「パンタナール⑦プラタ川」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

プラタ川

(Rio Prata)

場所

ブラジル

(Brasil)

時差

夏:-12時間

冬:-13時間

時期

12月~4月

(水温が高い夏)

 

パンタナールは、世界最大の湿原でブラジル観光のハイライトの1つです。本州と同じ広大な面積の中にたくさんの見どころがあります。当サイトでは9ページに渡って特集しておりますので下記からごらんください。こちらのページは「パンタナール⑦プラタ川」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■プラタ川

 

 

プラタ川は、ボニートから南に約45km離れた場所にあり、天然水族館やスクリ川に劣らない透明度が人気です。遠いため1日ツアーになるので料金が少し高くなり日本のバッグパッカーには敬遠されがちなんですが、素晴らしい場所なので予算に余裕がある人はぜひ行ってみてください。地元の人はスクリ川よりもプラタ川を推してきます(^^)

 

ブラジルの絶景

 

こちらが拠点になります。待機所にはハンモックがいっぱいかかっていて、日本人からするとこれだけで嬉しくなってしまいます(*´ω`*)

 

ブラジルの絶景

 

ウェットスーツに着替えたらトラックに乗って森にむかいます。森の入口についたら15分ほど歩いて入水ポイントに到着です。

 

ブラジルの絶景

 

プラタ川はパット見だと透明度が高いように見えないんですが、上からちゃんと見ると透き通っているのが分かります。

 

「パンタナール⑦プラタ川」徹底ガイド:旅の大事典

 

フローティング時間は約2時間なので、水温が高い夏がベストシーズンになります。準備が出来たらいよいよ水中へ。

 

ブラジルの絶景

 

「黄金の魚」と呼ばれる「ドゥラード」。水中でキラキラ光っています。

 

ブラジルの絶景

 

この黒いのも一見金魚にいそうですが、実際には50cm位あります。ボニートで食べられる「ピラプタンガ」は、どこにでもたくさんいます。

 

「パンタナール⑦プラタ川」徹底ガイド:旅の大事典

 

ちなみにプラタ川ではダイビングも楽しめます。平均水深は5~6mと浅いので初心者の人でも大丈夫です。フローティングでは見られない大型の魚や、流木に潜むエビや川魚など、より多くの生き物を見ることができます。料金は約300レアルを目安にしてください。

 

ブラジルの絶景
出典:https://www.vivabonito.com.br

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをご覧ください。

 

日本で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「パンタナール⑦プラタ川」徹底ガイド:旅の大事典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。ただ、パンタナールはエリア的に厳しいと思います(^^;)

「パンタナール⑦プラタ川」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-マイアミ空港(約4時間半)

 

マイアミ空港-ブラジリア空港(約7時間半)

 

ブラジリア空港-カンポ・グランデ空港(約1時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「パンタナール⑦プラタ川」徹底ガイド:旅の大事典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルのガイドブック

 

ボニート
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆