キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)

キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

キャノ・クリスタレス

(Cano Cristales)

場所

シエラ・デ・ラ・マカレナ

(Serrania de la Macarena)

時差

14時間

時期

9月~11月

 

近年、急激に治安が回復し世界中の観光客の熱い視線を集めるコロンビア。
「ラ・ピエドラ・デル・ペニョール」「グアタペ」「カルタヘナ」「トトゥモ火山温泉」など、名前は知ってるものの中々行けなかった場所に行けるようになり、各地が観光客で賑わうようになりました。

 

「キャノ・クリスタレス」は「世界一美しい川」「五色の川」「虹が溶けた川」「楽園から逃げてきた川」などと形容される、「世界最高の絶景川」です♪

 

ここは、日本ではほとんど情報が得られませんが、すでに現地ツアーが催行されていて普通に行くことが可能です。南米を訪れる際はぜひ行ってみてください。

 

それではご紹介していきます♪

 

 

■目次

 

 

■アクセス

キャノ・クリスタレスは「シエラ・デ・ラ・マカレナ国立公園」に流れています。場所はこちら。

 

 

国立公園と聞くと、エコツアーが整備されている安全な場所というイメージですが、ここは逆に環境保全のため数年間閉鎖されていました。また、周辺はゲリラが横行していたため、立ち入り自体が禁止されていました。

 

しかし2009年に公園が再開すると、嬉しいことにエコツアーに力が入れられるようになりました。観光拠点となる空港ができ、ボゴタからひとっとびで行くことが出来るようになり、また周辺には軍隊が配備され、治安が保たれるようになりました♪

 

とはいえ、現在でも一般人は陸路で立ち入ることはできません。そのため、ボゴタからの2泊3日ツアーに参加します。ちょっと前までは2泊3日で1200US$とかしたのですが、最近はぐっと安くなっています。

 

例えば下の会社だと、平日の場合、飛行機込みの2泊3日で520US$。3泊4日で601US$。4泊5日で681US$となっています。この会社のサイトはこちら。
(サイト画面をキャプチャしたもので、GoogleChromeの自動翻訳状態です)

 

コロンビアの絶景

 

ちなみに、ここには空港使用料と国立公園入園料は含まれていません。
このサイトによれば、ボゴタだけでなく、メデジンやビジャビセンシオからもツアー参加可能のようです。

 

 

■拠点の街

拠点となるのは「ボゴタ」。人口770万人の大都市で、コロンビアの首都です。
標高2640mで、南米ではボリビアの「ラパス」と、エクアドルの「キト」に次いで、3番目に標高の高い首都です。長らく治安が悪かったため、一般的にはそのイメージしかないですが、実際には図書館や大学が多く「南米のアテネ」と呼ばれています。

 

キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

近年は急速に治安が回復しています。もちろん油断は禁物ですが、十分観光できる街になっています。空路でボゴタに入り、ちゃんとした宿を手配しておき、ツアー会社に各種ツアーを申し込めば、市内ツアーから、周辺の観光地まで問題なく見ることができます♪宿は多々ありますので、こちらからチェックしてください♪

 

 

■キャノ・クリスタレス・ツアー

ツアーはボゴタ発の場合、早朝5時半くらいの出発になります。
ボゴタから車で2時間半くらいかけて、ビジャビセンシオ(villavicencio)の町にある空港へ向かい、小さなセスナでラ・マカレナ空港へと向かいます。

 

■ビジャビセンシオ空港
キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

ちなみに、人数は1日40人と制限されているので、時間が少ない方は早めの予約が必要です。そして、ラ・マカレナ空港へと着くと、おそらく世界でここだけではないかと思われる、馬車での積荷運搬が行われます。これはめったに見られないと思いますよ♪(^^)

 

コロンビアの絶景

 

空港はとても小さくのどかなのですが、周辺にはピストルをもった軍隊がたくさんいて、さすがにドキッとなります(^^;) でも軍隊がいるとなれば、さすがに安全なので、治安は気にせず楽しみましょう。

 

コロンビアの絶景

 

町には民宿がいくつかと、お土産物屋さんなどがあります。数年前までは、文字通り何もなかったようですが、ここ数年少しずつ観光地化されてきているみたいですね。ネットカフェも2軒ありましたが、Wi-Fiなどはありません。

 

コロンビアの絶景

 

初日はラ・マカレナの町でノンビリと過ごします。

 

翌日はさっそく川に向かい、ボートで遡上し五色の地を目指します。「キャノ・クリスタレス」というのは、全長100kmに及ぶ「クリスタル川」の一部分を指すわけですね。

 

コロンビアの絶景

 

このボートでキャノ・クリスタレス周辺まで行き、そこから少し車で移動ます。

 

コロンビアの絶景

 

車を降りたら、小一時間森の中を歩きます。

 

コロンビアの絶景

 

そして、いよいよ到着です♪それでは絶景の数々をご覧下さい。

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

水中には「マカレニア・クラビヘラ(Macarenia clavigera)」と呼ばれる色鮮やかな藻が所狭しと咲き誇っていて、この奇跡のような色合いを作り出しています。

 

コロンビアの絶景

 

藻は、赤・ピンク・黄色・緑・黒を基本とし、様々な濃淡が無数の色彩を演出します。さらに、水が作り上げた窪地は日光を無数の色に変えて反射させます。

 

コロンビアの絶景

 

そして嬉しいことに、観光客が自由に川の中に入ることができます♪
ただ、厳密に保護区に指定されているので、日焼け止めや化粧をしていると入ることは出来ないので注意してください。

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

底はヌルヌルしているので、ケガをしないように注意してください。また、水中の藻はとても美しいので、水中カメラを持っていくのを忘れないようにしてください。水中カメラは最悪「写るんです」でも良いと思いますが、最近では防水加工のデジカメの性能が発達していますので、1つ持っていくのがオススメです♪

 

防水の水中カメラはこちらをご覧下さい。

 

そもそも周辺は人跡未踏の大自然。緑と青の中に一筋のピンクが流れているのは、まるで別な星に来てしまったかのようです。

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

気になるシーズンですが、広めに言うと6月~12月。ただベストシーズンとなると9月~11月の2・3週間となります。陸上でも紅葉のベストシーズンはごくわずかな期間ですからね。致し方ありません。それでもやっぱり、日本からはるばる行くのであれば、ベストシーズンに巡り合いたいですよね。キャノクリスタレスの公式フェイスブックがあるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

コロンビアの絶景

 

ちなみに、1時間のハイキングではサル・シカ・アリクイなど、様々な野生動物を観察することができます♪

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

コロンビアの絶景

 

素晴らしいですよね。もう、今すぐにでも行きたくなったのではないでしょうか?とはいえ、やっぱり南米だし、コロンビアだし、ちょっと怖いなーと思う方もいると思います。そんな方に、ちょっと驚きの写真と情報を見つけましたので、ご紹介します。こちらです。

 

■現地のツアー会社「EL TIEMPO」のサイトに掲載されている日本人観光客コロンビアの絶景

 

そうです!アクティブなお姉さま達がツアーで訪れているんですね♪
これを見たら、若者が尻込みするわけにはいかないですよね(^^)/
コロンビアが誇る絶景「キャノ・クリスタレス」。ぜひ行ってみてください♪

 

 

■備考

ちなみに、コロンビアといえば最高級コーヒー豆で有名です。
世界格付けにより、コロンビア・ケニア・タンザニア産のアラビカ種が世界最高とされています。せっかくの本場コロンビアですから、最高のコーヒーをぜひ飲んでみてください♪

コロンビアの絶景

 

また南米を訪れる方は、ダイナミックに周遊する方が多いと思いますが、せっかく南米を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪
南米にはガラパゴス諸島を始め、イースター島やブラジルなど、世界的なダイブスポットがいくつもあります。中米に行けば、コスタリカやメキシコ、バハマなど、世界トップクラスの場所が無数にあります。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、沖縄や伊豆などで、旅行しながら取得するのもオススメです♪下記の旅行会社でも沖縄からサイパン・グアムまで、幅広い場所でのライセンス取得ツアーをしていました。ピックアップしてみましたので、比較してみてください。

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

コロンビアへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■エイビーロード ■ルックJTB

 

行き方

■航空便例
日本ーダラス空港ーマイアミ空港ーボゴタ空港
(約22時間、アメリカン航空)

 

■ボゴダから2泊3日ツアーに参加

ホテル検索

 

 ←メデジンです。
 ←ボゴタです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)詳細情報:旅の大辞典
コロンビアの設定です。

備考

 

⇒コロンビアの関連商品

 

⇒最高級コロンビア豆「スプレモ」

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



キャノ・クリスタレス(コロンビアの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆