アンテロープ・キャニオン(アメリカの絶景)

アンテロープ・キャニオン(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典

 

アンテロープ・キャニオン(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

アンテロープ・キャニオン

(Antelope Canyon)

場所

アリゾナ州ペイジ近郊

(Page)

時差

16時間

時期

5月~10月

(特に6月と10月)

 

北米で2番目の大きさを誇る巨大な人造湖「レイク・パウエル」を中心に半径230kmの円を描くと、その中には、有名なグランドキャニオンをはじめとして、それと同じスケールの大自然が点在します。

 

このエリアを「グランドサークル(Grand circle)」と呼び、世界的な観光地となっています。

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

出典:http://appleworld.com/apl/recommend/topics2/1179165_196758.html

 

アンテロープキャニオンは、ナバホの地にある渓谷で、風と鉄砲水によって作り上げられた芸術的な曲線は、まさに絶景の名にふさわしく、世界中から多くの写真家、観光客を惹きつけています。

 

「アッパー・アンテロープキャニオン」と「ロウワー・アンテロープキャニオン」があり、多くの観光客が訪れるのは「アッパー・アンテロープキャニオン」の方なので、まずはそちらからご紹介していきます。

 

■目次

☆アッパー・アンテロープキャニオン 
☆ロウワー・アンテロープキャニオン
☆拠点の街「ペイジ」

 

 

■アッパー・アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

入口から最後に至るまでが地表と同じ高さにあるために、壁を上り下りする必要性がなく、また、上部の隙間から太陽光が頻繁に入ってくるため、「ロウワー」に比べ、かなり訪問客が多くなっています。

 

ちなみに、この写真はアンテロープキャニオンの代名詞でもあるのですが、はたして山ほどの観光客がいる中、こんな無人の写真が簡単に撮れると思いますか?

 

答えは…「Yes」です♪

 

まず「アッパー」「ロウワー」両方とも、個人で勝手に立ち入ることはできず、必ずツアーに申し込むことになります。

 

■ビジターセンター
アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

ここが入口です。

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

そして、ガイドの先導の元で渓谷に入っていくので、ガイドたちがきっちり仕切ってくれるんですね。

 

具体的には、3グループぐらいのまとまりが自然と作られ、さきほどの写真を撮ったら、すぐに奥に歩いていき、スムースに次の3グループが撮影できるようになるんですね。

 

そのため、ピーク時は渋滞が起こり、中々動きませんが、それでも渓谷自体が凄すぎるため、周囲を見ているだけで何時間でも同じ場所にいることができます♪

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

渓谷は鉄砲水のたびに少しずつ姿を変えていて、時に、通り抜けられないほど狭い場所が生まれたり、逆に、ホールのごとく大人数が入れる空間ができることもあります。

 

高さも30m~40mくらいまで、鉄砲水の規模によって変わっていきます。

 

まさに「生きている渓谷」と言えますが、それゆえ注意しなくてはならない点もあります。

 

とにかく鉄砲水に注意!

鉄砲水は、キャニオンに雨が降った際に起こるのではなく、数十km離れたコロラド川の上流で雨が降った際に起こります。川が増水し、突然キャニオンに流れ込んでくるのです。

 

狭い空間に入った水は、壁にぶつかりながらスピードと高さを増していき、あっという間に渓谷を埋め尽くします。当然土砂も混ざっており非常に危険で、1997年8月12日、ロウワーアンテロープキャニオンで、11人の観光客が犠牲になる鉄砲水事故が起きました。

 

鉄砲水は、頻繁に起こるわけではないですが、現在でも完全な予報は難しいとのことです。

 

もちろん、それを気にしたら怖くて見にいけないのですが、しかし、頭の片隅には入れておき、極力ベストシーズンに訪れるようにしましょう。

 

砂からカメラを守る!

キャニオンの中を歩いていると、上から細かい砂が降ってくることがあります。砂漠の砂のようにキメ細かく美しいのですが、機械には大敵です。写真を撮る時だけカバーを外すなどして、対策してください。

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

また、「アッパー」の壁には、横にすると「モニュメントバレー」に見える出っ張りがあります(現在はわかりませんが)。ガイドさんは間違いなく知っているので、ぜひ探してみてください♪

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

これを横にすると…

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

どうでしょう?(^^;) でもモニュメントバレーを見たあとだと、テンション上がりますよ♪

 

そして次は、ロウワー・アンテロープキャニオンをご紹介します。

 

 

■ロウワー・アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

現在は、鉄製の階段がかかっていて、かなり観光しやすくなっていますが、以前はロープやはしごを上っての観光で、非常に大変でした。

 

ただ現在でも、階段があるとはいえアッパーに比べるとアップダウンがあり、全体的に足場が悪いので、少しエネルギーが必要な散策になります。

 

しかし、より「探検」っぽい魅力がありますし、アッパーとはまた違った雰囲気の写真が撮れるので、こちらを訪れる人も少ないわけではありません。

 

地表からみるとこんな感じ。この中に絶景が広がっているなんて、大自然の奇跡ですよね!

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

 

■拠点の街「ペイジ」

 

アンテロープ・キャニオンはナバホ国内にあるため、完全にガイド同行のツアー参加になります。個人で訪れる場合は、ペイジでツアーに申込みます。

 

ハイシーズンは、アッパーへは1日4本~7本のツアーが出ていますが、非常に混雑しますので、予約はしっかりしていきましょう。

 

拠点の街は、「ペイジ」か「レイクパウエル」。ペイジへは、ラスベガスから車で約4時間半。レイク・パウエルへは、ラスベガスから車で約5時間です。

 

ペイジに宿泊施設はたくさんありますが、おすすめは「レイクパウエル」の湖上で「ハウスボート」で宿泊するか、湖畔にある高級ロッジ「レイクパウエル・リゾート」での宿泊です。

 

「レイク・パウエル」は、コロラド川をせき止める「グレンキャニオンダム」を建設した際に生まれた、北米で2番目に大きい人造湖です。

 

 

ハウスボート

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

家がそのまま船になっているハウスボートは、レイクパウエルならではの宿泊方法。海では無いので大きな波が立つこともありません。「猿の惑星」のロケ地となった、地球とは思えない絶景や、満天の星空を眺めながらの滞在は、それ自体が外せない目的の一つであり、至福のひとときを与えてくれますよ♪船はランクが分かれており、もっともラグジュアリーなものは、なんとジャグジーまでついてます!最高ですよね(^^;)

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

ハウスボートは、レイクパウエル観光の拠点となる「ワーウィープ・マリーナ」でレンタルします。レンタル日数は3日間~1週間。気になるお値段ですが、夏は、10人乗りの一番安いものでも3日間で1371ドル。高いのは12人乗り4日間で5400ドルです。さすがに高いですが、想像通りですよね(^^;)時間とお金に余裕が無いと厳しいので、セカンドライフを満喫している方などにおすすめです。

 

 

レイクパウエル リゾート

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

湖畔に建つ高級ロッジで、屋外プールやジム、レストランを備えています。レインボーブリッジ国立公園へのツアーや、レイクパウエルのクルーズツアーも扱っていて、レイクパウエルでやりたいことは全てオーダーすることができます。

 

ただ、最大の目玉は、やはり「絶景」であり、のーんびり過ごすのも極めて贅沢な過ごし方といえるでしょう。クチコミはこちらからご覧下さい。

 

アンテロープキャニオン アメリカの絶景

 

大自然が創りあげた奇跡の芸術作品「アンテロープ・キャニオン」。

 

個人で行く場合、レンタカーでの移動になります。ただ、拠点の町から町へ行く際の距離がある上に、道中には何も施設はなく、各町自体も小さいので、宿の手配や車の整備、事前情報収集は万全にしていってください。

 

日本で車の運転に問題がなくても、レンタカーはアメリカの車であること、荒野の真っ只中の大自然であること、全てにおいて英語のやりとりになること、などなど、個人旅行はハードルが中々高いです。

 

ですので、ラスベガスからの現地オプショナルツアーや、日本からのグランドサークルツアーに参加してしまうのも確実です。グランドサークルのツアーは下記の旅行会社などが催行しています。特に阪急交通社は、グランドサークルに力を入れているようで50種類以上のツアープランがあります。ご予算や日程に合わせて比較してみてください。

 

■ルックJTB ■阪急交通社

 

行き方

■航空便例
・日本-ラスベガス空港(約13時間)

 

■ラスベガスから「ペイジ」か「レイクパウエル」へ移動

ホテル検索

 

 ←ペイジ周辺(レイクパウエル含む)
 ←ラスベガスの設定です

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

アンテロープ・キャニオン(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典
アメリカの設定です。

備考

 

⇒グランドサークルの関連商品

 

 

 

 

アメリカのガイドブック

 



スポンサーリンク



アンテロープ・キャニオン(アメリカの絶景)の詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆