サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)

サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

サン・ラファエルの滝

(San Rafael Falls)

場所

エル・レベンタドル

(El Reventador)

時差

14時間

時期

12月~4月(雨季なので水量が豊富です)

 

サン・ラファエルの滝は、落差160mを誇るエクアドル最大瀑布です。アマゾンのジャングル地帯にあり、その迫力・雰囲気の素晴らしさは南米の名だたる名所に劣りません♪

 

ただ、残念なことに日本ではほとんど知られておらず、そのため、現在でも情報がほとんどありません。

 

このページでは、アクセスの仕方をできるだけ細かくご説明していきます。おそらく日本で一番詳しい情報ですよ♪

 

 

■目次

 

 

■拠点の街

サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

拠点の街はキト。人口260万人を超える、エクアドル第2の都市です。
とても雰囲気のあるアンデスの大都市なのですが、治安に問題がある街でもあるので、特にセントロを歩く際は最大限に注意してください。また、標高も2850mと高いので、走り回ったりするのは控えましょう。

 

各地からの航空券はこちらからチェックしてみてください。

 

宿はたくさんありますので、こちらからチェックしてください。

 

 

■アクセス

何せ情報のないサン・ラファエルの滝。まずは位置関係を確認して下さい。
ちなみにスペイン語では「Cascada(カスカダー) de San Rafael」といいます。

 

 

結論としましては、

 

「地図左のキトから、地図右上の『ヌエバ・ロハ(ラーゴアグリオ)』という町に
 行くバスに乗り、道中の『エル・レベンタドル』という停留所で降り、標識に従
 い1.5km歩き、『カヤンベ・コカ区、及び、サンラファエル滝国立公園」の公園
 事務所に行って、滝まで遊歩道を歩く」
ということになります。キトからバスで片道5~7時間。料金は片道5US$です。

 

それではご説明していきます。

 

 

まず、キトは北と南に大きなバスターミナルがあるのですが「サン・ラファエルの滝」へは「キトゥンベ」という南のバスターミナルから出発します。

 

 

ターミナルに着いたら、「ヌエバ・ロハ(Nueva Loja)」という町に行くバスを探してチケットを購入します。この町は何でかわからないのですが、「ラーゴ・アグリオ(Lago Agrio)」という全く別な名前も付いており、そちらの方が通じるかもしれません。チケットを購入したら、いよいよ出発です。

 

良い景色の中2時間ほど走ると、「パパジャクタ(Papallacta)」という温泉地にたどり着きます。ここはエクアドル人には有名な「標高4000mの温泉地」なので、多くの方が下車します。とても気持ちがよく旅の疲れが取れるので、ここでの滞在はオススメです♪

 

サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 

 

パパジャクタはマスの養殖でも有名な町で、新鮮なマス料理を堪能できるのも楽しみのひとつです♪宿もあるので、こちらからチェックしてみてください。

 

そして、さらに2時間ほど走ると「バエサ(Baeza)」の町に着きます。
バエサはとても静かで、空が低い町で、とても居心地が良いです。ここにも少ないですが宿があるので、チェックしてみてください。

 

>■バエサの町エクアドルの絶景

 

ここからさらに1~2時間ほど走ると「エル・レベンタドル(El Reventador)」という停留所に着くのですが、その30kmほど前で「エル・チャコ(El Chaco)」という町につくので、そこらで運転手さんに確認の意味で「サン・ラファエル・フォールズ」と伝えておきましょう。

 

そして、「エル・レベンタドル(El Reventador)」に到着すると、国立公園事務所までの看板が出ていますので、支持にしたがって約1.5km歩きます。

 

公園事務所についたら、サン・ラファエル滝への道が示されているので、整備された木道を歩いていきます。

 

■公園事務所の看板           ■湿って滑りやすい木道
サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典 サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

そして、森のマイナスイオンを堪能しながら歩くと、ついに!エクアドル最大瀑布に到着します♪

 

エクアドルの絶景

 

スゴいロケーションですよね♪エクアドルに行く方はぜひ行ってみてください!

 

ちなみに、ここはアマゾンのジャングル地帯であり、多種多様な動物や鳥類が生息しています。アルマジロ、熊、ナマケモノ、バク、サル、オセロットなど貴重な動物に出会える可能性もありますよ(^^)

 

 

■宿泊

キトから日帰りで行けない事も無いのですが、帰りも5時間はかかるので、かなりハードな行程になります。もし長旅で、日程を調整できるのであれば、バエサの町を拠点に観光するのがおすすめです。

 

バエサの町で名高い宿が「Hosteria Kopal Ecuador」。非常に雰囲気の良い、バンガロー風のホステルです。清潔な木製ベッド、静かで自然豊かな立地、美味しいピザなど、安心して快適に宿泊できる宿です。公式HPはこちら。
クチコミはこちらからご覧ください。

 

エクアドルの絶景

 

 

■備考

ちなみに、エクアドルを訪れる方はガラパゴス諸島を訪れるかどうか悩む方もいると思います。お値段がはりますからね(^^;) でもぜひ行ってみてください!
そして、世界最高のスキューバダイビングを体験してみてください♪

 

ダイビングの免許は3泊4日の「ライセンス取得ツアー」などでも取ることができますので、沖縄や伊豆などで、旅行しながら取得するのもオススメです♪下記の旅行会社でも沖縄からサイパン・グアムまで、幅広い場所でのライセンス取得ツアーをしていました。ピックアップしてみましたので、比較してみてください。

 

特に近年は東南アジアが安くて、食事も美味しくて、見どころもたくさんあって、大人気のようですね。様々なタイプのツアーがあるので、ご覧下さい。
■ダイビングライセンス取得ツアー(海外)

 

そして一生に何度も行けないであろう南米を訪れるなら、水中カメラやハウジング付きデジカメは必ず持っていきましょう♪

 

水中カメラやハウジングは一昔前は両方とも高かったですが、今ではすごく安くなってますからね。防水カメラはこちらハウジングはこちらからご覧下さい。

 

もし買う時間がなければ、写るんです的なカメラにも水中カメラはありますので、ぜひ持って行ってください。(簡易的なものだと深度に限界がありますので、確認してください)

 

エクアドルのツアーは、下記の旅行会社などで催行していますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■阪急交通社 ■近畿日本ツーリスト
■エイビーロード ■日本旅行

 

 

行き方

■航空便例
日本ーキト国際空港
(約25時間、アメリカン航空、ダラス経由)

 

キトーエル・レベンタドル(長距離バスで約7時間)

ホテル検索

 

 ←キトです。
 ←パパジャクタです。
 ←バエサです。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典
エクアドルの設定です。

備考

 

⇒エクアドルの関連商品

 

⇒水中カメラ

 

⇒スキューバダイビング関連商品

 

⇒ガラパゴス諸島の関連商品

 

 

 

 

南米各国のガイドブック

 



スポンサーリンク



サン・ラファエルの滝(エクアドルの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆