名称

ウシュアイア

(Ushuaia)

場所

アルゼンチン

(Argentina)

時差

-12時間

(サマータイム:無し)

時期

12月~3月

 

ウシュアイアは世界最南端の都市で、美しい大自然や多くの野生動物を見ることができます。博物館で押してもらえる記念のスタンプが観光客に人気があります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■拠点の街・最寄り空港・就航路線

 

 

ウシュアイアは、ブエノス・アイレスから南に3250km離れていて、元々は犯罪者の流刑地として町が造られていきました。夏でも15度前後ですが、冬は意外に寒くならず最低気温は-2℃くらいです。人口は約7万人。

 

最寄りの空港は「ウシュアイア=マルビナス・アルゼンチン国際空港」(USH)。国内の6都市に就航しています。最新の就航路線を知りたい方は、こちらからご覧ください。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はこちらです。(地図に値段が表示されてない場合、拡大縮小してみてください)

ウシュアイア
Booking.com

 

 

■空港から市内への移動

 

 

空港は市内中心部から南に約7km離れています。市内への移動方法はタクシーで、所要時間は約15分、料金は約300ペソ(約380円)です。

 

 

■長距離バスでのアクセス

リオ・ガジェゴスから行く

 

・1日1本程度
・所要時間:約11時間
・料金:3200ペソ

 

プンタ・アレーナスから行く

 

プンタ・アレーナスにバスターミナルはなく、各バス会社の前で発着します。ウシュアイアへは「Bus sur社」(赤)と「Pachoco社」(青)が運行しています。

・1日1本程度
・所要時間:約12時間
・料金:35000~40000チリペソ(5000~5500円)

 

ウシュアイアにもバスターミナルは無く、各バス会社で発着します。

 

 

■世界の果て博物館

 

 

ウシュアイアがあるフエゴ島の先住民文化などについての展示がなされています。ただ、多くの人にとってメインの目的は展示ではありません。ここでは「世界の果て記念」のスタンプを押してくれます(^^)

 

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典

【世界の果て博物館】
■夏
・月~金:10時~19時
・土~日:14時~20時

 

■冬
・月~金:10時~17時
・土~日:13時~17時

 

■料金:200ペソ

 

 

■ティエラ・デル・フエゴ国立公園

 

 

ウシュアイアから西に約12km離れた場所にある国立公園で、東京の3分の1ほどの大きさがあります。極地の大自然でのノンビリハイキングという感じで、ウサギやキツツキといったカワイイ小動物をたくさん見ることができます。

 

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典 「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典

 

個人でも行けますが、範囲が広いのでガイドツアーに参加するのがオススメです。所要時間は約4時間、料金は約1800ペソです。

 

 

 

■世界の果て号

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典
出典:https://www.serargentino.com

 

1910年に造られた歴史ある鉄道路線で、元々はフエゴ島に送られた囚人たちが森の中で林業をするための移動手段でした。1949年に大地震が起こり廃線になりましたが、1994年に観光列車として復活しました。ウシュアイアの町から西に約8km離れた場所に駅があり、ティエラ・デル・フエゴ国立公園にある駅まで走ります。ファーストクラスなどでは食事も楽しめます。

 

【世界の果て号】
・9時半、12時、15時発
・上り:60分、下り:30分
・通常クラス:1500ペソ
・ファーストクラス:4200ペソ
・プレミアクラス:4900ペソ

 

【駅までのバス】
・料金:550ペソ(往復)

 

 

■ビーグル水道

 

 

フエゴ島の南側の海峡のことで、アルゼンチンとチリの国境になっています。ダーウィンが乗っていたビーグル号が通ったことから名付けられました。岩礁には無数のウミウやアザラシが生息していて、特にマゼランペンギンの営巣地は南米三大ペンギン営巣地に数えられています。

 

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典

【ビーグル水道】
■2時間コース:2160ペソ
ロス・ロボス島、ロス・ハバロス島、エレクルール灯台

 

■6時間コース:3420ペソ
上記の3ヶ所+ペンギン営巣地

 

■8時間コース:4500ペソ
上記の4ヶ所+ハーバートン牧場

 

■プエルト・ウィリアムス

 

 

ビーグル水道を挟んで南側にあるナバリノ島(チリ領)。実はそこに、れっきとした村があります。つまりウシュアイアは世界最南端の「都市」や「街」ではありますが「世界最南端の集落」ではないんですね。ウシュアイアでも世界の果てに来た実感は感じられますが、どうせなら行ける所まで行ってみたいという人にオススメです。

 

アクセスはクルーズツアーのみで、ウシュアイアから平日の9時半に出発します。片道の所要時間は約1時間半です。一応空港もあり、プンタ・アレーナスと1日1便就航しています。

 

 

以上になります。世界最南端の街・ウシュアイア。ぜひ行ってみてください(^^)

 

日本で予約出来る現地ツアーもあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典

 

Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ニューヨーク空港(約12時間半)

 

ニューヨーク空港-ブエノスアイレス空港(約11時間)

 

ブエノスアイレス空港-ウシュアイア空港(約3時間半)

ホテル検索

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ウシュアイア」徹底ガイド:旅の大事典
アルゼンチンの設定です。

備考

 

⇒アルゼンチンのガイドブック

 

ウシュアイア
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆