リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ファヴェーラ

(favela)

場所

リオデジャネイロ州

(Estado do Rio de Janeiro)

時差

12時間

時期

5月~10月

 

リオ・デ・ジャネイロは人口600万人を超える、ブラジル第2の都市。特に観光の面で見ると、「コルコバードの丘」や「リオのカーニバル」など、まさにブラジルを象徴する見所が集まっている、最も外せない都市です。

 

山ほど観光ポイントがあるので、当サイトではそれぞれ細かく特集しております。こちらのページでは、本来一歩も近寄るべきではないのですが、2002年に世界的に大ヒットした映画「City of God」などの影響で、近年になって観光化が進んできた「ファベーラ」についてご紹介します♪そのほかの見どころについては、下記のリンクからご覧下さい。

 

①概要とセントロ
②コルコバードの丘
③ポン・ジ・アスーカル
④リオのカーニバル
⑤ファベーラ(当ページ)
⑥リオの絶景ビーチ特集
⑦そのほかの見どころ

 

 

■目次

 

 

■歴史

ファヴェーラの歴史と名前の由来は、1895~1897年の「カヌードス戦争」に端を発します。

 

当時、ブラジル北東部のバイーア州は、貧困に苦しむ人で溢れていました。
そこにアントニオ・コンセリェイロという自称預言者が現れ、人々を率いて「カヌードス」という地の丘に町を築きました。そして、そこに生い茂っていた植物にちなみ、その丘を「ファヴェーラの丘」と呼びました。

 

しかし、政府はここから反乱が始まるのを恐れ、軍を派遣し「カヌードス戦争」という名の虐殺が行われました。戦争後、兵士たちはリオ・デ・ジャネイロへ戻ったものの、政府からの給料は止まり、住居なども与えられなかったため、「プロヴィデンシア」という名の丘に自分たちで住居を築いていきました。

 

しかし、そこはカヌードスと同じレベルの劣悪な環境だったため、兵士たちが皮肉って「ファヴェーラの丘」と呼ぶようになりました。こうして「貧民街=ファヴェーラ」となっていきます。

 

■昔の「プロヴィデンシアの丘」     ■現在の「プロヴィデンシアの丘」
リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

その後、1940年代や1970年代を中心にファヴェーラは爆発的に拡大していきます。幾度となく政府による「ファヴェーラ撤去計画」が行われたものの、結局、政府が新しい住居を用意しきることができず、失敗に終わりました。

 

時とともに、ファヴェーラは麻薬組織が仕切るようになり、様々なギャングが誕生し、警察や政府軍と銃撃戦が行われる「危険なスラム街」として世界に悪名を轟かせていくことになります。特に2009年には軍警察のヘリコプターが撃ち落されたり、2010年にはインターコンチネンタルホテルでの立てこもり事件が発生したりと、近年になっても悪名は衰えませんでした。

 

しかし嬉しいことに、2014年のワールドカップや2016年のオリンピックの影響で、治安は劇的に改善されてきています。2008年からはリオの13のファヴェーラに「UPP(Unidade de Polícia Pacificadora)」という「犯罪組織を追い出すことを目的とした治安部隊」が配置され、治安の改善に向けて動き出しました。

 

また、住民自身によって「ファヴェーラの存在価値を高めていこう」という動きも多く見られるようになりました。例えば「Moda Fusion」というファッション組合があります。「環境に優しい素材を使い、経済的に手が届き、社会的に正当で、文化的に価値のある、持続可能なファッション」をコンセプトに、ファヴェーラ・ファッションの魅力を世界に広めるために設立されました。多くのモデルが実際の住民から選ばれ、ファッションショーもファヴェーラで行われています。2010年にはフランス大統領夫人カーラ・ブルーニがこのショーのためにリオに訪れたことで、世界中から注目を集めました。

 

■Moda Fusion Show in Rio de Janeiroブラジルの絶景

 

住民によれば「確かに今でも銃の音は聞こえるけど、銃撃戦が当たり前に行われていたのは10数年前の話だよ」ということです。

 

この治安改善を受けて、現在では多くのツアー会社が「ファヴェーラ・ツアー」を行っています。大きく2つあって、ガイドと一緒に歩く「ウォーキングツアー」と
ジープの中からファヴェーラの様子を眺める「ジープツアー」があります。

 

どちらに参加するかは個人の自由ですが、ここでは「ウォーキング・ツアー」を強くオススメします。そのほうがより面白いというのはあるのですが、それ以上に、「ジープツアー」は「失礼すぎる」と思うからです。

 

ジープの中から大勢の観光客に「うわー危なそうー」「うわー汚いなー」と眺められていたら、住民としては確実に不愉快ですよね。まるで動物園のサファリツアーのごとき「見世物」です。正直、そんなスタンスのツアーでは、何かトラブルが起こっても仕方ないと思います。ぜひ「ウォーキングツアー」に参加してください♪

 

 

■ファヴェーラに住む日本人写真家

この悪名高いファヴェーラに住み、写真家としての活動を続ける日本人がいます。
それが伊藤大輔さん。TBSのクレイジージャーニーにも出演されるなど、注目を集めています。                

 

ブラジルの絶景
出典:www.asahi.com  

 

伊藤さんは「Number」や「週刊プレイボーイ」など、日本の雑誌でも活躍していて、あのネイマールを撮影されたこともある実力派フォトグラファーです。

 

現在、リオのファヴェーラ「バビロニア」で家族と共に暮らしていて、ファヴェーラの人々と同じ視点からファヴェーラを撮影し続けています。

 

ブラジルの絶景
(C)伊藤大輔   

 

こちらは伊藤さんが撮影したファヴェーラのギャングたちの写真です。TBS「クレイジージャーニー」の中で、その撮影の様子が放送されていました。凄まじい迫力ですよね。まさに伊藤さんでなければ撮れない写真です。

 

伊藤さんは2013年に、東京の神保町で行われた個展「ファヴェーラ」のなかで、「リオ・デ・ジャネイロには1000以上ものファベーラ(スラム街)があるといわれている。その人口はおそよ150万人。リオ市に住む4人に1人がファベーラの住人だ。ファベーラは長い間、麻薬犯罪組織と自警民兵によって支配されてきた無法地帯だった。いつもは穏やかで海の見える高台に位置する美しいファベーラが、一気に戦場と化すその姿はまさにカオス(混沌)だ。今、2014年のサッカーワールドカップ、2016年のオリンピック開催を控えブラジル政府はファベーラ内の一掃作戦に躍り出た。UPPと呼ばれる治安維持警察が設置されるなどファベーラは日々刻々と変化している」と語っています。

 

伊藤さんの写真家としての姿をもっと知りたい方は、こちらの公式HPをごらんください。 また伊藤さんは、自身がガイドとなり、各地のファヴェーラを案内するツアーを催行しています。そちらについては、こちらのページをごらんください。

 

そして伊藤さんの奥様は、ファヴェーラにある伊藤家の隣に宿を開いています。ファヴェーラの中に宿泊する機会なんてめったにありませんから、興味のある方は行ってみてください。奥様のブログ「ファヴェーラ妻」はこちらからごらんください。

 

ファヴェーラ宿

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

グーグルマップで完璧に表示されなかったので、一番近くに設定したのですが、地図のポインターの右上がT字路になっていますよね。ちょうどその角にあります。

 

 

■アートで生まれ変わったファヴェーラ

危険・凶悪…ファヴェーラと言えば、そんな言葉が定番ですが、なんと「アート」によって生まれ変わったファヴェーラがあります。

 

生まれ変わらせたのはオランダ人アーティストの、ドレ・ウルハーン氏とイェロン・クールハース氏の2人です。

 

 

■左:イェロン・クールハース氏  右:ドレ・ウルハーン氏ブラジルの絶景

 

2人は2005年、ドキュメンタリーの撮影でリオを訪れた際、ファヴェーラを見て、その「未完成」さに衝撃を受けました。そして「これらの家全てに色を塗ったらどうか?」というアイデアが生まれ、友人やNGOなどの協力を得て、それを実現していきます。

 

ヴィラ・クルゼイロ(Vila Cruzeiro)

最初に手がけたファヴェーラは2007年の「ヴィラ・クルゼイロ(Vila Cruzeiro)」。街中の、とあるサッカーコートの裏にある3つの家から始まりました。

 

■最初の状態
ブラジルの絶景

 

■完成後
ブラジルの絶景

 

完成後、子供たちがハース氏のもとに集まってきて「この少年は凧揚げをしてるんでしょ?凧はどこなの?」と聞いてきたそうです。それに対しハース氏は「これは芸術作品だから。つまり、凧は想像してね」と答えたそうです。アートですね♪

 

また、実は最初は「青い壁」にするだけだったそうなのですが、ファヴェーラでは「青」は「警察」の色のため住民から大反対にあい、上に少年を描いたそうです。思いもよらぬことが起こるものですね(^^;)

 

これは大変な評判になり「有名なスラムが、野外ギャラリーに」と数々の新聞に取り上げられました。

 

ブラジルの絶景

 

リオ・クルゼイロ(rio cruzeiro)

ブラジルの絶景

 

2009年にはファヴェーラ「リオ・クルゼイロ(rio cruzeiro)」に「鯉の川上り」という日本風の作品を1年がかりで完成させました。こちらは日本人には絶対に見て頂きたい作品です。
元々ここは「地すべり」を防ぐためにコンクリートで固められた道でした。それが今では素晴らしいアート作品に生まれ変わったわけです♪

 

サンタマルタ(Santa Marta)
ブラジルの絶景

 

2010年にはファヴェーラ「サンタマルタ(Santa Marta)」に「ヴィラ・クルゼイロ」を進化させた作品を完成させました。

 

ポイントは、以前よりもシンプルなデザインにすることで、逆に規模を大きくできたこと。そして大きな規模にしたことで、逆に容易に大勢の協力を得られたこと、とのことです。実際これには多数の住民が協力し、わずか1ヶ月で完成したそうです。

 

■デザインスケッチブラジルの絶景

 

ちなみにサンタマルタはマイケル・ジャクソンの銅像があることでも、世界的に有名です。

 

ブラジルの絶景

 

後述しますが、ファヴェーラ・ツアーで見られるものや、衝撃を受けるものは基本的に同じです。であれば、これらのアート作品を一つ目的として行くのもオススメです。その場合、絶対に個人では行かず、必ずツアーに参加してください。

 

 

■そのほかの有名なファヴェーラ

ホシーニャ(Rocinha)

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

人口30万人以上とも言われる、中南米最大のファヴェーラ。ファヴェーラツアーの定番です。

 

バビロニア(Babilônia)

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

前述した伊藤大輔さんが居住しているファヴェーラで、「黒いオルフェ」や「トロッパ・ヂ・エリッチ」など様々な名作映画のロケ地になっています。警察官が24時間常駐していて、比較的安全なファヴェーラとして多くのツアーが催行されています。

 

シダージ・ジ・デウス(Cidade de Deus)

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

2002年に世界的に大ヒットした映画「シティ・オブ・ゴッド(City of God)」の舞台としてあまりにも有名です。2011年にはアメリカのオバマ大統領も訪れています。
ちなみに、ファヴェーラに行く前には、必ず「City of God」を見ることをオススメします。現在では観光地化されているファヴェーラが、本来ブラジルにおいては
どんな場所だったのか。それを知ってから行くのと、そうでないのでは、行った後に思うことが全く違うと思いますよ。
→City of God

 

 

 

ヴィジガル(Vidigal)

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

あのベッカムが住居を購入したファヴェーラです。ドイス・イルモンスという丘にあり、イパネマ海岸が一望できます。確かに写真だけ見るとハワイの一等地のような素晴らしいロケーションですよね♪購入した家は、なんと4000万円とのことです。

 

 

■ファヴェーラ・ツアー

リオのツアー会社に行けばたくさん扱っていますので、ここではツアーの見どころを簡単にご紹介します♪

 

概要

ツアーは大体3~5時間で5千円~1万円と思ってください。

 

前述しましたが「ウォーキングツアー」と「ジープツアー」があります。「ウォーキングツアー」では、バイクの後部座席に乗り、丘の上のポイントまで一気に上がったりします。かなり怖いです(^^;)

 

でも前述したとおり「ジープツアー」は住民に対して失礼だと思いますので、ウォーキングツアーをオススメします。学校や託児所、売店や病院などを訪れ、リアルなファヴェーラを見せてもらえますよ。

 

ツアー中にガイドから受ける注意や、教えてもらうことは大体下記のとおりです。

 

・ガイドからの許可があるまで絶対にカメラを出さないこと。
・物乞いには絶対にお金をあげないこと(働かないとお金は手に入らないことを
 子供に理解させるため)。
・ファヴェーラは雨が降ると路地が川になり、下にはゴミが流れてくるため、
 上の方が土地や家の値段が高くなる。
・家は2階建てや3階建てばかりだが、それぞれの階で住人が違う。
 下の階の住人が上の階を別な人間に売るため。
・家は25万円くらいで購入できる。
・ファヴェーラに住みたがる人は、今でも大勢いて(ベッカムが4000万円で家を
 買ったように)数千万円出して家を購入する人もいる。なぜならファヴェーラ
 は無税だから。住民もお店も、誰も税金を払っていないのが大きな魅力。
・マフィアは麻薬で得た収益金をファベーラのインフラ整備や子供たちの教育に
 回していて、それで大学に行く子供たちもいる。
・マフィアは、中古のDJ機材やサーフボードを子どもたちに与え、犯罪以外の
 道に進むような試みもしている。
・ファヴェーラの住民は、ファヴェーラの中だけにいるのではなく、

 普通にリオの街中で働いていたりする。
・昔は最貧困層が住んでいたが、今では低~中間所得層も住んでいて、
 所得が10万円くらいある人も普通にいる。
・ディスコ、ファーストフード、寿司屋、学校、銀行、病院などもあり、
 日常生活は全てファヴェーラ内で済ませることができる。
・Wi-Fiも通っている。
・ツアー料金の一部はファヴェーラのために使われている。

 

こんなところでしょうか。そのほか、メインの見どころは写真付きでご説明します。

 

 

電線

ブラジルの絶景

 

ファヴェーラの電線は全てこんな感じです。なぜかというと、電気は「勝手に盗んで使われている」からです。凄まじい文化ですよね。政府が「放置」していたことがよくわかります。

 

ウォール・アート

ブラジルの絶景

 

ファヴェーラは、それ自体がウォールアートの博物館。素晴らしい絵の数々に目を奪われるでしょう♪

 

ゴミと異臭

ブラジルの絶景

 

ファヴェーラは遠目に見ると非常に美しいのですが、中に入ると常に異臭が漂っています。ゴミの山が至るところにあり、ブラジルの現実をまざまざと見せつけられます…。

 

子供達

ブラジルの絶景

 

ファヴェーラだろうが、フィリピンのスモーキーマウンテンだろうが、子供たちは元気な笑顔を見せてくれます。

 

しかし、この街の子供たちは12・3歳で子供を産むことが珍しくなく、30歳にもなれば、おじいちゃん・おばあちゃんになっているそうです。

 

これは世界中のスラムに見られる特徴なので、間違いなく貧困が原因です。ブラジル政府はもちろんのこと、世界が団結して問題解決に取り組まなければいけないですね。

 

美しい景色

ブラジルの絶景

 

ツアーでは必ずファヴェーラを一望できる場所へ連れて行ってくれます。写真は下からの眺めですが、上から見下ろす場合は大抵海が見えていて非常に美しいです。

 

中と外のギャップがこれだけある場所は、世界広しといってもブラジルのファヴェーラくらいではないでしょうか。ぜひ体験してみてください♪

 

ファヴェーラツアーを予約したい方は下記をご覧下さい。

・伊藤大輔さんと回るファヴェーラツアー:様々なファヴェーラに行けます。
・「FAVELA   ADVENTURES!」:ホシーニャのツアーが催行されています。

 

・トリップアドバイザーのファヴェーラツアーのクチコミ

 

いかがでしたでしょうか。混沌の街「ファヴェーラ」をぜひ体験してみてください。ただ、観光地化されているのは全てのファヴェーラではありません。現在でも銃撃戦が行われているファヴェーラも確かにあります。行く際は必ずツアーに申し込んでくださいね。

 

 

■備考

ブラジルも様々なダイビングスポットがあります。特にパンタナールでは洞窟でのダイビングなども可能です♪訪れる際は、必ずダイビングライセンスを取得しておくことをオススメします♪

 

もちろん体験ダイビングも豊富にあるので、ライセンスがなくても大丈夫なんですが、やはり体験だと行ける場所に限りがありますので、取得してからの方がブラジルの雄大な自然をを満喫できます。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

ブラジルのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■阪急交通社 ■近畿日本ツーリスト 
■エイビーロード ■日本旅行

 

 

行き方

■航空便例
日本ーニューヨーク国際空港(約13時間、日本航空)
ニューヨーク国際空港-リオ・デ・ジャネイロ(約10時間、アメリカン航空)

ホテル検索

 

 ←リオ・デ・ジャネイロです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



リオ・デ・ジャネイロ⑤~ファヴェーラ~(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆