「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典

 

名称

ファヴェーラ

(favela)

場所

ブラジル

(Brasil)

時差

夏:-11時間

冬:-12時間

時期

5月~10月

 

リオデジャネイロは、サンパウロに次ぐブラジル第2の都市で、ブラジルを象徴する見どころが多いため国内最大の観光都市として知られています。

 

当サイトでは10ページに渡って特集しておりますので下記からごらんください。こちらのページは「⑧ファヴェーラ(2)アート」になります。

 

 

■目次

 

 

■リオデジャネイロの代表的なファヴェーラ一覧

 

リオデジャネイロには多くのファヴェーラがあります。当ページでは特に有名な6ヶ所を厳選しました。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

 

■ファヴェーラに住む日本人写真家

ブラジルの絶景
出典:https://www.asahi.com

 

この悪名高いファヴェーラに住み、写真家としての活動を続ける日本人がいます。それが伊藤大輔さん。TBSのクレイジージャーニーにも出演されるなど注目を集めています。「Number」や「週刊プレイボーイ」など日本の雑誌でも活躍していて、あのネイマールを撮影されたこともある実力派フォトグラファーです。

 

現在、リオのファヴェーラ「バビロニア」で家族と共に暮らしていて、ファヴェーラの人々と同じ視点からファヴェーラを撮影し続けています。

 

ブラジルの絶景
(C)伊藤大輔

 

こちらは伊藤さんが撮影したファヴェーラのギャングたちの写真です。TBS「クレイジージャーニー」の中で、その撮影の様子が放送されていました。凄まじい迫力ですよね。まさに伊藤さんでなければ撮れない写真です。

 

伊藤さんの写真家としての姿をもっと知りたい方は、公式HPをごらんください。また、伊藤さんは自身がガイドとなり各地のファヴェーラを案内するツアーを催行しています。詳細はこちらからご覧ください。

 

そして伊藤さんの奥様は、ファヴェーラにある伊藤家の隣に宿を開いています。ファヴェーラの中に宿泊する機会なんてめったにありませんから興味のある方は行ってみてください。奥様のブログ「ファヴェーラ妻」はこちらからごらんください。

 

■ファヴェーラ宿
「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 

 

グーグルマップで完璧に表示されなかったので一番近くに設定しました。地図のポインターの右上がT字路になっていますよね。ちょうどその角にあります。

 

 

■ファヴェーラ・アート

ブラジルの絶景
出典:https://www.utne.com

 

危険・凶悪というイメージのファヴェーラですが、なんと「アート」によって生まれ変わった場所もあります。生まれ変わらせたのはオランダ人アーティストの、ドレ・ウルハーン氏(右)とイェロン・クールハース氏(左)。

 

2人は2005年にドキュメンタリーの撮影でリオを訪れた際、ファヴェーラを見て、その「未完成」さに衝撃を受けました。そして「これらの家全てに色を塗ったらどうか?」というアイデアが生まれ、友人やNGOなどの協力を得て実現していきました。

 

ヴィラ・クルゼイロ(Vila Cruzeiro)

ブラジルの絶景
出典:https://www.haasandhahn.com/

 

最初に手がけたファヴェーラは2007年の「ヴィラ・クルゼイロ(Vila Cruzeiro)」。町中の、とあるサッカーコートの裏にある3つの家から始まりました。

 

■完成後
ブラジルの絶景
出典:https://www.haasandhahn.com/

 

完成後、子供たちがハース氏のもとに集まってきて「この少年は凧揚げをしてるんでしょ?凧はどこなの?」と聞いてきたそうです。それに対しハース氏は「これは芸術作品だから。つまり凧は想像してね」と答えたそうです。アートですね♪

 

また、実は最初は「青い壁」にするだけだったそうなのですが、ファヴェーラでは「青」は「警察」の色のため住民から大反対にあい、上に少年を描いたそうです。これが大変な評判になり「有名なスラムが野外ギャラリーに」と数々の新聞に取り上げられました。

 

ブラジルの絶景
出典:https://wearethecityheroes2013.wordpress.com

 

2009年には、地すべりを防ぐためにコンクリートで固められた道を使って「鯉の川上り」を描いた「リオ・クルゼイロ(rio cruzeiro)」を1年がかりで完成させました。

 

ブラジルの絶景

 

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典
出典:https://www.haasandhahn.com/

 

サンタマルタ(Santa Marta)
「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典

 

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典
出典:https://www.haasandhahn.com/

 

2010年には、ファヴェーラ「サンタマルタ(Santa Marta)」で34の家にペイントを施しました。以前よりもシンプルなデザインにすることで規模を大きくすることに成功しました。また、規模を大きくしたことで大勢の協力を容易に得られて、たった1ヶ月で完成したそうです。

 

■デザインスケッチ
ブラジルの絶景
出典:https://www.haasandhahn.com/

 

ちなみにサンタマルタはマイケル・ジャクソンの銅像があることでも有名です。

 

ブラジルの絶景
出典:https://fromchapmantobrazil.wordpress.com

 

 

■そのほかの有名なファヴェーラ

ホシーニャ

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 

 

人口30万人以上とも言われる中南米最大のファヴェーラで、ファヴェーラツアーの定番です。画面をグルッと回して周囲を見てみて下さい。

 

 

バビロニア

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 

 

上記の伊藤大輔さんが居住しているファヴェーラで「黒いオルフェ」や「トロッパ・ヂ・エリッチ」など様々な名作映画のロケ地になっています。警察官が24時間常駐していて、比較的安全なファヴェーラとして多くのツアーが催行されています。

 

 

シダージ・ジ・デウス

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 

 

2002年に世界的に大ヒットした映画「シティ・オブ・ゴッド(City of God)」の舞台として有名で、2011年にはアメリカのオバマ大統領も訪れています。ちなみに、ファヴェーラに行く前には「City of God」を見ることをオススメします。現在では観光地化されているファヴェーラが、本来ブラジルにおいてはどんな場所だったのかが分かります(^^)

 

 

ヴィジガル(Vidigal)

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典 

 

あのベッカムが住居を購入したファヴェーラです。ドイス・イルモンスという丘にありイパネマ海岸が一望できます。確かに写真だけ見るとハワイの一等地のような素晴らしいロケーションですよね。購入した家はなんと4000万円とのことですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをご覧ください。

 

リオデジャネイロは日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ヒューストン空港(約12時間)

 

ヒューストン空港-リオデジャネイロ空港(約10時間半)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「リオ・デ・ジャネイロ⑧ファヴェーラ(2)アート」徹底ガイド:旅の大事典
ブラジルの設定です。

備考

 

⇒ブラジルのガイドブック

 

リオ・デ・ジャネイロ
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆