マナウス(ブラジルの絶景)

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

マナウス

(Manaus)

場所

アマゾナス州

(Estado de Amazonas)

時差

13時間

時期

6月~9月

 

マナウスは世界的に有名なアマゾンジャングルの観光拠点となる街です。アマゾナス州の州都でもあり人口は150万人を超える大都市です。

 

みどころは多々ありますが、やはり何よりも満喫したいのはアマゾンの世界。様々な方法がありますので、それぞれ細かくご紹介していきます。

 

できれば少し奮発して、アマゾンを本当に満喫できるジャングルロッジでの宿泊もオススメしたいところです。パンタナールもそうなのですが、これだけの大自然ですから、お金をかけて長く滞在するのと、有名な観光スポットを弾丸で回るのでは、やはり旅の濃さが違うかなと思います。またベレンなどへのアマゾン川下りも貴重な体験です。世界第5位の面積を誇るブラジル。日本の真逆のブラジル。
ぜひ、濃い旅をしてみてください♪

 

それではご紹介していきます♪

 

 

■目次

 

 

■アクセス

 

マナウスへは水路か空路でしかアクセスすることができません。なのでブラジルでは「陸の孤島」と呼ばれています。

 

空路

ブラジルの絶景

 

見ての通り、まぁ見事に国内の主要都市と離れています。直線距離は、

ベレン:1300km
レシフェ:2840km
ブラジリア1930km
サンパウロ:2680km
リオ・デ・ジャネイロ:2845km
ポルト・アレグレ約3120km

日本の本州が約1500kmですから、いかに広いのかがわかります。

 

サンパウロやリオ・デ・ジャネイロなどの南東部を拠点にしている場合、直行便はブラジリアとサンパウロからになり、リオ・デ・ジャネイロからだと、どちらかを経由する形になります。レシフェやナタールなど北東の街を拠点にしている場合、直行便はベレンからになります。ベレンからでも所要時間は約2時間です。

 

パンタナール観光の後に行きたい場合、北パンタナールの拠点「クイアバ(クヤバ)」からは、ポルト・ヴェーリョを経由して約4時間。アズール・ブラジル航空が運行しています。ブラジリア経由の場合は、ゴル航空やTAMブラジル航空などになり、約5~6時間かかります。

 

南パンタナールからだと、カンポ・グランジからクイアバを経由して上記と同じ流れになります。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

空港から市内へ

空港から市内までは約15km。タクシーだと約25USドルです。

 

空港を出て右手に200mほど歩くと市内循環バスの停留所があり、1時間に1本運行しているのですが、治安的にあまりオススメできません。市内の交通はタクシーでした方が良いです。

 

 

■マナウス空港での注意点

マナウスはフリーポート(自由貿易地域)に指定されています。そのため、カメラ、ビデオ、時計、スマホ、パソコンなどの外国製製品は税関申告をしなくてはいけません。

 

用紙は機内で配布されるか、空港到着時に税関より受け取ります。この申告をしていない場合、マナウスから(国内外問わず)他の地域へ出発する際、免税持ち出し限度額を超えると、超過分に課税をされてしまいます。

 

限度額は1名につき、国際線が500USドル、国内線が2000USドル。子供も14歳以上は対象となります。

 

申告する必要がある外国製品を持っている場合、国内線でも、航空会社のカウンターへ行く前に、荷物申告書を記入し、税関検査を受ける必要があります。この検査のため、国内線でも出発2時間前までに空港に行く必要があります。申告するものが無い場合は1時間前の到着で大丈夫です。

 

また、マナウスで何かしらの外国製品を購入した場合、通関の際の証拠書類として、店が購入者に対し発行する課税伝票(nota fiscal:ノータ)を持っている必要があるので、決して捨てないでください。

 

 

■街の見どころ

アマゾナス劇場(Teatro Amazonas)

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

マナウスは19世紀後半にゴムが発見され、ゴールドラッシュならぬゴムラッシュで賑わいました。こちらはその時代を象徴する建造物で、1896年に建てられた歴史あるオペラハウスです。現在も毎日のようにオペラやコンサートが開かれており、大理石の階段やオーストリア製のイスなど、豪華な内装を見るだけでも価値がありますよ。

  • 月~土:9時~17時
  • 入場料:10レアル

 

中央市場 (Mercado Munincipal Adolpho Lisboa)

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

1882年にパリの中央市場を模して造られた歴史ある市場で朝の6時から開いています。最大の見所はやはり魚市場。市場の後ろには、まるで海のようなアマゾン川の支流「ネグロ川」が流れていますが、その途方もないスケールの自然で育った数百種類もの川魚が並びます。ピラルクをはじめとして、その大きさに圧倒されること間違いなしです♪

 

インディオ博物館 (Museu do indio)

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

アマゾン流域に暮らす先住民族「ヤマノミ族」「リオ・ネグロ族」などの資料が展示されています。興味のある方はぜひ行ってみてください。

  • 入場料:5レアル
  • 平日:8:00~11:30/14:00~16:30
  • 日曜:午前のみ

 

国立アマゾン研究所(Instrituto Nacional de Pesquisas da Amazonia)

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

INPAという略称で知られていて「科学の森」とも呼ばれています。1954年に設立され半世紀以上が経つ由緒ある研究所で、膨大な昆虫のコレクションが見ものです。またワニや淡水マナティの飼育なども行われています。

入場料:5レアル
月:休み
火~金:9:00~12:00/14:00~16:00
土日:9:00~16:00

 

アマゾン自然科学博物館(Museu de Ciencias Naturais da Amazonia)

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

アマゾンに生息する昆虫、魚類の剥製、水族館の3セクションに分かれている博物館で、ブラジルに移住した橋本氏が館長を勤めています。

 

大型の淡水魚の剥製は見もので、日本語での解説もあるので、非常にわかりやすいです。アマゾンの凄さを深く味わえるので、ぜひ行ってみてください。

入場料:12レアル
日:休み
月~土:9:00~12:00/14:00~17:00

 

 

■ネグロ川とソリモインス川の合流地点

ブラジルの絶景

 

アマゾンを代表する絶景ポイントの一つが、マナウスの街から下流に約10km行ったところにある、ネグロ川とソリモインス川の合流地点です。

 

コロンビアから流れ、浸水林の間を抜けてくる黒色のネグロ川。ペルーから流れ、アンデスの雪解け水を集めてくる黄土色のソリモインス川。2つの川は合流後、
数10kmに渡り混ざり合うことなく流れていきます。

 

混ざり合わない原因は、水の比重と速度の違いにあります。ネグロ川が水温28度、時速3~4kmの流れに対し、ソリモインス川は水温22度、時速7~8kmとなっています。

 

この合流地点は、基本的に全てのツアーに組み込まれているため、ツアー参加が手っ取り早いです。日帰りツアーでも数日のツアーでも大丈夫です。

 

自力で公共の交通機関を使って行く

マナウス市内のバスターミナルから713番のバスに乗ります(時間とともに色々変わるのが旅の常ですから、必ず現地で確認をお願いします)。約40分ほど走ると終点の港に着きます。そこから対岸へ向け、無料のカーフェリーと、有料の高速フェリーが出ています。カーフェリーは1時間1本。高速フェリーは6レアルです。

 

どちらが良いかというと、高速フェリーは本当に高速で、合流地点をゆっくり眺められません。なので無料フェリーを待ってのんびり行ってください。

 

ただ、どちらもあくまで、対岸への「交通機関」なので、合流地点を見て帰るというわけには行かないんですね。合流地点までは船が出てから約20分でつくのですが、対岸までは計50分かかります。戻るにも当然50分。なので、合流地点までだと40分の往復が、結局100分かかるわけです。

 

さらに、そもそも市内と港が往復80分ですから、かかる時間を考えると、正直ツアーで良いかと思います(^^;)

 

運が良いとカワイルカも顔を出してくれるのですが、ツアーだとちゃんと探してくれますからね♪

 

ブラジルの絶景

 

 

■アマゾンエコツアー

アマゾンツアーは2泊3日が一般的で長いものだと4泊5日などもあります。

 

内容はどれも同じです。上記した2つの川の合流地点。ピラニア釣り。先住民族の村。ナイトサファリでワニを捕まえる。ジャングルを散策し、昆虫やヘビ、タランチュラなどを観察などなど。

 

ただ、移動手段や宿、食事のメニューなど細かい部分が違うので、自分の求める内容か確認してから決めてください。中にはマナウスの市内ツアーが付いているものもあります。

 

どれもこれも値段は高いです。2泊3日で2万円~4万円を想定しておくと良いでしょう。ただ、せっかくマナウスまで来て、結局ツアーに参加するのであれば、安いツアーではなくジャングルロッジでの宿泊もオススメですので、ご紹介します。

 

エコパーク(Eco Park Jungle Lodge)
ブラジルの絶景

 

シャワーや水洗トイレ、エアコンなどもあり、フロントではWi-Fiも使えます。エアコンは少々音が大きいですが、窓を閉めても涼しいので、蚊に悩まされることがありません。写真の見た目は豪華ホテルですが、そこはあくまでもアマゾンのジャングルの中。バリ島やモルディブのヴィラとは違います。なので、シャンプーやドライヤー、テレビなどはありません。とはいえ、ジャングルの中では非常に上質な空間であることは間違いなく、昼間の疲れを大いに癒してくれます。アマゾンはとても素晴らしい体験になるのですが、暑さや虫の多さなど「キツイ」のも事実なんです。なので、夜休む場所が快適で上質なのは、とても良いことだと思いますよ。
クチコミはこちらからごらんください。

 

アリアウ アマゾン タワーズ ホテル
ブラジルの絶景

 

こちらは正真正銘のリゾートホテル。ブラジルだけでなく、ペルーやエクアドルなど、他の地域も含め全アマゾンで最高のホテルです。ビル・ゲイツ、ビル・クリントン、冒険家ジャック・クストーなど、まさにセレブが宿泊しています。特に人気なのが高さ41mのタワー。頂上に登れば、まるで鳥になったかのような視点でアマゾンの世界を堪能することができます。地上からでもない、飛行機からでもない、世界でここからしか見られないアマゾンです。世界のセレブをとりこにするリゾートにぜひ宿泊してみてください♪ただ、このロッジを拠点としたツアーに参加する場合、2川合流地点観光は位置的に含まれませんので、ご注意ください。その場合は、マナウスから合流地点のツアーに参加すれば良いと思います。

 

ジュマロッジ(JUMA LODGE ARARA)
ブラジルの絶景

 

マナウスから川を横断し、ジュマ湖畔という地域に行きます。ジャングルにたてられたコテージは、周囲の木と同じ高さで鳥やサルを至近距離で観察できます。ツアーの内容は他と同じですが、一番の魅力は「奥地ゆえの静けさと暗さ」です。アマゾンの拠点マナウスといえども、今では人口150万人を超える大都市です。周辺もそれなりの明るさがあります。しかし、アマゾン川を渡ってしまうことで世界はガラリと変わります。本物のアマゾンの世界を、ぜひ堪能してみてください♪

 

 

■アマゾンカワイルカと触れ合う

ブラジルの絶景

 

カワイルカは世界に3種類確認されています。中国揚子江のヨウスコウカワイルカ(すでに絶滅)。インドやバングラディッシュのガンジスカワイルカ。そしてアマゾンカワイルカです。

 

2川合流地点を含むアマゾン川1日ツアーに参加すると、餌付けされたカワイルカと触れ合うプランが基本的に盛り込まれています。写真のように水着に着替えて川に入り、触ったり写真を撮ったりすることができます。

 

ツアーに参加しなくても、運がよければ、川を船で移動しているときに見られるのですが、あくまでも「見られる」というレベル。

 

遠くで背中や頭がちょっと見えたりするだけの場合が多いです。せっかくの機会ですからガッツリ触れ合ってみるのも良いと思いますよ♪

 

 

■アマゾン川下り

川下りのルート(ブラジル以外含む)

普通の旅行者にとって、アマゾン川下りの拠点となる町は下記になります。

・イキトス(ペルー)
・サンタロサ(ペルー)  (ペルー、コロンビア、ブラジルの国境となる町)
・レティシア(コロンビア)(ペルー、コロンビア、ブラジルの国境となる町)
・タバティンガ(ブラジル)(ペルー、コロンビア、ブラジルの国境となる町)
・マナウス(ブラジル)
・ベレン(ブラジル)

 

ブラジルの絶景

 

主なルートとしては下記になります。

・イキトス~三カ国国境の町のどれか
・三カ国国境の町~マナウス
・マナウス~ベレン

 

自分の旅行に合わせてルートを決めるわけですが、それぞれ「上り」と「下り」がありますので、倍の選択肢があるということですね。ポイントは「可能なら出発点をブラジル以外にする」ということ。同じルートでもブラジルは物価が高いので、値段が全く異なります。なので、アマゾン川で国境を越えるのであれば、入国の時に川下りをするのがオススメです。ちなみに「上り」は「下り」に比べて1日時間が多くかかると思ってください。

 

船選び

ルートが決まったら今度は船選び。ポイントは2つあります。

①高速船か普通の船か。時間が数倍違います。
②個室かハンモックか。値段が数倍違います

 

■普通の船(個室とハンモックがある)  ■高速船
マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

上記の3つのルートの値段と時間をまとめると、こんな感じです。
(料金は時間とともに変動しますので、事前に確認してください)

 

■イキトス~三カ国国境の町のどれか

・スピードボート:約10時間・約7000円
・普通の船:3日・約2000円(ハンモック)約8000円(個室)

 

■三カ国国境の町のどれか~マナウス

・スピードボート:約33時間・約25000円
・普通の船:4日・約12000円(ハンモック)約50000円(個室)

 

■マナウス~ベレン

・普通の船:3日・約10000円(ハンモック)約40000円(個室)
・スピードボートはありません

 

旅のルートにもよりますが、アマゾン川下りは3日もすれば十分だと思います。川の景色も2日たったら慣れるというか、飽きるというか…。多少変化はあるんですけどね…多少なので…(^^;)

 

ただ、アマゾン川下りのハンモック体験は、他では経験出来ないものなので、ぜひやってほしいところです。

 

本当に面白くて、最初は左の写真のような空きスペースが、時間が経つにつれて、どんどんハンモックが掛かり出し、右の写真のようになるんです。これが夜になると、掛けられる場所全てにハンモックが掛けられていく感じで、高い場所から低い場所をフルに使い、横だけでなく縦から斜めまで、文字通り「縦横無尽」に掛かり出し、もはや前も見えなくなる「ハンモックの森」となります。

 

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

スピードボートはこんな感じ。そこそこ快適です。

 

ブラジルの絶景

 

筏で下る

ちなみに、アマゾン川下りは「筏(いかだ)」ですることもできます。
…はい?と思うかもしれないのですが、そんなプランがあるんです(^^;)

 

300USドル~くらいで自分用の筏を作ってもらいます。そして、ゴールを定めて自分で下っていくというものです。

 

こちらは本当に「冒険」がしたい方向けですね。途中、先住民のエリアに入り襲われたり、夜寝ている間に流木や観光船に当たり大破したりと、映画の中でしか起こらないことが現実に起きる行程です。命に関わるので、普通の観光旅行者はしないほうが無難です。

 

豪華クルーズ

また、対局ですがアマゾンには豪華クルーズもあります♪

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

これはすごいですよ~。部屋からの眺めは、世界のどの高級ホテルのスイートルームにもひけをとりません♪ぜひ行ってみたいものですね♪

 

 

■備考

ブラジルも様々なダイビングスポットがあります。特にパンタナールでは洞窟でのダイビングなども可能です♪訪れる際は、必ずダイビングライセンスを取得しておくことをオススメします♪

 

もちろん体験ダイビングも豊富にあるので、ライセンスがなくても大丈夫なんですが、やはり体験だと行ける場所に限りがありますので、取得してからの方がブラジルの雄大な自然をを満喫できます。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

アマゾンのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■エイビーロード 

 

行き方

■航空便例
日本ーシカゴ国際空港(約12時間半、ユナイテッド航空)
シカゴ国際空港-サンパウロ(約11時間、ユナイテッド航空)
サンパウロ-マナウス(約4時間)

ホテル検索

 

 ←マナウスです。
 ←タバティンガです。
 ←レティシアです。
 ←イキトスです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



マナウス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆