グランドキャニオン・サウスリム(アメリカの絶景)

グランドキャニオン・サウスリム(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典

 

グランドキャニオン・サウスリム(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

サウス・リム

(グランドキャニオン)

場所

アリゾナ州

(State of Arizona)

時差

16時間

時期

1年通して多彩な変化を見せます

 

北米で2番目の大きさを誇る巨大な人造湖「レイク・パウエル」を中心に半径230kmの円を描くと、その中には、有名なグランドキャニオンをはじめとして、それと同じスケールの大自然が点在します。このエリアを「グランドサークル(Grand circle)」と呼び、世界的な観光地となっています。

 

グランドキャニオン アメリカの絶景

出典:http://appleworld.com/apl/recommend/topics2/1179165_196758.html

 

グランドキャニオンはアリゾナ州にある、コロラド川が3500万年をかけて削った渓谷で、世界中から年間500万人もの人が訪れる、世界を代表する観光地です。

 

エリアは大きく4つに分かれています。

 

グランドキャニオン アメリカの絶景

出典:http://activities.his-j.com/ct/tour/grca/

 

①サウス・リム(壁の南側)
②ノース・リム(壁の北側)
③グランドキャニオン・ウェスト
 ※ワラパイ族の居住地で「ワラパイ・ウェスト」とも言われる。
④ハバス・パイ(谷底にある、ハバス族の居住地)

 

最も多くの観光客が訪れるのは「サウス・リム」。続いて「スカイウォーク」が話題の「グランドキャニオン・ウェスト」そして最後に「ノース・リム」「ハバス・パイ」になります。

 

このページではサウス・リムについてご紹介していきます。

 

■目次

 

■サウスリムの概要

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

コロラド川に沿って南側の半分をサウスリムと言います。標高2000m地点で、グランドキャニオンの中でも最も美しい景色が見られるように、道路、ホテルなどの設備が整っています。

 

観光客のために「サウスリムビレッジ」というエリアが作られていて、6つの宿、ギフトショップ、銀行、郵便局、スーパーマーケット、ビジターセンター、鉄道駅などがあります。

 

また、園内を巡回する無料のシャトルバスも3路線走っていて非常に便利です。

 

通常「グランドキャニオン」といえば、サウスリムのことを指し、現地のオプショナルツアーなども、特に記載のない場合サウスリムに行くので、ノースやウエストに行きたい方は注意してください。

 

 

■サウスリムのビューポイント

マーサポイント(Mather Point)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

「マザー」ではなく「マーサ」と読みます。ここはサンライズのベストポイントで、朝暗いうちから大勢の客で溢れます。ちなみに朝には野生の鹿たちが活発に動いています。

 

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

ヤバパイポイント(Yavapai Point)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

サンセット(日の入)のベストポイントです。真っ赤に染まるグランドキャニオンを一望できる最高の場所です。谷底にあるロッジ「ファントムランチ」も見ることができます。

 

リパンポイント(Lipan Point)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

見事な地層の美を一望できる場所です。コロラド川が蛇行している姿が眼下に見え、グランドキャニオンの成り立ちを感じることができます。

 

グランドビューポイント(Grand View Point)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

名前のとおり、サウス・リムで最も標高が高いポイント(2250m)。入りくねった複雑な渓谷を上から一望することができます。

 

デザートビューポイント(Desert View Point)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

サウスリムの東端にあり、写真に写っている「ウォッチタワー」は先住民族の見張り塔を再現したもの。中では、お土産品が売られていて、ナバホ族伝統の織物「ナバホラグ」の実演販売が行われているときもあります。上へと続く細い階段があり、最上階に上がるとグランドキャニオンを一望する事が出来ます。壁画などもあり、ナバホの文化を体感することができます♪

 

続いて、ホテルをご紹介します。国立公園内の「サウスリム・ビレッジ」に6つのホテルがあり、どれもとても人気です。いくつかのものは非常に歴史が深く、中には大統領が泊まったロッジもあります。

 

 

■サウスリムのホテル

ブライト エンジェル ロッジ アンド キャビンズ(サウスリム・ビレッジ内)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

1935年に建てられた、とても歴史あるロッジ。現在でも宿泊できます。リムに非常に近いので、とても人気があり、基本的に年間を通して満室です。ただ、TV、浴槽がなく、新しくできたキャビンの方が設備は整っています。サンタフェ・レイルウェイ(列車)の資料館やギフトショップもあるので、宿泊客でなくとも、時間があれば立ち寄ってみてください。クチコミはこちらからご覧下さい。
 カナダの絶景

 

エル トバー ホテル(サウスリム・ビレッジ内)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

アメリカ大統領や、日本の皇族も利用した事のある格調高いホテル。玄関ロビーにはソファーがおいてあり、誰でも利用できるので、皇室が泊まるほどのホテルの雰囲気を味わってみたいですね♪しかも宿泊料金はそれほど高くありません♪ただそれゆえに・・・常に満室なので、予約は根気との勝負です。ひたすらチェックしてください(^^;)スイートから眺めるグランドキャニオンは格別だとか。クチコミはこちらからチェックしてください。
 カナダの絶景

 

カチーナロッジ(サウスリム・ビレッジ内)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

こちらも同じくらい古い歴史を持つホテル。ですが、設備は整っていて、中でも写真のプールは世界最高のロケーションプールの1つではないでしょうか?子供が喜ぶと思うので、ファミリーやハネムーンなどにオススメです♪クチコミはこちらからご覧下さい。なお、こちらは「エルトバーホテル」でチェックインします。
 カナダの絶景 

 

サンダーバードロッジ(サウスリム・ビレッジ内)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

2階の渓谷側の部屋からは、グランドキャニオンの大渓谷を見ることができます。こちらは「ブライトエンジェルロッジ」でチェックインします。クチコミはこちらからご覧下さい。
 カナダの絶景

 

マスウィック ロッジ(サウスリム・ビレッジの外)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

ビレッジの外ですが、カフェにもシャトルバス停留所にも徒歩で行けるので大変便利です。ツアー客はビレッジ内に泊まるので、そちらよりは予約が取りやすいです(とはいえ、グランドキャニオン内なので、激戦に変わりありませんが(^^;))。クチコミはこちらからご覧下さい。
 カナダの絶景

 

ヤバパイロッジ(サウスリム・ビレッジの外)

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

ロッジのすぐ近くに街中と変わらないスーパーマーケットがあるので、非常に便利。24時間のカフェもありますので、アクティブ派にも、とてもオススメです♪クチコミはこちらからご覧下さい。
 カナダの絶景

 

 

■サウスリムを走る無料バス

グランドキャニオンは、なにせ広大です。無料シャトルバスを効率よく使いこなすのが観光のコツ。

 

オプショナルツアーでも、フリータイムが与えられ自分達でバスを使う機会がありますので、しっかり理解しておくことをオススメします。まぁ数人で行けば、そういうのが得意な人が1人はいるものなので、その人に任せるのもよいと思います(^^;)

 

ルートは3つ。それぞれ停留所の色で見分けることができます。車体の色ではありません。ちなみに、使い方に慣れた頃に観光は終わると思います(^^;)

①ハーミッツレスト・ルート(西側を走る。赤)
②カイバブトレイルルート(東側を走る。緑)
③ビレッジルート(ビレッジなど中心地を走る。青)

 

グランドキャニオン アメリカの絶景
※クリックして拡大してください

 

それぞれまとめてみます。

 

ハーミッツレスト・ルート(西側を走る。赤)

グランドキャニオン アメリカの絶景

・運行期間:3/1~11/30(一般車両は入れません)
・運行時間:日の出の1時間前~日の入り1時間後
 (9:30~日の入りまで15分間隔。それ以外の時間は30分間隔です)
・往復所要時間:75分

 

【往路の停留所】
Hermits Rest Transfer→Trailview Overlook→Maricopa Point→Powell Point→Hopi Point →Mohave Point→The Abyss→Pima Point→Hermits Rest

 

【復路の停留所】
Hermits Rest→(通過)→Mohave Point→Hopi Point→(通過)→Hermits Rest Transfer

 

カイバブトレイルルート(東側を走る。緑)

・運行期間:通年。
・運行時間:
 日の出の1時間前~日の入り1時間後
 (6:30~日の入りまで15分間隔。
  それ以外の時間は30分間隔です)
・往復所要時間:30分

 

【往路の停留所】
CanyonViewInformationPlaza→SouthKaibab→Trailhead→Yaki Point

 

【復路】の停留所】
Yaki Point→Pipe Creek Vista→Canyon View Information Plaza

 

ビレッジルート(中心地を走る。青)

グランドキャニオン アメリカの絶景

・運行期間:通年。
・運行時間:日の出の1時間前~日の入り1時間後
 (6:30~日の入りまで5分間隔。それ以外の時間は30分間隔です)
・往復所要時間:60分

 

【往路の停留所】
Village Route Transfer→Maswik Lodge→Backcountry Information Center→Center Road→Village East→Shrine of the Ages→Mather Gampground→Trailer Village→Market Plaza→Canyon View Information Plaza 

 

【復路の停留所】
Information Plaza→Market Plaza→Yavapai Observation Station→Shrine of the Ages→Train Depot→Bright Angel Lodge→Village Route Transfer

 

 

■サウスリムのトレイル

主なトレイルは2つで、「ブライトエンジェル・トレイル」と「サウスカイバブ・トレイル」。それぞれ簡単にまとめます。

 

※トレイルは過酷を極めます。年間250人以上の人々がレスキューに救助
 されています。レスキューは自費で、2000ドル(20万円)以上します。

 

 たくさんの飲み水を始めとした装備、服装、体調、天候など入念に
 チェックした上でのぞんでください。また、トイレは水洗ではありません。
 野生動物や落石にも十分注意してください。
 ゴミを捨てない。動物にエサをあげない、などのマナーも徹底しましょう。

 

 ミュールツアー(ロバに乗ってトレイルをするツアー。大人気で2年先まで
 予約でいっぱい。ただ、英語が話せないと参加できない)に遭遇したら、
 道をゆずってください。その後、十分に距離をとったらトレイルを再開します。

 

 

ブライトエンジェル・トレイル

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

マチュピチュへの「ハイラム・ビンガム・ロード」のような、渓谷に沿った坂道を降りていきます。グッバイボーイは出てきません(^^;)

 

トレイルのゴール地点は谷底の超人気ロッジ「ファントムランチ」。片道約15km。個人差がありますが8~10時間の道のりです。約2kmごとに休憩所があります。

 

ファントムランチ

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

年間を通じてオープンしていますが、トレイルの終着地点ということもあり、予約は非常に厳しいです。根気強くチェックしてください。

 

ちなみに、メールで予約します。後日、予約可能か返信が来ます。部屋は男女別々で、部屋の予約時に食事の予約も一緒にします。公式HPはこちら。

 

サウスカイバブ・トレイル

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

まるで自然にできた万里の長城のような道を下って行きます。こちらは日陰がほぼ無いので、脱水症状に一段と注意してください。トレイル出発地点である「ヤキポイント」へは、ハイカーズシャトルが出ているので、それを利用してください。

 

トレイルのゴール地点は同じく「ファントムランチ」。片道約12km。個人差がありますが12~16時間の道のりです。約2kmごとに休憩所があります。

 

グランドキャニオン アメリカの絶景

 

 

地球の裂け目「グランド・キャニオン」。基本情報は下記になります。

・自家用車:25ドル(1台。7日間有効)
・個人(車以外):12ドル
・グランドキャニオン年間パス:50ドル
・アメリカ国立公園年間パス:80ドル

 

また、毎年無料の日が数日あるので、公式HPのこちらのページで確認してください。

 

グランドキャニオンをはじめとする「グランドサークル」に個人で行く場合、レンタカーでの移動になります。ただ、拠点の町から町へ行く際の距離がある上に、道中には何も施設はなく、各町自体も小さいので、宿の手配や車の整備、事前情報収集は万全にしていってください。

 

日本で車の運転に問題がなくても、レンタカーはアメリカの車であること、荒野の真っ只中の大自然であること、全てにおいて英語のやりとりになること、などなど、個人旅行はハードルが中々高いです。

 

ですので、ラスベガスからの現地オプショナルツアーや、日本からのグランドサークルツアーに参加してしまうのも確実です。グランドサークルのツアーは下記の旅行会社などが催行しています。特に阪急交通社は、グランドサークルに力を入れているようで50種類以上のツアープランがあります。ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■阪急交通社 ■近畿日本ツーリスト

 

行き方

■航空便例
・日本-ラスベガス・マッカラン国際空港(約13時間)

 

■ラスベガスから「サウスリム」まで車で移動(約4時間半)

ホテル検索

 

←グランドキャニオン国立公園内と周辺。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

グランドキャニオン・サウスリム(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典
アメリカの設定です。

備考

 

⇒グランドサークルの関連商品

⇒グランドサークルの関連商品

 

 

 

 

アメリカのガイドブック

 



スポンサーリンク



グランドキャニオン・サウスリム(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆