「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

カルタヘナ

(Cartagena)

場所

コロンビア

(Columbia)

時差

-14時間

(サマータイム:無し)

時期

12月~5月

 

カルタヘナは、スペインがアメリカ大陸に最初に造った植民地であり、逆に黒人奴隷が解放された最初の場所でもあります。美しいビーチ、かわいらしい色の建物や道路、新鮮なシーフードグルメ、音楽が鳴り止まないナイトライフなどが魅力で多くの観光客で賑わっています。

 

こちらのページでは観光の見どころについてご紹介します。空港から市内への移動や治安などについては「カルタヘナ①」をご覧ください。それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■カルタヘナの見どころ一覧

 

カルタヘナには多くの見どころがありますが、ここは外せないという10ヶ所を厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■旧市街の見どころ(城壁内)

時計塔

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

旧市街の入口にある時計塔で、街歩きの基準になります。この城壁の中は安心なので逆に門を出るときは気を引き締めてください。

 

 

宗教裁判所跡

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

スペイン人が他宗教者を異端とし、裁判・拷問などを行った忌まわしい場所です。日本では漫画や映画でしか見ることがない拷問器具が生々しく残されていて、本物のギロチン台も見ることができます。15000ペソ(約450円)で英語のガイドがつけられます。

 

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典

・月~土:9時~18時
・日曜日:10時~16時
・料金:21000ペソ(約630円)

 

カフェ・デル・マル

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

旧市街の西端に位置するバーで、城壁の上にあります。本物の大砲の横で夕日を眺めながら本場のコロンビアコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

ラス・ボーブダス

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

民芸品を売る土産物屋が建ち並ぶ場所です。倉庫のような建物が約30も連なっていて、その長さは100メートルにもなります。昔は武器・弾薬庫・刑務所として使われていた時期もあったそうです。営業時間は7時~20時です。

 

 

 

■旧市街の見どころ(城壁外)

カフェ ハバナ

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

ヒラリークリントンも訪れたという、カルタヘナのNO.1ナイトスポットです。週末の夜だけ営業しているクラブで、中に入るとキューバ色に染まっています。パナマハットをかぶったオジサンや、コロンビア美人はカッコイイの一言(^^) 夜の0時まではノンビリしているのですが、0時を過ぎると生演奏が始まり、ものすごい人の中で踊りを楽しみます。朝5時まで営業しています。

 

 

トリニダード広場

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

「ヘッツェマニ」という下町エリアにあります。無数のウォールアートが楽しめる場所で、近くの「メディア・ルナ(Media Luna)」という通りを中心に安宿が集中しているので、長期旅行者にオススメです。

 

 

サン・フェリペ要塞

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

旧市街から徒歩15分の場所にある要塞で、カルタヘナの代表的観光地の1つです。17世紀に海賊から金を守るために造られ、その堅固さは南米一とも言われています。中はまるで迷路のようで、ふざけて入ると迷ってしまうので注意してください(^^;)

 

要塞は高さ40mの丘の上にあり、カルタヘナの町と海を見渡す展望台になっています。ただ、ふもとにはスラムがあるので、行くときはタクシーを利用してください。

 

・営業時間:8時~18時
・料金:25000ペソ(約750円)

 

ポパ教会

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

標高187m。カルタヘナの最高地で周辺を一望できます。岸壁に立った十字架越しに見る街並みは絶景で、カルタヘナの象徴的な景色です。夜は特にロマンチックでカップルで賑わっています。訪れる際はタクシーを利用してください。

 

 

 

■ボカ・グランデ地区の見どころ

コロンビアの絶景

 

ボカ・グランデ地区は、大型のクルーズ船も寄港するカルタヘナの顔です。いわゆる新市街であり、立ち並ぶ高級ホテルではオールインクルーシブでの滞在が楽しめます。治安も良いので海岸を歩くだけでも楽しくなります(^^)

 

プラヤ・ブランカ

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

カルタヘナの定番スポットで白亜の砂浜とカリブの碧い海が魅力です。「バル島(Isla Balu)」という場所にあるのですが、島ではなくてコロンビア本土です。カルタヘナの中心部から南西に約20km離れていて、アクセスはバス・フェリー・ツアーの3つです。

■直行バスで行く
日曜日の朝のみカルタヘナから出ています。

 

■フェリーで行く
フェリーはカルタヘナの「バズルト市場(Mercado Bazurto)」から日曜日を除いて毎日運行しています。所要時間は約40分、料金は往復で4万ペソ(約1200円)です。

 

■ツアーで行く
一般的な方法で、後述する「ロサリオ島(isla del rosario)」と合わせてのツアーが出ています。カルタヘナの港付近を歩いていると「Isla del Rosario&Playa Blanca」と書いた看板や客引きを見つけられますので、値段を比較して申込んでください。

 

■そのほか
特にメリットが無いのでオススメできませんが、バスで「パサカバジョス(Pasacaballos)」という町に行き、渡し舟で対岸に渡り、バイクタクシーに1時間ほど乗って行くという方法もあります。

 

実はカルタヘナの街から見る海は、そこまでキレイではないんですね。しかし、プラヤ・ブランカまで行けば見事なカリビアンブルーを堪能できます。

 

 

ロサリオ島

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 

 

正しくは「ロサリオの珊瑚礁国立公園(Parque Nacional Natural Corales del Rosario)」と言います。カルタヘナから南西に約45km離れていて、素晴らしく美しい珊瑚礁が残っています。

 

ロサリオ島は基本的に高級リゾ-トなので、ホテルは高い場合がほとんどです。そのため、一般的には上記の「プラヤ・ブランカ」と合わせてツアーで訪れます。素晴らしいダイビングスポットでもあるので、予算に余裕があれば、ぜひ潜ってみてください。

 

 

 

■そのほかの見どころ

スキューバダイビング

 

コロンビアは、カリブ海に面しているので素晴らしいダイビングスポットがたくさんあります。カルタヘナもその一つで、透明度の高い海がダイバーを楽しませてくれます。特に有名なダイビングポイントが「マルペロ(Malpelo)」で、魚影が濃く、サメやイルカなどの大物も現れます。ぜひ動画を見てみてください。

 

チーバ・バス

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典 「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典

 

いわゆる観光バスです。そもそもカラフルなのですが夜になるとライトアップされ、大音量の音楽とともに街中を走ります。バスでは乗客が酒を飲んだり踊ったりしていて、さながら移動式のクラブのようです。いかにも南米という感じですね。

 

 

以上になります。南米一のリゾート地カルタヘナ。ぜひ行ってみてください(^^) 空港から市内への移動や治安などについては「カルタヘナ①」をご覧ください。

 

日本で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ニューヨーク空港(12時間半)

 

ニューヨーク空港-カルタヘナ空港(約5時間)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「カルタヘナ②観光の見どころ」徹底ガイド:旅の大事典
コロンビアの設定です。

備考

 

⇒コロンビアのガイドブック

 

カルタヘナ
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆