「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

名称

ストラット(旧ストラトスフィア)

(Strat)

場所

アメリカ・ネバダ州

(State of Nevada)

時差

夏:-16時間

冬:-17時間

時期

春と秋

 

ラスベガスは世界最大のカジノの街で、特に1990年代から巨大なテーマホテルが乱立するようになり、街全体がテーマパークのようにになっています。当サイトでは5ページに渡って特集しておりますので、下記からごらんください。こちらのページは「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」になります。

 

それではご紹介していきます。

 

 

■目次

 

 

■ラスベガスのテーマホテル一覧

 

ラスベガスには多くのテーマホテルがありますが、ここは外せないという11ヶ所を厳選しました。こちらのページでは緑のアイコンについてご紹介します。アイコンをクリックすると名前と写真が表示されます。

 

有名なテーマホテルは全て「ストリップ(ブルーバード)」という大通りに面しています。長さは6.8kmもあるのでモノレールやバスの利用して周るのが一般的です。中心部は「ベラージオ」「シーザーズパレス」「フラミンゴ」「パリス」が面している交差点で「フォーコーナーズ」と呼ばれています。

 

 

■ストラット(旧ストラトスフィア)

 

 

1996年にオープンしたホテルで、2019年までは「ストラトスフィア・ホテル&カジノ・タワー」という名前でした。「ストラトスフィア」には「成層圏」という意味があります。

 

タワーは350mで、上部に「Sky Jump(スカイジャンプ)」「Big Shot(ビッグショット)」「X-Scream(エックススクリーム)」「Insanity(インサニティ)」という4つのアトラクションがあり、全米を代表する絶叫マシンとして有名です。

 

ストリップの中心地やダウンタウンからはかなり離れていて利便性は悪いです。絶叫マシンに乗る日に宿泊するか、宿泊せずにマシンに乗りに来るかのどちらかになると思います。

 

 

■Sky Jump

 

252mの高さから地上へ降下するアトラクションです。バンジージャンプとは少し違い「ワイヤーを伝って下に降りていく」というものなので「自由落下」ではありません。とはいえ最高時速は70kmに達するのでドキドキです(^^;) トータル約15秒間の空中浮遊を楽しむことができます。

 

バンジージャンプよりもスリルが少ない分、多くの人が楽しめるアトラクションです。カメラがついているので途中の写真も撮ってもらえます。唯一の難点は「15分に1人」というローペースであること。なので場合によってはかなり待たないといけません。空いてる時間を狙っていってください。

・月~木:14~22時
・金~日:12~24時
・ジャンプ:129US$
・ジャンプ+写真:144.99US$
・ジャンプ+写真+ビデオ:164.99US$

 

 

■Big Shot

 

地上280m地点からの打ち上げ式アトラクションですΣ(゚∀゚ノ)ノ 落差は49mですが最高到達点は329mにも達します。16人乗りなのであまり待つことはありません。他の2つのアトラクションについてもいえることですが、夜の方が、ラスベガスの素晴らしい夜景を堪能できるのでオススメです。

 

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

料金や営業時間は「Big Shot」「X-Scream」「Insanity」の3つで共通の設定になっています。

■営業時間
・月~木:14~22時
・金~日:12~24時

 

■料金
・どれか1つ:29US$
・3つ全部:43.95US$
※展望デッキの入場料が含まれています

 

 

■X-Scream

 

高さ270mでの、空中に飛び出したシーソー式アトラクションです。これが4つの中で最も怖いと思います(^^;) 270mの空中で10秒以上止まった状態から突然ガクンッ!と下に落ちます。上の動画では00:40あたりで落ちるので、その少し前から見てみてください。外から見るとこんな状態ですΣ(゚∀゚ノ)ノ

 

ストラトスフィアタワー アメリカの絶景

 

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典 ストラトスフィアタワー アメリカの絶景

 

夜はこんな感じです。世界に名だたるラスベガスの夜景を眼下に一望しながらの絶叫体験は、日常のストレスや疲れが吹っ飛びますよ(^^)

 

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■Insanity

 

空中ブランコ型アトラクションで、見た目は最も怖そうですが、乗ってみると非常に安定感があるため怖さはほとんどありません。なので、眼下に広がる絶景を最も楽しめるアトラクションです。逆に、絶叫したい人にとっては少し物足りないかもしれません。

 

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典 「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■High Roller

 

以前運行していたアトラクションで、タワー上部の周縁部を巡るコースターです。とんでもない発想ですよね。それを実際に造ってしまうのがアメリカのスゴイところです(^^;)

 

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

以上になります。続きまして下記から他の見どころをご覧ください。

 

ラスベガスには日本語で予約出来る現地ツアーも多くあります。詳細はこちらからご覧ください。

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

また、Wi-Fiのレンタルも日本語で可能です。

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典

 

 

■備考

行き方

■航空便例
日本-ロサンゼルス空港(約10時間)

 

ロサンゼルス空港-ラスベガス空港(約1時間)

ホテル検索

 

 

 格安航空券、国内・海外格安ツアーや宿泊予約ができる日本最大級の旅行比較サイト      

 

※「トリバゴ」と「トラベルコちゃん」は数百のホテル検索サイトから最安値を検索できるサイトです。

航空券検索

 

  ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 JAL 日本航空 国際線航空券

 

※エクスペディアは24時間対応の日本語デスクがあり、海外で困ったときに便利です。「スカイスキャナー」は様々な便の比較に特化しています。マイルを貯めている方はJALやANAをご利用ください。

現地ツア
|




外務省

 

「ラスベガス④ストラット(旧ストラトスフィア)」徹底ガイド:旅の大辞典
アメリカの設定です。

備考

 

⇒ラスベガスのガイドブック

 

ラスベガス
Booking.com
 
スポンサーリンク

☆ページの先頭へ戻る☆