レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)

レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

レンソイス・マラニャンセス国立公園

(Lençóis Maranhenses)

場所

マラニョン州

(Estado do Maranhão)

時差

12時間

時期

6月~9月(特に水が豊富なのは7月~8月)

 

レンソイスはポルトガル語で「シーツ」を意味します。「石英」で出来た真っ白な砂丘の広さはおよそ15万ha。東京23区2つ分に相当する広大な面積で、あたかも地球を覆うシーツの様だということで、その名がつけられました。

 

この真っ白な砂漠には1月~6月の雨季に、たくさんの雨が降り注ぎます。そして地下水の水位が上がることで、砂丘の間に数百ものエメラルドグリーンの湖が現れます。旅のベストシーズンは6月~9月頃。水が徐々に地表に染み込んでいき、白とエメラルドグリーンのコントラストがピークを迎えます。それ以降になると水が少なくなり、最後には完全な白い砂丘へと戻ってしまいます。

 

また一般的に「レンソイス」と呼ばれている場所は、実は「大レンソイス」と言います。つまり「小レンソイス」もあるんですね。小レンソイスはサンセットが最高に素晴らしいです♪中々行けない場所ですから、ぜひ2箇所とも足を運んでみてください。小レンソイスはこちらの特集ページをご覧下さい。

 

南米でも1・2を争う絶景、「レンソイス・マラニャンセス」。それではご紹介していきます♪

 

 

■目次

 

 

■拠点の街「バヘリーニャス」

 レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

バヘリーニャスは人口2万人ほどの小さな町です。レンソイスを求めてやってくる観光客たちで、近年はとても賑わっています。宿はたくさんありますので、こちらからチェックしてください。
 旅の大辞典

 

町の名物は「シュラスコ」♪ 鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し、荒塩をふって炭火でじっくり焼く、南アメリカの肉料理です。スペイン語圏では「アサード」と呼ばれ、アルゼンチン、ウルグアイ、ボリビアなどでも広く食べることができます。
ぜひ本場の豪快なシュラスコを堪能してください!

 

ブラジルの絶景

 

 

■アクセス

日本からバヘリーニャスへ直行便はなく、一度サンパウロやリオデジャネイロに行きます。そこから「サン・ルイス」へと飛び、バスで4~5時間ほどかけてバヘリーニャスへ到着します。

 

サン・ルイス

 レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

サン・ルイスはブラジルで唯一、フランス人によって造られた美しい街で、「サン・ルイス歴史地区」として世界遺産に登録されています。ただ、フランス人が建設したものの、すぐポルトガル人に追い出されてしまいます。そのため、街にはポルトガル風の建物が多く残る形になりました。しかし、現在のラテンアメリカにおいて、これほど保存状態の良いポルトガル風建築は稀。別名「タイルの街」と呼ばれるほど、建物にはタイルが敷き詰められ、独特の景観を創り出しています。

 

実は街は島の上にあります。美しい海岸線やビーチはサン・ルイスの目玉の一つ。特に夜景は目をみはるほど素晴らしいです。そんな景観を持つゆえか、この島からは多くの詩人や作家が生まれました。そのため「愛の島」「ブラジルのアテネ」などと呼ばれ多彩な魅力を放っています。

 

タンボル・デ・クリオウラ

 街に根付く文化の一つに「タンボル・
 デ・クリオウラ(Tambor de Crioula)」
 があります。アフリカ系ブラジル人のダ
 ンスで、まず、陽気な女性たちが太鼓
 の打楽器隊であるバテーリアを誘いま
 す。彼女たちは音楽に合わせてくるくる
 周りながら、バテーリアの中心で一番
 良い位置を取り合います。すごいエネ
 ルギーに溢れているので、ぜひ見てくだ
 さい♪


 

タンボル・デ・ミナ

 こちらもクリオウラと似ていますが、非
 なるもので、アフリカ系ブラジル人の
 信仰「カンドンブレ」から来ています。
 見ると、ただ騒いでいるわけではなく、
 神聖で厳かな感じが伝わると思いま
 す。いずれにせよ、途方もないエネル
 ギーに溢れています♪


 

ブンバ・メウ・ボイ

 ブラジル各地で行われている「ボイブ
 ンバ」という祭りの一種で、サン・ルイ
 スは特にそれが盛んな地です。民族
 音楽の「フォルクローレ」とともに「一
 度死んだ後よみがえる雄牛」にまつ
 わる物語を、各チームが演じます。


 

とても魅力的な街なので、ぜひ訪れて欲しいと思う反面、残念なことに治安が良くないと言われる街でもあります。

 

回避する方法としては、お金でガードすること。すなわち「ちゃんとしたホテルを取り、空港からの送迎も手配し、市内観光をホテルのツアーデスクで頼んでしまう」という形ですね。そうすれば安全は確保されますから、時間がある方は、ぜひサン・ルイスも楽しんでください♪ホテルはたくさんありますので、こちらからチェックしてみてください♪
 旅の大辞典

 

 

サン・ルイス空港からバヘリーニャスへの行き方

 

サン・ルイス空港の空港タクシーで市内のバスターミナルまで行きます。空港タクシーなので安心ですが、夜間や早朝の移動は慎重にしてください。時間は約30分でつきます。

 

ブラジルの絶景

 

ターミナルについたら、「バヘリーニャス~」とか「レンソイス~」とか言いながらカウンターを探してみてください。係りの人や周りの旅行客が教えてくれると思いますよ♪バスは「Cisne Branco社」を使用します。こちらですね。

 

ブラジルの絶景

 

片道28レアルで1日4便です。所要時間は約5時間です。

  • サンルイス→バヘリーニャス:6:00、9:00、14:00、19:30
  • バヘリーニャス→サンルイス:6:00、9:00、14:00、18:30

 

また、ほかに乗り合いタクシーでも行くことができます。40レアルです。

 

 

■レンソイス

■遊覧飛行

ブラジルの絶景

 

空から見たほうが良い絶景は多々ありますが、その最たるものの一つがレンソイスです♪見ての通りのコントラストは、まさしく世界でも唯一無二。どこか別の世界に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

 

ブラジルの絶景

 

こんな4人乗りセスナで飛びます♪
遊覧飛行は朝7時発。所要時間は30分で250レアル。南米を旅していると少し高い気もしてきますが、その分の価値はありますので、ぜひやってみてください♪
催行は3名からですが、料金を3名分払えばセスナは出してくれます!2度行けるかは分からない場所ですから、人数が集まらなかったら金で解決してください!2万円くらい日本で考えたら大したことないですからね。ちょっと飲みに行って後輩に奢ったら出る額です(^^;)

 

ちなみに、2014年頃はバヘリーニャス空港が封鎖になっていたため、サン・ルイス空港からしか遊覧飛行が出来なくなっていたのですが、2015年から空港は再開されていますので、現在は大丈夫です。サン・ルイスからの遊覧飛行に参加する場合は、約1時間半のフライトになります。その分値段も高くなります。

 

 

大レンソイス

さぁ、遊覧飛行が終わったら、いよいよ現地に行ってみましょう♪
レンソイスは無数の湖があるので、漠然とそれら全てを見に行くと思いがちですが、なにせ15万haという広大な広さ。毎年、特に美しい湖が目的地となり、それぞれ違うツアーが出ています。

 

代表的なものは3つあり、南の「Lagoas Azul=ラゴ・アスール(青い湖)」と
北の「Lagoas  Bonita=ラゴ・ボニータ(キレイな湖)」。そしてカメやカエルが泳ぐ「Lagoas do peixe=ラゴ・ドゥペイシェ」。それぞれ湖での遊泳を含め大体3.4時間ほどで1つのツアーが終わります。

 

ですので、午前7時から遊覧飛行。朝食を食べたら、9時から午前のツアー。
12時過ぎに戻り昼食をとった後、14時から午後のツアーというのが一般的です。

 

こんなワイルドジープに乗り込みます♪

 

ブラジルの絶景

 

後部座席で風を受けながら快適なドライブを…と思いきや、かなりの悪路を約1時間進みます。

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

途中にはペギシュアス川という川が出てきます。さすがにこれは車では渡れず、どうするのかなぁ…と思っていると、船が登場。ジープごと対岸へ移動します。こんな移動も旅の醍醐味ですよね♪

 

ブラジルの絶景

 

いや~遠くまで来たなぁ…なんて実感する頃、ついに到着!驚く程景色が変わります。

 

ブラジルの絶景

 

それでは大レンソイスの絶景をご覧下さい。

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

ブラジルの絶景

 

気温は35度くらいあり、湖から出るとすぐに乾きますから、ぜひ泳ぐことをおすすめします。また、ビーチサンダル、サングラス、日焼け止め、水中カメラは必携です。サンセットも素晴らしいので、午後のツアーも参加してくださいね♪

 

ちなみに、有名な話ですが、レンソイスの湖には魚がいます。湖に魚。至極当然のように思えますが、この湖は雨季の時だけ現れるもの。乾季には真っ白な砂漠になるので、本来いるはずがないんです。「魚卵が鳥などに付着し、湖に運ばれ孵化する」説と、「卵が耐久卵で、地下水脈のわずかな水分で乾季を過ごし、雨季に孵化する」説がありますが、未だに解明されていないそうです。

 

いかがでしたでしょうか?とても遠いですが必ず満足させてくれる場所なので、ぜひ行ってみてください♪

 

また、サンセットが最高な小レンソイスも必ず行くことをおすすめします♪こちらの特集ページをご覧下さい。

 

■小レンソイスのサンセットブラジルの絶景

 

 

■備考

ブラジルも様々なダイビングスポットがあります。特にパンタナールでは洞窟でのダイビングなども可能です♪訪れる際は、必ずダイビングライセンスを取得しておくことをオススメします♪

 

■パンタナールの洞窟ダイビングブラジルの絶景

 

もちろん体験ダイビングも豊富にあるので、ライセンスがなくても大丈夫なんですが、やはり体験だと行ける場所に限りがありますので、取得してからの方がブラジルの雄大な自然をを満喫できます。

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、旅行しながら取得するのもオススメです♪

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろうカリブ海を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

レンソイスへのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■阪急交通社 ■近畿日本ツーリスト

 

 

行き方

■航空便例
日本ーワシントン(ユナイテッド航空 約13時間)
ワシントンーサンパウロ(ユナイテッド航空 約10時間)
サンパウローサン・ルイス(LATAM Airlines 約3時間半)

 

■サン・ルイスーバヘリーニャス(バスで約3時間)
■バヘリーニャスーレンソイス(車で約1時間)

ホテル検索

 

 ←サン・ルイスです。
 ←バヘリーニャスです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



レンソイス・マラニャンセス(ブラジルの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆