ヨセミテ国立公園(アメリカの絶景)

ヨセミテ国立公園(アメリカの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

ヨセミテ国立公園(アメリカの絶景)詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

ヨセミテ国立公園

(Yosemite National Park)

場所

カリフォルニア州マリポサ郡

時差

17時間

時期

5月~6月、10月

 

日本人とってグランドキャニオンと同じくらい有名で、人気があるのがヨセミテ国立公園です。総面積は3081平方キロメートルで、東京23区の約5倍にあたります。

 

シエラネバダ山脈の西山麓に広がっていて、年間350万人以上が訪れますが、そのほとんどは、公園の1%にも満たない面積である「ヨセミテ渓谷」に訪れます。

 

4000mを超える山々、1000mの絶壁、無数の湖、広がる草原と野生動物、雄大な滝、多くのトレイルなど、様々なポイントがあり、どれだけ時間があっても足りないくらい多彩な魅力に溢れています♪

 

当サイトでは3ページにわたって詳細な特集をしておりますので、合わせてご覧下さい♪

 

・ヨセミテ国立公園①(各見どころを紹介。当ページです)

 

・ヨセミテ国立公園②(残りの見どころと宿泊について)

 

・ヨセミテ国立公園③(アクセス、ツアー、トレイルについて)

 

■目次

 

 

■ハーフドーム (Half Dome)

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

ヨセミテ国立公園のシンボルであり、ハイキングやクライミングもできます。ヨセミテ渓谷の底からの高さは約1500m。昔は「絶対登頂不可能」と言われていましたが、現在では一般客もケーブルルートから登ることができます。

 

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

出発点は、ヨセミテ渓谷のハッピー・アイル(Happy Isle)。そこから約10kmにわたる「ジョン・ミュアー・トレイル」を上った所にあります。最後には「ケーブル・ルート」が控えており、鉄の杭を伝いながら約120mをのぼります。危ないため、もちろん滑り止めの手袋を着用します。往復には10~12時間ほど。夜明け頃に出発する形になります。大変なように聞こえますが、年間数千人が、このルートから頂上に到達していて、週末には大変混雑する人気のトレイルです。日本で言う、屋久島の縄文杉トレイルと同じくらいの内容です。

 

しかし、頂上からの景色はまさに絶景!一度はチャレンジしたいトレイルです♪

 

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

 

■エル・キャピタン (EL Capitan)

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

ヨセミテの北側にそそり立つ、世界最大の花崗岩の一枚岩です。現在、70以上のクライミングルートが開かれていて、春から夏にかけて何十人ものクライマーが絶壁にチャレンジします。速い人は約2時間半ほどで登るのですが、普通は4~6日かかるそうです。でも、「え?どこで泊まるの?」という疑問が沸いてきませんか?その答えがこれです♪

 

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

これは相当上級者なのだと思いますが、しかし、気持ちよさそうですよね!天気がよければですが…(^^;)

 

こんなの素人には不可能ですが、しかし、実はトレイルも用意されています。1日がかりではありますが、この巨大な岩の頂上には誰でもたどり着けますので、訪れる際はぜひ選択肢に入れてみてください。

 

また、Googleのストリートビュー初の「垂直ストリートビュー」も撮影されました。その際、動画も撮影されたのですが、これが大迫力なので、ぜひご覧下さい。こんな体験してみたいですね♪

 

 

 

■ヨセミテ滝 (Yosemite Falls)

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

739mの落差は、世界第3位、北米1位を誇ります。実は三段からなる滝で、それぞれ「アッパーフォール:436m」「ローワーフォール:97m」 、そしてその間の「カスケードフォール:206m」といいます。ベストシーズンは4月~6月。雪解け水が多く、水量が豊富で迫力があります。例年は5月下旬がピークとなり、8月頃には水がなくなってしまいます。

 

ヨセミテロッジの北にあり、歩いて15分ほどです。なので、夜、満天の星空の下の滝を見ることもできます♪

 

全体を見るには「センティネル・ブリッジ」の駐車場からが良いです。また、グレーシャーポイントからも良く見えます。

 

 

■ブライダルベール滝 (Bridalveil Fall)

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

流れ落ちる水が風になびいて、花嫁のベールの様に見えることから、この名前が付けられました。落差は189m。下記のトンネルビューから正面に見え、基本的に年間を通じて美しい姿を見せてくれます。特に水量の多い5月下旬は、夕方頃に駐車場から見ると、虹を見ることができます。

 

 

■トンネル・ビュー (Tunnel View)

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

州道41号線を、マリポサ方面に上がった場所にあるビューポイントで、展望台からヨセミテ渓谷が一望できるので、ヨセミテで最も人気があるポイントになっています。南からの入口の1つである「ワウォナトンネル」横に駐車場があり、そこからすぐ東にあります。

 

夕方頃に行くと「ブライダルベール滝(写真右)」に夕日が当たり非常にキレイです。人工物が一切見えないようになっていて、道路すら見えません。ヨセミテの主役である「エル・キャピタン」や「ハーフドーム」も見ることができます♪

 

 

■スウィンギング・ブリッジ (Swinging Bridge)

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

マーセド川に懸かる橋で、この橋からみるヨセミテ滝は非常に美しく、大人気の撮影スポットになっています。橋のたもとにはピクニックエリアがあり、夏は水遊びが出来るため、子供達がたくさん遊んでいます。家族連れにおすすめのスポットですね。

 

アクセスはいくつかあります。

 

車の場合、州道120号線を進み、エル・キャピタンを通り過ぎ、ノースドライブへの分岐の先約2マイルほどで、駐車場に着きます。夏のピークシーズンは、かなり混雑します。

 

ヨセミテ内の無料シャトルバスも通っていて「フォーマイルトレイル(Four Mile Trail)」で下車して、ヨセミテブリッジ方面へ歩きます。

 

また、ヨセミテビレッジからトレイルを歩いて行くこともできます。ヨセミテに行く際は、このトレイルを歩けるくらいの日程を確保して行くのがオススメです♪ヨセミテ醍醐味はトレイルにあり!です。

 

ヨセミテ国立公園 アメリカの絶景

 

こちらのページは以上になります。
続いて、「ヨセミテ国立公園②」をご覧下さい。まだまだ絶景スポットが盛り沢山です♪絶対に泊まりたいロッジ情報も見逃さないでください♪

 

■ヨセミテ国立公園・基本情報

・自家用車:20ドル(1台。7日間有効)
・個人(車以外):10ドル
・ヨセミテ年間パス:40ドル

また、毎年無料の日が数日あるので、公式HPで確認してください。

 

ヨセミテは日程があればあるほど良い場所です。学生旅行や、セカンドライフを満喫している年配の方などにオススメです♪日本からもたくさんのツアーが出ていますので、ご予算や日程に合わせて比較してみてください。
■ルックJTB ■阪急交通社 ■近畿日本ツーリスト

 

行き方

■航空便例
・日本-フェニックス空港 (約13時間)

 

・フェニックスから車で4時間

 

※詳細な行き方は「ヨセミテ国立公園②」をご覧下さい。

ホテル検索

 

 ←ヨセミテ国立公園の設定です。

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

 

ヨセミテ国立公園(アメリカの絶景)詳細情報:旅の大辞典
アメリカの設定です。

備考

 

⇒ヨセミテ国立公園の関連商品

 

 

 

アメリカのガイドブック

 



スポンサーリンク



ヨセミテ国立公園(アメリカの絶景)詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆