「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ウユニ

(Uyuni)

場所

ボリビア

(Bolivia)

時差

-13時間

サマータイム:無し

時期

12月~3月

(雨季)

 

ウユニ塩湖はボリビア屈指の世界的観光地で、乾季には雪原を思わせる真っ白な大地が、雨季には圧巻の鏡面世界が広がります。2011年に空港が出来たので非常に簡単に行けるようになっています。特に夕日が素晴らしいので、ぜひ一泊して金色に染まる世界をみてください。

 

当ページでは3ページに渡って特集しています。こちらのページは「ウユニ②塩湖と塩のホテル」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ウユニの昼

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウユニ塩湖は約120km×100kmという広大な面積を誇り、これは秋田県や新潟県とほぼ同じ大きさですΣ(゚∀゚ノ)ノ かつ、全体の高低差が50cm以内という「世界で最も平らな場所」でもあります。

 

ウユニに到着した人が最初に目にするのは多くの場合昼のウユニ塩湖です。雨季の鏡面世界と乾季の真っ白な大地があって、最高の状態である鏡面世界を見るには、シーズンはもちろんですが訪れる日周辺の天気も大事になります。

【鏡面世界の条件】
・雨季である
・水が10cm程度たまっている
・晴れている
・風がない

 

まずは何よりも雨季に行くことが大事で、残りの3要素は運です(^^;) ただ、少しでも長く滞在することでベストな状態を見られる確率が高まりますから、ある程度余裕を持って滞在するのがオススメです。

 

そこで、ウユニ塩湖に行くにあたり必須になってくるのが、塩湖の中にある「ホテル・プラヤ・ブランカ(Hotel Playa Blanca)」での宿泊です。

2020年現在、ゴミ問題から宿泊できなくなっています。1泊2日以上のツアーで立ち寄って、食事や国旗の前で写真撮影をするスポットになっているようです。以下、宿泊できた頃の情報としてご覧ください。

 

また、現在1つだけ塩湖の中に泊まれるホテルがありますので後述します。塩のホテルではないのですが、建物の素材よりも「塩湖の中」というロケーションの方が重要ですので、非常にオススメです。

4WDを走らせると何も無い大地に建物が見えてきます。

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

まさに「リアル・精神と時の部屋」ですね(^^;)

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典
(C)バードスタジオ/集英社

 

こちらです。

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

壁や床はもちろん、テーブル、イス、ベッドなど全て塩で出来ていますΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

窓はガラスをはめ込んでいるだけなので、夜はすきま風が入ってきますから、厚着をして寝るのがオススメです。宿泊する場合、自動的にツアー参加になるので食事は含まれています。

 

トイレはくみ取り式なので、経験が無い方にはキツイかもしれません(^^;) ただ、塩湖のど真ん中ですからそれは致し方ありません。それを補ってあまりある体験が待っています。

 

 

■ウユニの夕方~夜

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

ウユニ塩湖というと「雨季」と「乾季」でのみ比較されますが、そこに「朝」「昼」「夕方」「夜」を入れてベストな状態で比較すると、「雨季の夜」が最高で、次に「雨季の夕方」がきます。まずサンセットですが、鏡面世界なので360度が真っ赤に染まり、別な惑星のようになります。

 

そして、夜は圧巻の星空が広がります。

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典
出典:https://intensebolivia.com

 

夜は風が出やすいので、この状態を見られたら非常に運が良いです(^^) また、標高は3660mですから夜の外は非常に寒くなります。ダウンジャケットやマフラーなど、しっかりした防寒具を用意してください。

 

現在は「夕日+星空ツアー」が催行されていますので、それに参加することで見ることができます。

 

 

■ウユニの朝

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「プラヤ・ブランカ」に宿泊する最大の理由が「早朝から、その日のツアー客が車でやってくる昼頃まで、ウユニを独占できる」ということです。完全に自由時間なので、トリック写真を撮ったり、宿から離れて歩いてみたり、やりたいことを何でもできます。

 

どこまで歩いていっても宿が見えるので、戻れなくなることはありません。ぜひ気の赴くままに歩いて見てください。景色は全く変わりませんが(^^;) とはいえ、ウユニの奥に一人歩いていき、360度何もない状態で佇むと、やはり別な惑星に来たかのような不思議な錯覚に陥ります。

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

前日から天気も変化するので、また違った景色を楽しめるのも大きいです。前日に雲や風が出ていて鏡面世界になっていなくても、翌日ベストな状態になっているかもしれないので、ぜひ宿泊を検討してみてください。

 

 

■ウユニの乾季

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

乾季には真っ白な塩の大地が広がります。雨季の終わりくらいの時期に行くと、場所によっては雨季の状態に、場所によっては乾季の状態になっているため、両方の景色を楽しむことが可能です。

 

ドライバーがそれぞれの場所を探してくれて、良いポイントで写真撮影タイムになります。水があっても無くてもトリック写真は撮れますが、水が無い方が多少撮りやすいです。物が置けたり座れたり。

 

ただ、乾季の状態だと照り返しがスゴイので、日焼け止めが必須です。塗りたくるぐらい塗って良いと思います。

 

 

■塩のホテル

パラシオ・デ・サル

 

 

塩のホテルは現在3つありまして、全て塩湖の周辺に建てられています。こちらは2013年にリニューアルしました。詳細はこちらからご覧ください。

 

ルナ・サラダ

 

 

小高い場所に建っているため塩湖を一望できます。詳細はこちらからご覧ください。

 

クリスタル・サマニャ

 

 

塩湖に歩いていける距離の近さが魅力です。詳細はこちらからご覧ください。

 

 

■塩湖の中にあるホテル

 

 

「カチ・ロッジ」といって、塩湖の中にある唯一のホテルです。ドーム型のキャビンがウッドデッキでつながっていて、雨季には湖の上に浮かんでいるような状態になります。詳細はこちらからご覧ください。

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典 「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをご覧ください。

 

日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

こちらのサイトの方がバリエーションは豊富です。

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ワシントン・ダレス空港(約12時間半)

 

ワシントン・ダレス空港-ラパス空港(約10時間半)

 

ラパス空港-ウユニ空港(約50分)

 

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

 

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ウユニ②塩湖と塩のホテル」徹底ガイド:旅の大辞典
ボリビアの設定です。

備考

 

⇒ボリビアのガイドブック

 

ウユニ
Booking.com

 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆