パンタナール⑥スクリ川&プラタ川フローティング(ブラジルの絶景)

パンタナール⑥スクリ川&プラタ川フローティング(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

パンタナール⑥スクリ川&プラタ川フローティング(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

スクリ川&プラタ川フローティング

(Rio Sucuri&prata Floating)

場所

マットグロッソ・ド・スル州

(Estado de Mato Grosso do Sul)

時差

12時間

時期

12月〜4月(雨季)

 

スクリ川とプラタ川は、天然水族館とともにボニートを代表する「世界一の清流」です。「クリスタルクリアウォーター」と言われるほど透明度の高い水は、泳いだら必ず衝撃と感動を味わうと言われています。

 

ともに世界的観光地なので、文句なく素晴らしいのですが、優劣をつけるとすればプラタ川に軍配があがります。

 

それではそれぞれご紹介していきます。

 

■目次

 

 

■拠点の街

パンタナール⑥スクリ川&プラタ川フローティング(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

ツアーの拠点は南パンタナールの「ボニート(Bonito)」。パンタナールを代表する数々の観光スポットの拠点となる町です。詳細はこちらの特集ページからごらんください。

 

宿はたくさんありますが、なにせ世界的観光地なので、ハイシーズンは予約をしていったほうが無難です。クチコミはこちらからご覧下さい。

 

 

■スクリ川

スクリ川はボニートの代名詞で、日本人には一番知られているパンタナールの観光地かもしれません。

 

スクリ川ツアーは、ツアー会社によって少し違いますが、交通費:20レアル、フローティング料金:100レアル、昼食:20レアルで、合計140レアルになります。

 

宿でピックアップされて、約30分で待合所に着きます。

 

ブラジルの絶景

 

設備は充実していて、プールもあります。貴重品預かり所もあるので助かります。

 

ブラジルの絶景

 

すごい量のウェットスーツが、ここの人気を物語ってますね♪

 

ブラジルの絶景

 

着替えたらトラックに乗って川へとむかいます。

 

ブラジルの絶景
出典:http://astro-world-note.blogspot.jp/

 

ついたら、今度は徒歩で15分ほど歩いて入水ポイントへ移動します。そこはもう驚きの透明度で、つい見入ってしまうほどです♪

 

ブラジルの絶景
出典:http://astro-world-note.blogspot.jp/

 

そしてフローティングの準備が出来たら順番にゆっくりと入水。水は結構冷たいです。1900mを50分ほどかけて流されていくため、くもりだと最後はかなり寒くなってしまいます。天気予報をチェックして、なるべくあったかい日に行くのがベストです。

 

それゆえ、ページ上部の「ベストシーズン」では乾季(冬)の6月~10月ではなく、雨季(夏)の12月~4月をオススメしています。旅だけなら圧倒的に乾季の方がしやすいのですが、ここはとにかく水が冷たいので、寒いと満喫できないからです。

 

それでは水中の絶景をご覧下さい♪

 

ブラジルの絶景

 

上の魚は写真だと数cmの熱帯魚「カージナルテトラ」みたいに見えますが、名前を「ピラプタンガ」といい、50cm以上あります(^^;) ちなみにボニートで食べることができます。美味しいです♪

 

ブラジルの絶景

 

こちらは「黄金の魚」と呼ばれる「ドゥラード」。カッコ良いです♪

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

水は本当にキレイで、上から見るとこんな感じです♪

 

ブラジルの絶景

 

最高ですよね~♪一生の思い出になること間違いなしです!

 

…しかしですね、ここを超える川があるんですΣ(゚д゚lll)

 

それがそう!プラタ川です!

 

 

■プラタ川

プラタ川は透明度、魚影の濃さと種類、水草の量など、すべてにおいてスクリ川を上回ります。

 

ただ、スクリ川よりも遠く、ボニートから50kmほど離れているため1日ツアーしかありません。そのため、ボニートのツアーは元々「高い!」と言われているのですが、プラタ川はスクリ川よりもさらに高くなってしまいます。スクリ川のツアーも中身によって値段は様々なのですが、同じ内容なら大体1.25倍くらいになります。

 

そんな利便性の高さからスクリ川の方が知名度が高いのですが、地元の方は、のきなみプラタ川を勧めてきます。間違いなく金額以上の価値がありますので、ぜひ行ってみてください♪

 

それではご紹介していきます。

 

ブラジルの絶景

 

待機所はこちらも雰囲気たっぷり。ハンモックスペースにウキウキします♪

 

ブラジルの絶景

 

ウェットスーツに着替えたら、トラックに乗って森にむかいます。森の入口についたら15分ほど歩いて入水ポイントに到着です。

 

ブラジルの絶景

 

水は本当に冷たく感じると思います。しかし、驚く程の透明度の衝撃と感動が冷たさを忘れさせてくれると思いますよ。

 

フローティング時間はスクリ川の約3倍の2時間です。皮膚がしわくちゃになるまで浮いて流されましょう♪それでは水中をご覧下さい♪

 

ブラジルの絶景

 

大きなドゥラード。水中で見ると本当にかっこいいです。

 

ブラジルの絶景

 

この黒いのもデカイです。50cm位あります。

 

ブラジルの絶景

 

この透明度!

 

ブラジルの絶景

 

水が湧き出ている場所は着地して大丈夫です♪

 

ブラジルの絶景

 

素晴らしいですよね~(^^)

 

ちなみに、プラタ川はダイビングをすることもできます。
フローティングをはるかに上回る濃さのプラタ川アクティビティを満喫できるので、ライセンスがある方はぜひやってみてください♪

 

ダイビングの所要時間は30~40分。水深は平均5~7mです。なかなか水面には現れない大型の魚や、流木の中に棲むエビや小魚など、ラプラタ水系の魅力をより感じることができます♪

 

ブラジルの絶景

 

 

■備考

ブラジルも様々なダイビングスポットがあります。特にパンタナールでは洞窟でのダイビングなども可能です♪訪れる際は、必ずダイビングライセンスを取得しておくことをオススメします♪

 

もちろん体験ダイビングも豊富にあるので、ライセンスがなくても大丈夫なんですが、やはり体験だと行ける場所に限りがありますので、取得してからの方がブラジルの雄大な自然をを満喫できます。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

パンタナールへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■エイビーロード

 

 

行き方

■航空便例
日本ーシカゴ国際空港(約12時間半、ユナイテッド航空)
シカゴ国際空港-サンパウロ(約11時間、ユナイテッド航空)
サンパウロ-カンポグランジ(約1時間)

 

カンポグランジーボニート(バスで約4時間)
ボニートから各種ツアーに参加

ホテル検索

 

 ←カンポグランジです。
 ←ボニートです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

パンタナール⑥スクリ川&プラタ川フローティング(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



パンタナール⑥スクリ川&プラタ川フローティング(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆