トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)

トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

トレス・デル・パイネ国立公園

(Parque nacional Torres del Paine)

場所

プエルト・ナタレス

(Puerto Natales)

時差

12時間

時期

10月~3月

 

パイネ国立公園はパタゴニア観光のハイライトのひとつであり、壮大な景色が見るものを魅了する世界的観光地です。

 

総面積が2400km²という、とてつもない広さを誇り、アンデス山脈に位置するため、標高も20m~3050mと変化に富んでいます。そのため観光の方法は大きく2つになります。

 

1つは1日ツアーに参加して、メインの見どころをめぐっていく方法。もう1つは2泊3日~5泊6日のトレッキングに参加することです。このページではトレッキングについてご説明します。

 

アクセスや1日ツアーについては「トレス・デル・パイネ国立公園①」をご覧ください。

 

それではご紹介していきます♪

 

 

■目次

 

 

■プエルト・ナタレスからパイネ国立公園への個人でのアクセス

プエルト・ナタレスからは120km離れていて、大型バスが1日2往復しています。
片道:8000ペソ、往復:15000ペソです。

 

入園料は18000ペソ。子供は5000ペソで、カードでの支払いもできます。

 

国立公園内では「アマルガ湖(パイネの入り口)」「プデト」「管理所」の3箇所で
停車します。

 

アマルガ湖からWコースの東端にあるホテル「ラス・トーレス」までもミニバスが出ています。料金は3100ペソです。

 

 

■バスの時刻表

〈第1便〉      
--行き--             --帰り--
プエルト・ナタレス  07:30  管理事務所     13:00
アマルガ湖      10:00  プデト       14:00
プデト(PUDETO)  11:00  アマルガ湖     14:30
管理事務所      12:00  プエルト・ナタレス 16:00

 

〈第2便〉
プエルト・ナタレス  14:30  管理事務所     18:00
アマルガ湖      16:30  プデト       19:00
プデト        17:30  アマルガ湖     20:00
管理事務所      18:00  管理事務所     22:00

 

■フェリー

プデトからパイネ・グランデまで1日3便のフェリーが出ています。料金は片道15000ペソ、往復24000ペソで、所要時間は約30分です。

 

第1便 プデト 09:30 パイネグランデ 10:00
第2便 プデト 12:00 パイネグランデ 12:30
第3便 プデト 18:30 パイネグランデ 18:30

 

 

■トレッキングの準備

本格的なトレッキングが初めての方は、以下のリストを参考にしてください♪

 

衣類

ゴアテックスなど防水のもの。

 

トレッキングシューズ

山の天気は変わりやすく、濡れて体調を悪くすると大変です。また、足元は最も大事ですので、しっかりとした靴を購入するか、レンタルしてください

 

サングラス

特に雪があると目が雪焼けしてしまいます。

 

日焼け止め

気温は低くても日差しは強いです。

 

ポール

出し入れできる杖です。あると非常に便利。

 

キャンプ用品

テント、寝袋、マットレス、ガス、バーナー、ライター、簡易的な調理器具、

トーチ、など

 

食料

スパゲッティ、スープ、パン、果物、チョコ、アメ、クッキーなど。

甘いものがあると、とても助かります。

 

ペットボトル

流れている水は飲むことができます。

 

地図

入場料を払うと無料でもらえます。

 

そのほか

方位磁石、ヘッドライト、目薬、薬、ゴミ袋、十得ナイフ、携帯灰皿など。

 

こんなところでしょうか。荷物が多いと疲れてしまいますが、必要なものは無いと
困ってしまいます。
⇒トレッキング関連についてはこちらをごらんください。

 

 

■トレッキングでの宿泊

宿泊施設にはレフヒオ(山小屋)とキャンプサイトがあります。
それぞれ「Fantastico Sur社」と「Vertice社」が運営しています。
また、キャンプサイトには有料と無料があります。それではご説明していきます。

 

レフヒオ(Refugio)
チリの絶景

 

レフヒオは山小屋ではありますが、施設はホテルと遜色ありません。メリットはたくさんあります。

  • 天候を気にせず、寝心地の良い場所で寝ることができる
  • 女性ひとりでも安心
  • テントや食事を持ち歩く必要がない(これは大きいです)
  • トレッキングの宿泊に関する技術がなくても問題ない
  • 体調が崩れにくいし、崩れても治りやすい

 

なので、Wサーキットやパイネ連山周遊をする方で、トレッキング技術に不安がある方は、ぜひ検討してみてください。

 

料金は場所や内容で変わります。個室かドミトリーか。宿泊だけか食事込みか。
目安としては宿泊のみで、1泊約50USドル。3食付きで、1泊約130USドルです。

 

予約方法は2つあります。
1・公式HPから予約
2・プエルト・ナタレスで予約
当然1⇒2の順に予約は取りにくくなります。ハイシーズンは早めの予約が必須です。

 

公式HP(英語可)

・Fantastico Sur社    ・Vertice社

 

プエルト・ナタレスのFantastico Sur社

トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

プエルト・ナタレスのVertice社

トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

 

キャンプサイト

チリの絶景

 

キャンプサイトは有料と無料があります。

 

有料

こちらも「Fantastico Sur社」と「Vertice社」が運営していて、レフリオ(山小屋)に隣接しています。それぞれのキャンプサイトの名前と料金です。上に載せた地図で場所を確認してください。

 

【Fantastico Sur社】
・TORRE NORTE   7500ペソ
・TORRE CENTRAL 7500ペソ
・EL CHILENO         7500ペソ
・LOS CUERNOS      7500ペソ
・SERON         7500ペソ
・FRANCES             7500ペソ

【Vertice社】
・PAINE GRANDE    5500ペソ
・GREY                   4500ペソ
・PERROS               4500ペソ
・DICKSON             4500ペソ

 

Fantastico Sur社は、自分でテントを持っていく場合は予約無しで大丈夫です。
テントレンタルをする場合に予約が必要です。Vertice社は、いずれにせよ予約が必要で、予約無しだと値段が高くなります。テントは町でレンタルして持っていく方がはるかに安いのですが、その分、荷物が重くなるので悩みどころです(´Д`)

 

設備はバッチリで、電源、シャワー、トイレ、調理場が完備されています。

 

 

無料

「予約は無しで良い」という情報もあるのですが、念のため予約したほうが無難です。パイネ国立公園の入園口で予約できます。
設備はトイレと調理場のみです。水は川から汲みます。トイレはキレイとはいえませんが、設備としては問題ありません。

 

 

■パイネ国立公園でのトレッキングの注意点

  • キャンプ場以外での焚き火は禁止です。
  • 日帰りトレッキングでも一人だとレンジャーから注意を受ける場合があります。

    ガイドを付けるのがベストですが、付けない場合、できれば同行者を探してみて
    ください。

  • アマルガ湖以外の公園内の流水は飲むことができます。
  • 「一日に四季がある」とまで言われるパタゴニアなので、天候が悪くなったら

    無理をしないでください。

  • 予約無しでは、天候が悪くてもレフリオ(山小屋)は宿泊させてくれません。
  • 動物に触れたり、餌を与えたりしてはいけません。
  • 氷河上を歩くトレッキングはガイドの同行が義務付けられています。
  • アイゼンを装着しますが、スニーカーは問題ありません。

  • 決められたルート以外は立ち入り禁止です。ルートには目印がついています。

 

チリの絶景 チリの絶景

 

 

■トレス・デル・パイネ国立公園 トレッキング

パイネ国立公園はアメリカのヨセミテ国立公園やグランドキャニオン国立公園と同じで、数日掛けてのトレッキングでこそ、その真価を堪能することが出来ます。
数多くのトレッキングコースがあるパタゴニアの最高峰であり、毎年10万人がトレッキングを楽しみます。

 

プエルト・ナタレスの宿ではトレッキング用品のレンタルをしているところが多いので、ぜひ目的を決めてチャレンジシてみて下さい。もちろん、プロのガイド付きのトレッキングツアーもあります。それではご紹介します。

 

■パイネ国立公園のルート  ※クリックすると拡大ページにとびます

チリの絶景

 

■代表的なルート

ルートは初心者向けから上級者向けまで様々です。下の番号は地図の番号と対応しています。
それぞれご紹介します。

1 ラス・トーレス(Base Las Torres)
2 グレイ氷河(Glaciar Grey)
3 フランス谷(Valle Frances)
4 グレイ湖畔
5 ノルデンホールド湖展望台
6 Wサーキット
7 パイネ連山周遊(Macizo Paine)

 

 

ラス・トーレス(Base Las Torres)
・所要時間:約8時間 ・総距離(往復):19km

 

パイネ国立公園の象徴である「3本の塔(トーレス)」の麓まで歩くコースで、最も人気のトレッキングとなっています。

 

とても変化に富んだ景色が続くため飽きることがありませんが、天候が変わりやすいルートでもあるため、初心者には向きません。もし初めてのトレッキングで行く場合は、ツアーに申し込むのが無難です。大自然ですから油断だけはしないようにしましょう。

 

プエルト・ナタレスからの日帰りは、非常にタイトなスケジュールとなるため、上級者でなければオススメできません。プエルト・ナタレス発のバスが公園に到着するのが午前10時頃。公園からプエルト・ナタレスまでの最終便は夜の8時。トレッキングの始点とバス停までは2km以上離れています。なので、出来ればラス・トーレスエリアのレフヒオ(Refugio)という山小屋に一泊して早朝に出発することをオススメします。

 

■ラス・トーレスの終点チリの絶景

 

 

グレイ氷河(Glaciar Grey)
・所要時間:約9時間 ・総距離(往復):22km

 

ペオエ湖の西岸にあるパイネグランデ山小屋付近から、グレイ湖に沿って歩くコースです。トレッキングの間、左には氷河湖がたたずみ、右には3050mのパイネグランデがそびえます。中級者向けですが、氷河のすぐ横を歩いていると、想像以上に体が冷えるので注意して下さい。

 

日帰りを考える方はパイネグランデのレフヒオで一泊し、早朝から出発するのがオススメです。プエルト・ナタレスからの日帰りは無理なので、最低1泊で日程を組んで下さい。

 

オススメは往路と復路を変更すること。往路はトレッキングで、復路は16時ころにグレイ湖氷河クルーズの船が来るので、それに乗ると体力的にも楽ですし、また違った楽しさを味わうことができます。クルーズ船は事前予約が必要です。人気なので早めに手配してください。

 

■凍ったグレイ湖チリの絶景

 

 

フランス谷(Valle Frances)
・所要時間:約10時間 ・総距離(往復):26km

 

こちらも、ペオエ湖の西岸のパイネグランデ山小屋付近から出発します。エメラルドグリーンが美しいペオエ湖を眺め進むと草原となり、それを越えると「フランス川」に出ます。その後、岩場を登っていき、ブリタニコキャンプ場へ到着すると、目の前にはパイネの象徴「3つの塔」の大パノラマが広がります。レベルは中級者向けです。

 

プエルト・ナタレスからの日帰りは無理なので、パイネグランデのレフリオで一泊し、早朝に出発してください。

 

2日に分けてトレッキングする場合は、「イタリアキャンプ場」で宿泊します。
山小屋に隣接したキャンプ場と違って、設備が整っていないため、しっかりとした準備が必要となり、より荷物が重くなってしまいます。初心者の方は慎重に検討して下さい。

 

■フランス谷の大パノラマチリの絶景

 

 

グレイ湖畔
・所要時間:約2時間 ・総距離(往復):4.5km

 

吊り橋を渡ってグレイ湖畔を横断し、グレイ湖展望台まで歩くコースです。所要時間は2時間なので、プエルト・ナタレスからの日帰りも可能です。初心者でも問題ないですが、風は強いので準備はしっかりとして行って下さい。

 

■グレイ湖展望台チリの絶景

 

 

ノルデンホールド湖展望台
・所要時間:約2時間 ・総距離(往復):5km

 

まず、パイネの主役の1つであるサルトグランデへと向かいます。その後、さらに歩いて北へと向かうと、「パイネの角」と呼ばれる「ロス・クエルノス」を見渡せる展望台へと到着します。初心者でも何も問題ありません。

 

■ロス・クエルノスチリの絶景

 

 

Wサーキット
・所要時間:3泊4日 ・総距離:約76km

 

アルファベットの「W」の形になっているコースで、3泊4日が一般的です。
西側がグレイ湖コース。東側がラス・トーレスコース。どちらからでも始めることができ、パイネのハイライトを満喫できるため、最もポピュラーなコースとなっています。

 

モデルプランとしては例えば下記になります。(東側からスタートの場合)
1日目 プエルト・ナタレス→ラストーレスの往復
2日目 ラストーレス区→ロス・クエルノス
3日目 ロス・クエルノス→フランス谷→ペオエ湖西岸
4日目 ペオエ湖西岸→グレイ氷河の往復→プエルトナタレスへ戻り

 

全てのポイントにレフヒオ(山小屋)があるので、予約を取っていればテントを背負う必要もありません♪レフヒオは山小屋といっても、日本の山小屋とは違ってホテルさながらなので、とても快適な宿泊ができますよ(^^) ただ、ピークシーズンの山小屋予約は困難なので、テント泊をしたくない方は入念に準備をしていってください。

 

若い人はテント泊もまた楽しいと思いますのでオススメですが、テントなどの装備を背負って歩くのは、想像以上に疲れます。また、とにかく風は年間通して異常に強いですし、このエリアは「1日に四季がある」と言われるほど天候が変わります。楽しいトレッキングにするためにも、ぜひ準備はしっかりしていって下さい。

 

■Wサーキットチリの絶景

 

 

パイネ連山周遊
・所要時間:7~10日 ・総距離(往復):93km

 

パイネ連山を一周するコースです。上級者は7日間で踏破できますが、一般人であれば10日間が現実的です。

 

人気のWコースでは多くのトレッカーと出会えますが、連山の北側は周遊コースを歩く人のみです。宿泊施設もWコースのように充実していないので、しっかりとした準備が必要となります。足場の悪い場所もあるので、出来れば熟練のガイドが率いるツアーに参加するのが無難です。

 

大自然が相手ですので、油断だけはせずに楽しんでください。

 

■パイネ連山周遊コース
チリの絶景

 

いかがでしたでしょうか?憧れのパイネ国立公園トレッキング。ぜひチャレンジしてみてください(^^) アクセスと1日ツアーについは「トレス・デル・パイネ国立公園①」をご覧下さい♪

 

 

■備考

南米を訪れる方は、ダイナミックに周遊する方が多いと思いますが、せっかく南米を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪
南米にはガラパゴス諸島を始め、イースター島やブラジルなど、世界的なダイブスポットがいくつもあります。中米に行けば、コスタリカやメキシコ、バハマなど、世界トップクラスの場所が無数にあります。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、沖縄や伊豆などで、旅行しながら取得するのもオススメです♪下記の旅行会社でも沖縄からサイパン・グアムまで、幅広い場所でのライセンス取得ツアーをしていました。ピックアップしてみましたので、比較してみてください。

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

チリへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■エイビーロード ■近畿日本ツーリスト ■阪急交通社 ■日本旅行

 

行き方

■航空便例
日本ーロサンゼルス空港ーサンティアゴ空港
(約24時間半、アメリカン航空)

 

サンチャゴ-プンタ・アレーナス空港(約3時間半)

 

プンタ・アレーナスからツアーに参加

ホテル検索

 

 ←プンタ・アレーナスです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典
チリの設定です。

備考

 

⇒チリの関連商品

 

⇒イースター島関連商品

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



トレス・デル・パイネ国立公園のトレッキング(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆