トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)

トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

トレス・デル・パイネ国立公園

(Parque nacional Torres del Paine)

場所

プエルト・ナタレス

(Puerto Natales)

時差

12時間

時期

10月~3月

 

パイネ国立公園はパタゴニア観光のハイライトのひとつであり、壮大な景色が見るものを魅了する世界的観光地です。

 

総面積が2400km²という、とてつもない広さを誇り、アンデス山脈に位置するため、標高も20m~3050mと変化に富んでいます。そのため観光の方法は大きく2つになります。

 

1つは1日ツアーに参加して、メインの見どころをめぐっていく方法。もう1つは1泊2日~5泊6日のトレッキングに参加することです。しっかりと情報を仕入れていって、パタゴニアの主役を心ゆくまで堪能して下さい♪

 

このページでは、アクセスと日帰りツアーについてご紹介します。トレッキングについては「トレス・デル・パイネ国立公園②」をご覧ください。
それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■アクセス

 

拠点となる町は「プエルト・ナタレス(Puerto Natales)」。南部パタゴニアの空の玄関口となる「プンタ・アレーナス」から北に250kmに位置する小さな町です。人口は約2万人。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

町にはあまり見どころがありませんが、後述する「Muelle Historico」はチリ人や欧米の旅行客には人気で、非常にフォトジェニックな写真を撮ることができます♪

 

 

サンティアゴからのアクセス

サンティアゴからプエルト・ナタレスまでは、まず空路でプンタ・アレーナスへ向かいます。飛行機は1日6便以上が出ています。所要時間は約3時間半。

 

眼下にはアンデス山脈の壮大な景色や、パタゴニアのエメラルドグリーンの湖が広がり、とても印象深いフライトになります♪

 

チリの絶景

 

プンタ・アレーナスからプエルト・ナタレスへは長距離バスで約3時間。1日数便出ているので、時間を気にする必要はありません。料金は約5000チリペソ。

 

特に夏であれば、空港から直接バスが出ています。また、夏以外も町から出たバスが空港を経由するため、チケットを予約しておけば乗車することが出来ます。町から乗る場合、統一のターミナルはなく、バス会社に直接行く形になりますので、注意して下さい。

 

■プンタ・アレーナスのバス会社     ■プエルト・ナタレスのターミナル
 

 

 

エル・カラファテ(アルゼンチン)からのアクセス

南部パタゴニアを代表する観光地「ペリトモレノ氷河」の拠点となる「エル・カラファテ」。ここからプエルト・ナタレスに移動するのも定番のパターン。
所要時間は約5時間。料金は400~450ペソです。

 

曜日指定のバスと毎日出ているバスがあり、毎日出ている方が少し高いため、日程を調整できる人は曜日指定のバスが良いです。カラファテはとてもカワイイ観光町なので、のんびり滞在するのもオススメです♪

 

■エル・カラファテ           ■カラファテのターミナル
トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

また、時間が無く、カラファテから直接パイネに入りたいという方は、夏であれば可能です。カラファテからパイネ国立公園1日ツアーが出ていますので、それに参加して、そのままプエルト・ナタレスに抜けるという方法です。

 

 

プエルト・モントからフェリー(ナビマグ)で

世界中の長期旅行者が集うフェリーツアーがナビマグ(Navimag)です。
プエルト・モントからプエルトナタレスまでのフィヨルド地帯を3泊4日で航行します。週1便の運行で往路と復路があります。料金は公式HPでご確認下さい。

 

人の手が全く入っていない原始パタゴニアの姿を見ることが出来ます。船は貨物室の方が大きく、客室はドミトリーです。食事はとても美味しいと評判です♪

 

夜にはホールに旅行者達が集まり、ワイワイ賑わいます。人と触れ合うのが好きな方であれば、とても楽しいツアーとなるでしょう。逆に、一人で過ごすのが好きな方は、それほど楽しいものにはならないかもしれません。氷河やフィヨルドを見ることが出来ますが、パタゴニアに行く人はペリトモレノ氷河を始め、何かしら氷河は見るでしょうから、一人だと3泊4日は長すぎると感じると思います。
2人旅をしてる方などは問題なく楽しめるでしょう(^^)

 

チリの絶景

 

 

■拠点の町「プエルト・ナタレス」

トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

プエルト・ナタレスは観光拠点として機能している町で、トレス・デル・パイネ国立公園のほか、町の北にある「オヒギンス国立公園」の「セラーノ氷河」や「バルマセダ氷河」などへのツアーが出ています。

 

 

■セラーノ氷河             ■バルマセダ氷河
トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典 トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

前記したプエルト・モントとのフェリーツアー「ナビマグ(Navimag)」の復路に申し込むことも出来ます。宿はたくさんありますので、こちらからチェックしてみて下さい♪

 

 

そして、町唯一とも言える名所がこちらです。

 

ムエリェ・ヒストリコ(Muelle Historico)

トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

「放置された桟橋」というのが一番正しい表現で、整然と並んだ丸太の列が独特の雰囲気を醸し出します。特にサンセットは非常に美しいので、ぜひ足を運んでみて下さい♪

 

 

■トレス・デル・パイネ国立公園 1日ツアー

パイネ国立公園はパタゴニア最大の観光地であり、2400km²という、とてつもない広さを誇ります。アンデス山脈に位置し、標高は20m~3050mと変化に富んでいます。そのため観光の方法は大きく2つになります。

 

1つは1日ツアーに参加して、メインの見どころをめぐっていく方法。
もう1つは2泊3日~5泊6日のトレッキングに参加することです。
トレッキングについては、「パイネ国立公園②」をご覧下さい。

 

まずは1日ツアーからご説明します♪

 

■パイネ国立公園MAP 
チリの絶景

 

概要

1日ツアーは早朝に始まり、まず「ミロドンの洞窟」を訪れます。その後「セロ・カスティージョ」の集落で休憩し、パイネ国立公園へ向かいます。公園では「サルミエント湖」「アマルガ湖」「ペオエ湖」「サルト・グランデ」「グレイ湖」などを訪れます。料金は20000~25000チリペソで、入園料として別途18000チリペソかかります。カードでの支払いも可能です。

 

 

ミロドンの洞窟(CUEVA DE MILODON)

チリの絶景

 

プエルトナタレスから北西へ25kmほどに位置する洞窟で、約1万年前に「ミロドン」という体長3mもの動物がすんでいたされています。
高さは約30m、幅約80m、長さ200mのとても大きな洞窟です。入り口には、ミロドンの等身大の像が立ってます。

 

観光で「洞窟」というと、狭くて暗い「鍾乳洞」が多いかと思いますが、この洞窟は広々としているので、多くの場所を訪れた人にも新鮮だと思いますよ♪入場料が別途4000ペソかかります。

 

 

サルミエント湖(lago sarmiento)

チリの絶景

 

公園に入り、最初に訪れるポイントです。湖越しにパイネ山塊がその全景を表します。中央に「アルミランテ・ニエト山(別名:パイネ・チコ=小パイネ)」があり、その右に、公園の名前となっている「トーレス・デル・パイネ」が見えます。

 

「トーレス・デル・パイネ」とは「パイネの塔」という意味。3本の特徴的にそそり立つ山が、この公園を唯一無二のものにしています。ただ1本は半分隠れて見えません。

 

また、湖のふちには「ストロマトライト」の白い化石がたくさんあります。ストロマトライトは地球最古の植物で、オーストラリアなどにわずかに現生しているものです。パタゴニアの大自然のスケールを感じさせてくれますね♪

 

ペオエ湖(lago pehoe)

チリの絶景

 

完璧なロケーションが広がる湖で、メインの見どころの1つです。湖に浮かぶ小島には3つ星のホテル「ホステリア・ペオエ」があります。宿泊はもちろんですが、休憩することもできます。ここで宿泊し眺めるサンセットとサンライズは格別です♪全25室なので、宿泊を希望の方はこちらからチェックしてみて下さい。

 

サルト大滝(salto grande)

チリの絶景

 

ノルデンショールド湖からぺオヘ湖へ流れ落ちる滝で、落差はありませんが水量が豊富で見応えがあります。エメラルドグリーンの水。白い水しぶき。空の青。周囲の緑。様々な色がおりなす光景は、まさにパタゴニアの真骨頂といえます。晴れの日には水しぶきに虹がかかって非常にキレイです♪

 

グレイ湖(Lago Grey)

チリの絶景

 

グレイ湖は、1日ツアーの最後のポイントで、車で行ける場所の中では、国立公園で一番奥に位置します。車を駐車場に止めた後、グレイ川にかかる吊り橋をわたり、森林の中 を30分ほど進みます。すると、大きな氷塊が流れる湖に到着します。目の前には標高3050mで公園内最高峰の「パイネ・グランデ」がそびえ立ち、奥にはグレイ氷河を見ることができます。

 

ただ、1日ツアーでは写真の様に遠くから氷塊を眺めるだけなんですね。そこで、絶対にオススメなプランをご紹介します。それは、1日ツアーではなく1泊2日ツアーにして、グレイ氷河の「カヤックツアー」に参加することなんです。ぜひ体験してみて下さい♪

 

チリの絶景

 

いかがでしたでしょうか?1日で訪れるパタゴニアのハイライト。時間が無くても行く価値はありますので、ぜひ行ってみて下さい♪

 

また、パイネの真価は「トレッキング」にあります。初心者向けから上級者向けまで様々なコースが用意されていますので、時間が取れる方はぜひチャレンジしてみて下さい。トレッキングについては「トレス・デル・パイネ国立公園②」をご覧ください。

 

 

■備考

南米を訪れる方は、ダイナミックに周遊する方が多いと思いますが、せっかく南米を訪れるのであれば、ダイビング免許は取ることをオススメします♪
南米にはガラパゴス諸島を始め、イースター島やブラジルなど、世界的なダイブスポットがいくつもあります。中米に行けば、コスタリカやメキシコ、バハマなど、世界トップクラスの場所が無数にあります。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、沖縄や伊豆などで、旅行しながら取得するのもオススメです♪下記の旅行会社でも沖縄からサイパン・グアムまで、幅広い場所でのライセンス取得ツアーをしていました。ピックアップしてみましたので、比較してみてください。

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

チリへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■エイビーロード ■近畿日本ツーリスト ■阪急交通社 ■日本旅行

 

行き方

【航空便例】
日本ーロサンゼルス空港ーサンティアゴ空港
(約24時間半、アメリカン航空)

 

サンチャゴ-プンタ・アレーナス空港(約3時間半)

 

プンタ・アレーナス-プエルト・ナタレス(バスで約3時間)

 

プエルト・ナタレス-トレス・デル・パイネ国立公園
(バスで3時間)

ホテル検索

 

 ←プンタ・アレーナスです。
 ←プエルト・ナタレスです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典
チリの設定です。

備考

⇒チリの関連商品

 

⇒イースター島関連商品

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



トレス・デル・パイネ国立公園~アクセスと1日ツアー~(チリの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆