プリンスエドワード島(カナダの絶景)

プリンス・エドワード島(カナダの絶景)の詳細情報:旅の大辞典

 

プリンス・エドワード島(カナダの絶景)の詳細情報:旅の大辞典

 

 

名称

プリンスエドワード島

(Prince Edward Island)

場所

プリンスエドワードアイランド州

時差

12時間

時期

5月~10月

 

1908年に「赤毛のアン」が出版されて以来、アンが恋した島を求めて多くの人が、物語の舞台となったこの島を訪れます。

 

「グリーン・ゲイブルズ・ハウス」「恋人の小径(こみち)」「お化けの森」「ケンジントン駅舎」「ケープ・トライオンの灯台」など、アンが訪れた場所がもりだくさん。

 

同じ場所に立てば、あのときのアンと同じ空気を味わい、アンの心情をリアルに感じられることでしょう♪

 

チャーチル① カナダの絶景

 

また、「アヴォンリー・ビレッジ」「グリーンゲイブルズ博物館」「ダルベイ・バイ・ザ・シー」「モンゴメリの生家やお墓」など、あちこちに、物語をより深く味わうためのスポットがあります。

 

さらに「キャベンディッシュ・ビーチ」や「フレンチ・リバー」など、プリンスエドワード島自体の絶景スポットも、訪れた人々を楽しませてくれます♪

 

そして、旅行者にとって外せない、嬉しい名物が「ムール貝」です。世界的なムール貝の産地として定評があるので、島に行ったら、ぜひ堪能したいですね!

 

この島は、先住民である「ミックマック族」の間では、「アベグウェイト」と呼ばれていました。それは「波間に浮かぶゆりかご」という意味。

 

さまざまな文化や歴史遺産など、たくさんのみどころがあり、地元の人々のあたたかいもてなしは、この島ならではの特徴です。

 

チャーチル① カナダの絶景

 

アンと、ルーシー・モード・モンゴメリの物語に魅了される牧歌的な島で、あなたも、心おだやかな時間を送ってみてはいかがでしょうか?家族旅行や女性の一人旅などにも、とてもおすすめです♪

 

 

各旅行会社の「プリンスエドワード島ツアー」への直リンク

 

■阪急交通社 ■近畿日本ツーリスト ■じゃらんNET ■エイビーロード

 

■JALパック  ■日本旅行        ■HIS       ■JTB

 

 

行き方

航空便例

⇒東京-トロント-シャーロット(約14時間)

 

日本からは「エアカナダ」を利用し、「バンクーバー」や「カルガリ」「トロント」経由で、プリンスエドワード島の玄関である「シャーロットタウン」空港に到着するのが一般的なルートです。
また、カナダの各都市からは、長距離バスやフェリーが出ています。

 

ノーサンバーランド・フェリー

ノバ・スコシア州のカリブーと、プリンス・エドワード島のウッドアイランドをつないでいます。5月~12月後半までの間は、約1時間半ごとに運航。およそ1時間15分の船旅です。船上では、この地方の伝統的な音楽を楽しむことができ、素敵な船旅として旅行客を喜ばせています。詳細は公式HPをご覧下さい。

 

コンフェデレーション・ブリッジ(有料)

全長13kmの雄大な橋で、ドライブには最適です。
ニュー・ブランズウィック州を出発し、短時間でボーデン・カールトンの町に到着します。詳細は公式HPをご覧下さい。

ホテル検索

 ←シャーロットタウンの設定です

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

かしこい旅、エクスペディア  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|

VELTRA 海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】
※国内外ともに現地ツアー手配の定番です。

外務省

プリンス・エドワード島(カナダの絶景)の詳細情報:旅の大辞典
カナダの設定です。

備考

⇒赤毛のアン関連書籍

 

⇒プリンスエドワード島関連書籍

 

⇒カナダ関連書籍

 

 

 

 

カナダのガイドブック

 

 



スポンサーリンク



プリンス・エドワード島(カナダの絶景)の詳細情報:旅の大辞典


☆ページの先頭へ戻る☆