へそ」を意味し、まさにインカ帝国における中心地として栄えました。

 

現在でも、観光立国のペルーにおいてはリマと同様かそれ以上の中心的存在で、空路・バス・鉄道と様々な手段で国内各地の見どころとつながっています。

 

アクセスから見どころまで、詳細にご説明していきます!多分日本で一番実用的なページですよ♪

 

 

■目次

☆アクセス
☆日本人宿
☆日本食レストラン
☆市内の見どころ
☆周辺の見どころ
☆備考

 

 

■アクセス

 

クスコはリマの南東約400km地点にあります。アンデス山脈のなかにあり標高は約3400。人によっては既に頭痛がしたりするようなので、くれぐれも高所だという意識を持って行動してください。

 

 

■空路でのアクセス

リマとクスコは1日30便以上が飛んでいます。航空会社も様々で、ある程度前もって予約すれば、まず間違いなく予約できます。

 

所要時間は約1時間半。後述するバスと比べると圧倒的に速く快適なので、選択肢に入れる価値は十分にあります。予算と日程、そして何より体力に合わせて比較してみてください。というのは、バスは非常にハードです(^^;)

 

リマからの最終便は17時~18時が最終になります。ただ、この航路はとにかく天候に左右されます。午前中は比較的安定しているのですが、午後になると天候が荒れ出して最悪飛べないこともあります。遅れることはしょっちゅうなので、チェックインしてからも時刻表をしっかりチェックしてください。

 

 

■クスコ空港

 

空港は市内から4kmほど離れています。市内まではタクシーで15分ほどになるのですが、これが要検討事項です。

 

まず大前提、ペルーは治安が良いとは言えない国です。旅行者の多くが「何もなかったよ」と話すと思いますが、実際にタクシー強盗に遭い、初日から身ぐるみはがされた人たちもたくさんいます。

 

なので、空港から宿まではリマもクスコも最大限慎重に行動すべきと考えます。

 

 

■タクシーの種類

 

ペルーのタクシーは「流し」と呼び出し式の「ラジオタクシー」の2つです。
流しのタクシーは3種類あり、

 

①車体が黄色または白一色で塗装されたタクシー 
ペルーの絶景

 

②ヘッドライトとブレーキランプを繋ぐように,車の側面に白と黒,または黄色と
 黒のチェッカー模様をつけたタクシー
ペルーの絶景

 

③一般自家用車にタクシー標識をつけただけのタクシー

 

 

ラジオタクシーは流しよりは割高ですが、安全のためラジオタクシーを使うことをオススメします。

 

料金ですが、ラジオタクシーの場合は市内まで約30ソル。流しの場合約10ソルになります。3倍違いますけど日本で考えたら安いものです。ケチるところではありませんので、ぜひ冷静に判断してください。

 

ベストは、宿を手配しておき送迎を頼んでおくことです。料金はかかりますが間違いなくベストです。

 

流しのタクシーを使う場合、「少なくとも日没後は絶対に乗らない」「日中であっても、自家用車にステッカーを付けだだけのようなタクシーには絶対に乗らない」。この2つは意識してください。

 

 

■長距離バスでのアクセス

■リマ-クスコ

 

長距離バスだとリマからは約22時間前後かかります。長い上に道が悪いので、予算に余裕があるなら空路をオススメします。特に雨季(12月~5月)はやめておくべきです。一度も休憩がありませんので、水や軽食は持っていくようにしてください。

 

バス会社はクルス・デ・スル社とオルメーニョ社をご紹介しておきます。ネット予約がお得ですので、興味のある方はこちらのページをご覧下さい♪

 

■クルス・デ・スル社

 

リマ-クスコであれば、クルス・デ・スル社の「VIPクラス」がオススメです。ネット予約で約190ソル前後。毎日14時と18時発です。

 

ペルーの絶景

 

見ての通りの超快適空間。テレビあり、添乗員の呼び出しボタンあり、Wi-Fiあり、45度以上も倒れるリクライニングあり、食事あり、トオイレあり、と至れり尽せりです♪

 

「レギュラークラス」はこちらです。

 

ペルーの絶景

 

正直、こちらでも大丈夫です。ご予算に合わせて決めてください。

 

 

■オルメーニョ社

 

ペルーの絶景

 

クルス・デ・スルと並ぶ高級バス。こちらも2階建てでトイレつきです。

 

ロイヤルクラスは毎日16時発。エコノミークラスは月と金の朝8時発です。

 

 

他にもバス会社はたくさんありまして、グレードによって値段も様々です。
また、丸1日になるので、食事を何回付けるかによっても変わります。

 

安くて有名なのは「シヴァ(CIVA)社」などがあります。3食付きで100ソル。上記の豪華バスと比べると半額ですね。

 

ただ、狭いです。修学旅行などで乗る普通のバスです。足は伸ばせません。

 

22時間も乗っていたらエコノミー症候群になるかもしれませんし、とにかく悪路です。ぜひ安さにとらわれずに色々検討してみてください。

 

 

■日本人宿


■日本食レストラン


■市内の見どころ


■周辺の見どころ


■備考

南米を訪れる方は、ダイナミックに周遊する方が多いと思いますが、せっかく南米を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪
南米にはガラパゴス諸島を始め、イースター島やブラジルなど、世界的なダイブスポットがいくつもあります。中米に行けば、コスタリカやメキシコ、バハマなど、世界トップクラスの場所が無数にあります。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、沖縄や伊豆などで、旅行しながら取得するのもオススメです♪下記の旅行会社でも沖縄からサイパン・グアムまで、幅広い場所でのライセンス取得ツアーをしていました。ピックアップしてみましたので、比較してみてください。

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

ペルーへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■エイビーロード ■近畿日本ツーリスト ■ルックJTB

 

行き方

■航空便例
日本ーリマ空港
(約21時間半、エアカナダ)

 

リマ-ナスカ(バスで7時間)

ホテル検索

 ←リマです。
 ←プーノです。
 ←コパカバーナです。
 ←クスコです。
旅の大辞典
※それぞれ、様々なホテル比較サイトの最安値が表示されます。
 「トリップアドバイザー」は世界最大の旅行サイトで、
 写真や口コミが豊富で、レストランや航空券検索も可能です。
 「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百ものホテル比較サイトから最安値を検索する
 ホテル検索に特化したサイト。用途に合わせてご利用ください。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  

※スムースな検索手順としては、エクスペディアは最安値保証と
 24時間年中無休の日本語ヘルプデスクがあるので
 まず最初に検索して頂き、さらに比較したいときに、
 スカイスキャナーをご利用ください。

外務省

 

クスコ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ペルーの設定です。

備考

 

⇒地球の歩き方「ペルー」

 

⇒ナスカの地上絵の関連商品

 

⇒マチュピチュの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



クスコ(ペルーの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆